映画『ミレニアム2 火と戯れる女』+『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』

b0034574_2144462.jpg

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の続編ミレニアム2 火と戯れる女+『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』を観る。

2と3のストーリーは
富豪ヴァンゲル家の事件を解決してから一年。リスベットは依然姿を消したままだった。少女売春組織に迫った特集号の発行準備を進めていた担当ジャーナリストが殺害され、現場にはリスベットの指紋がついた銃が残されていた。指名手配されたリスベットの無実を確信するミカエルは、仲間を集め、彼なりの方法で真実に迫ろうとしていた。何の関係もないはずのいくつかの事件が、やがて予想もできない壮大な<陰謀>へとつながっていくとき、リスベットの過去が明かされる。そして真の“敵”と対決するため、舞台は法廷へと移っていく―。

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を観ていたので三部作を完成させるためには3まで観ないとね。

というか、『ミレニアム2 火と戯れる女』を観たら、『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』を観ないと消化不良を起こします。

そのぐらい、2は中途半端。To Be Continued感ばりばりです。

そして、全体的にどうだったかというと、やっぱり1が一番面白い。

今、アメリカではデビッド・フィンチャーが監督してリメイクを作ることが決定すると共に、原作本がベストセラー中。
カナダでも本屋さんには原作本が平積みされてました。
リメイクのミカエルは007のダニエル・クレイグに決定。
やっぱり、1が一番面白いのかな???

まあ、来年には完成するのかな?
デビッド・フィンチャーの「ミレニアム」楽しみです。

9月11日 シネマライズほかにて公開中。

by dobbymylove | 2010-09-18 21:56 | Movie