京都: 三千院

b0034574_18554839.jpg

行ってから1週間も経っていました。とほほ。
香港とかから友達は来ていたので、何かと忙しい1週間だったんです…。
ということで、やっと大原・三千院を少しだけ。

三千院(さんぜんいん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。三千院門跡とも称する。山号は、魚山(ぎょざん)、本尊は薬師如来、開基は最澄である。京都市街の北東山中、かつては貴人や仏教修行者の隠棲の地として知られた大原の里にある。青蓮院、妙法院とともに、天台宗の三門跡寺院の1つに数えられている。

三千院は8世紀、最澄の時代に比叡山に建立された円融房に起源をもち、のちに比叡山東麓の坂本(現・大津市)に移され、たび重なる移転の後、1871年(明治4年)に現在地に移ったものである。「三千院」あるいは「三千院門跡」という寺名は1871年以降使われるようになったもので、それ以前は「梶井門跡」「梶井御所」「梶井宮」などと呼ばれ、「梨本門跡」「円徳院」などの別称もあり、「円融房」が正式の寺名だったようである。一方、往生極楽院(旧称・極楽院)は、平安時代末期の12世紀から大原の地にあった阿弥陀堂であり、1871年に三千院の本坊がこの地に移転してきてから、その境内に取り込まれたものである。

境内には往生極楽院のほか、宸殿、客殿などの建物がある。このうち、境内南側の庭園内にある往生極楽院は12世紀に建てられた阿弥陀堂で、内部には国宝の阿弥陀三尊像を安置している(三千院と往生極楽院は元来は別々の寺院であった)。

b0034574_1914847.jpg

京都~、大原三千院~、恋に疲れた女がひとり〜♪

なんて歌われちゃうような場所です。
昔々、このお寺にも来たことがあったと思うのですが、どうにも市内から遠いからついつい後回しになって、やっと来られました。
b0034574_1924194.jpg

で!
b0034574_194387.jpg

いやあ、もっと小さな寂れた感じのお寺かと思ってたんです。
根拠もなく…。
それが、とんでもなく大きなお寺でした。
b0034574_1952047.jpg

なんだか、ちょっとびっくりです。
もしかして、寂光院のイメージだったのかなあ…。
寂光院には行ってないから、行ったときに検証してみましょう…。

子供の時に訪ねた印象と違うってことは多いですからねえ。
でも、普通は「こんなに小さかったっけ?」っていう印象になるものなのに、今回は逆だから…。
たぶん、どび~の思い込みだったんでしょうねえ~。
きっとね…。
b0034574_19968.jpg

童地蔵って言ったかな…。
なんともおかしな小さなお地蔵さんが苔庭に座ってます。
ヘンテコな顔が好きなCharlotteが気に入りそうなお地蔵さんです。

by dobbymylove | 2010-10-31 19:13 | 京都