映画『エクスペリメント』

b0034574_195531.jpg

映画『エクスペリメント』を観ていました。

2002年に日本でも話題になったドイツ映画『es[エス]』のハリウッド版です。
まあ、実際にはアメリカのスタンフォード大学で行われた実験を基に映画化されているのですから、こちらがオリジナルってことになるんでしょうか?
よくわかりませんが…。

人間の本質というか、単純な恐ろしさが良くわかります。
人間には理性があって、そこが他の動物とは違うとか言われますが、とんでもない。
ある状況下に置かれたら人間も動物ということです。

そんな知らなくても良いような実験が、このスタンフォード監獄実験というわけです。

どび~は思うわけです。
いくつかの条件を付けられた状況下では、人間の理性など何も働かないってことは、それを防ぐ方法もないってことじゃないか?と…。

まあ、そのいくつかの条件を付けられた状況下っていうのが、この実験だったり、戦争だったりするわけで、そうそうあるわけではないのですが…。(まあ、世界のどこかでは、今でも戦争は起こっているので、そうそうあるわけじゃないとも言いきれませんが…。)
そうなったときに、どうすべきなのか?とかって論議は無意味な気がするわけです。

だからこそ、どうにか戦争にならないようにとか、暴動が起こらないようにとか、革命が起こらないようにとかしないといけないってことなんでしょう。

あ、映画と直接ちょっと話がずれちゃいました。

今回のハリウッド版。
ハリウッド版でした。(笑)

だってねえ、どんどんと看守役の人たちの暴力が精神的っていうよりも肉体的に行われていくんです。
ドイツ版『es[エス]』はもっと精神的な虐待だた気が…。

もう、4日目、5日目あたりになると、ええええ、これが2週間=14日間も続くの???耐えられん!!!!って思いながら観ていたほどです。
でもって、そう思ってたら…。

ははは。

こう来ましたか!って思いました。
そこが何ともハリウッド調でした。

どこがどうハリウッド調かってことは、観てのお楽しみ…。

2010年12月4日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開

by dobbymylove | 2010-12-03 19:25 | Movie