映画『ポエトリー アグネスの詩(うた)』

b0034574_1863431.jpg

映画『ポエトリー アグネスの詩(うた)』を観た。

監督:イ・チャンドン
出演:ユン・ジョンヒ、イ・デビッド、キム・ヒラ、パク・ミョンヒン
娘の代わりに中学生の孫息子を育てている初老の女性・ミジャ(ユン・ジョンヒ)。偶然見つけた詩作教室に通い始め、美しい言葉を探し求めていた彼女にある日、驚愕の話が舞い込む。同じ街に住むある少女の自殺に、孫息子が関わっていたのだ。やがて、少女の足跡をたどり始めたミジャ。彷徨の末、彼女が生み出す一篇の“詩”とは…。Cinemacafe


だいぶ前に観ていたんです。
今頃公開されていたんですねえ~。

この女優さん、お年を召しているんですが妙に色っぽい。

何となく亡くなった母を思い出します。
どこか抜けていて、放っておけないそんなタイプでした。

そんな女性に育てられた娘は、ある意味しっかりしすぎます。はい。
まあ、ある部分抜けまくってはいますが、しっかりと…。(苦笑)

映画を観て思ったことがもうひとつ。
韓国人って多分、日本人よりも詩とか好きなんです。
そういう文学っぽい感じとかが。
(まあ、今の日本人がそういう感覚がなくなりすぎている気もしますがね…。)
だからこそ、できた映画なんじゃないかと…思ったんですよ。
ええええ。

社会派持ってきつつの、アートみたいな…。

2012年2月11日より銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-03-04 18:13 | Movie