映画『人生はビギナーズ』

b0034574_2235272.jpg

映画『人生はビギナーズ』を観た。

監督:マイク・ミルズ
出演:ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ヴィシュニック
イラストレーターとして働くオリバー(ユアン・マクレガー)。彼は、想定外の行動をするアンと出会って恋に落ちたことで父親・ハル(クリストファー・プラマー)との思い出を回想していた。彼の母親が他界して半年が経ったある日、末期がんであることと、ゲイでしかも既に若い男の恋人までいると告白したハル。これまでの結婚生活で妻のジョージアを愛していたものの、これからはゲイとして残りの人生を謳歌したいと宣言する。そんな父親に戸惑いながらも、このことをきっかけにオリバーは父親といままで以上に親しくなり、家族愛について見つめ直していき…。Cinemacafe


なんとも…。これが実話を基にしているとは…。
父親に、母親の死後とは言え「ゲイだ」とカミングアウトされたら…。
見る前はそんな疑問で一杯だった。
それが…、見てみたらどうだろう?
それを受け入れている自分がいる。
最近、ゲイの友人が大量に増えているからだろうか?(日本人は少ないですけどね…。)
だからかなあ?
いや、それ以上に、母親を思って亡くなるまでは黙っていた愛情が見えるからなのか?
75歳で余命すくない父親を見ていたら、好きなことをしたら?という風に思えたのかもしれない。
いや、やっぱり…、友達のせいかも…。

偏見を持っていていなかったら、見て損はない。
だって、ある意味、幸せになれる映画だから。

2012年2月4日より新宿バルト9、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-02-22 22:09 | Movie