本『小暮荘物語』

b0034574_845349.jpg

本『まほろ駅前多田便利軒』の三浦しをん原作の『小暮荘物語』読了。

内容紹介
小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は四人。一階には、死ぬ前のセックスを果たすために恋を求める老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む女子大生・光子。二階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだすサラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。一見平穏に見える木暮荘の日常。しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が痛烈な哀しみとしてにじみ出す。それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる他人との繋がりだった……。 (amazon.comから)


前にも書いたけど、どび~は短編集というのがそんなに好きではない。
何だか物足りないのだ。

しかし、この『小暮荘物語』はかなりの満足度合いです。

短編集と言っても、小暮荘というアパートに住む人々やその周辺に住む人々の物語で、人々が何となくそれぞれ関わりあっている。
その感じが何ともユルク、暖かい。
実にそのユルサがたまらないのだ。
ある種の癒しだろうか?

正直、紹介文というか内容文にもあるけれど、登場人物たちは煩悩の塊なのだ。
それがまた何とも愛おしい。
えええ?そんなことありえないでしょう…と思いつつ、それは決して拒否感にはならない。
愛おしい。
三浦しをんという人の文章によるものなのかもしれない。

この作家さんの本『まほろ駅前多田便利軒』は映画化もされるらしい。
主役には、多田啓介=瑛太さん、行天春彦=松田龍平さんというキャスティング。
それだけ見たいと思う人は多いはず。なかなかぴったりだと思います。

そう思うと、この『小暮荘物語』も、是非とも映像化してほしい。
映画というよりはテレビシリーズという感じかもしれないけれど…。それも深夜?
悪くはない気がする。
但し、こんなアパートがあればの話だけど…。
だって、庭がそこそこ広い築ウン十年のアパートって…。
本当はかなりきつそうでしょ…。
でも、そこにファンタジーを感じさせる物件じゃないといけないわけで…。
う~ん。あるのか…。

by dobbymylove | 2011-01-08 08:56 | Book