「ちゅらさん」の続き。テレパシーみたいなのってあるよね…。

昨日も書きましたが、どび~は「ちゅらさん」が大好きです。

それで思い出したことがひとつ。
「ちゅらさん」の中で、沖縄のおばあとおかあさんが東京からの電話とかが来る直前に「あ!電話が来るよ」って言って、すぐに電話がかかってくるってシーンが多くあったり、
何かがエリーの家族に起ころうとすると、ふたりの胸のあたりがワサワサしたりするんだけど~。

実は、どび~と亡くなった母にもそういうことが良くあったんだ。

高校時代にアメリカに行った時、どび~は母の腕時計をしていました。
そうしたら、帰国して驚いたことに、飛行機に乗る前までは何でもなかったのに、腕時計の文字盤のガラスが割れてた…。そのとき、どび~は母が何かから守ってくれたと思ってます。これは違うって気が90%以上なんだけどね…。割れてるのに気づいたときは、ちょこっとヒヤって感じだったのよ。

その後も、そんなに数多くかけない電話のことを母はわかってました。
あと、母が病気になった後は、母の入院の日とかが決まると、知らせられる前に、どび~がいつも電話をしていて、「どび~にはいつもわかっちゃうのねえ」って言われたものです。

祖母が亡くなった時も、どび~はフランスにいたんだけど、電話をしてた。
でも、そのとき、母や父はどび~にその事実を告げてはくれなかった。
どうせ、帰ってこられない状況だってわかってたからって…。

そして、母が亡くなった日は、どび~が母のお見舞いに行く日だった。
朝の5時ごろ目が覚めてしまって、準備を始めたとき、父から電話がかかってきた。

そんなこんなのテレパシーみたいなことって、本当にある気がする。
でもね、それも母の死と共に、なくなっちゃったんだ…。
だからかな?父が亡くなったときは、申し訳ない…、全然気がつかなかった…。とほほ。

だからね、どび~は母にそういうテレパシーみたいなのがあったのかなって気がしてる。
そんなものはないのかもしれないけど、母とどび~が双子みたいに繋がってた気がするんだ。
このドラマを見てたら、そんなことを思い出したの。
どび~に、またそんな運命的な人が現れたら、こんなことが起こるのかな???

by dobbymylove | 2007-01-03 19:34 | TV