京都: 祇園祭 宵山

b0034574_1205216.jpg

週末を利用して京都に行ってきました。
今回の目玉は祇園祭です。

宵山
  祇園祭がテレビで放映されるのは殆どが山鉾巡行ですが、面白いのは宵山(よいやま)だと思います。 宵山とは山鉾巡行前日の夜のことを指します。各町には山や鉾が立ち並び、多くの夜店が出ます。各町は趣向を凝らして客を迎えます。屏風祭といって、その家に伝わる宝物を見せたり、お茶を点ててくれたり、音楽の演奏会が開かれたりします。鉾に登ることができたり、ちまきや(食べられません)お守りや、お札が買えたり、おみくじが引けたりもします。
各山鉾で授与されるお守りは、学問成就とかふつうのものもありますが、雷除け(鈴鹿山)とか、夜泣き封じ(八幡山)母乳の出を守る(郭巨山)迷子除け(木賊山)といったニッチなターゲットをねらったものもあって楽しいです。 各町の山や鉾を眺め、演奏される祇園囃子を聞きながら、そしてそこで売られる粽(ちまき)を買い、屏風祭が行われている家を覗きながらぶらぶら歩く、というのが正しい楽しみ方です。山や鉾の並ぶあたりは人と夜店ですごい混み様です。
宵山は16日ですが、宵々山、宵 々々山とかもあります。それぞれ15日、14日のことです。
このあたりになると人もまだ少ないのでゆっくりと歩きたい人は 宵々山あたりをねらっていった方がいいかもしれません。宵山では至る所で団扇が配られます。(暑いので本当に欲しくなります)欲しい人はちょっと河原町に寄ってから行きましょう。KyotoPerfectGuide 


b0034574_12174.jpg


今回は、東京からもヒロくん、アッコ、ナンシー、上尾くんなども参加しつつ、京都在住のコウイチくんなどなど総勢9名です。
コウイチくんのご案内でいろいろな山を眺めつつ、夕食までの間を楽しみました。

みんなで浴衣や着物を着ての参加です。
もちろん、どび~も綿の着物を着ています。

しかし…、夜になっても30度を超える京都です。

暑い…。
着物の下はもう汗でぐちゃぐちゃ。
熱中症寸前です。
お水を飲み飲み、どうにか過ごした2時間ぐらいでしょうか…。

でも、流石はコウイチくん。
流石、京都は五条育ち。
山鉾のひとつひとつを知っています。
あと、彼のおかげで、山鉾のひとつにも登らせていただきました。
と言っても、粽もひとつ買っておきましたけどね。
(粽を買うと登れるらしいです。)

意外と高くて、高所恐怖症のどび~はひやひやでした。

それに、いつも歩いている入口のひとつに山鉾が入ってるなんて。
びっくりです。
これからは、なんだか違った目で京都の町を見られそう。

by dobbymylove | 2011-07-18 12:10 | 京都