舞台『ロミオとジュリエット』 @ 赤坂ACTシアター

b0034574_13241478.jpg

舞台『ロミオとジュリエット』を観た。

シェイクスピアの傑作戯曲『ロミオ&ジュリエット』。愛にすべてを捧げた若い二人の恋物語は、時代と国境を越え、これまでに数えきれないほど上演され続けてきました。そんな恋愛悲劇の最高傑作“真実の愛の物語”が、2012年春、幕を開けます。

ロミオ役を務めるのは、今最も注目の若手俳優であり、本作で初舞台・初主演を飾る佐藤健。ヒロインのジュリエット役には、若手実力派として輝かしい実績を積む石原さとみを迎えます。演出を手掛けるのは、シェイクスピアの本場であるイギリスの演劇界で近年、大きな注目を浴びている若手舞台演出家、ジョナサン・マンビィ。日本とイギリスの〈NEXT GENERATION〉をリードする3人が、東京・大阪で約6万人もの観客の心を揺さぶる『ロミオ&ジュリエット』に、新たな息吹を吹き込みます──!


ストーリーは誰もが知っている『ロミオとジュリエット』です。
但し、時代設定は現代風。

主役を演じるのは佐藤健くんと石原さとみさん。

佐藤健くんは若いロミオにぴったりでした。
ただ、石原さとみさん…。
どうなんでしょうか、あの演技…。
キンキンした声で、いつもと同じような話し方…。
ちょっとイラっとさせられます。

でも、なんとなく男の人は可愛いと思えるのだろうなあ…という魔性みたいなものは感じました。

なんとなく、彼女の話し方のせいで、ちょっとお遊戯のような感じがしてしまったのはどび~だけでしょうか?

劇中歌を多和田えみという歌手が歌っています。
この人の声が素晴らしい!
この人はもっと出てきて良い気がします。

by dobbymylove | 2012-05-20 13:38 | Theater