京都: 宇治平等院

b0034574_2130274.jpg

今日のメインのひとつです。
平等院鳳凰堂
10円玉の裏側です。
ときの権力者、関白藤原道長の思い描いた極楽浄土ということなのでしょうか…。
当時の仏師の技術の素晴らしさには驚かされます。
本当に、天才ってどの世にもどの国にもいるんですねえ…。
うらやましい~!

そんな仏師が作り上げた菩薩像たちが供えられている鳳凰堂も美術館である鳳翔館も内部の撮影はできません。
残念。
でもHPがあるから、そっちでチェックできるからいっか~。

と、とりとめもないことを書き出したのは、鳳凰堂に飾られている空中供養菩薩像のことが書きたかったから。
この菩薩様たちは元来はすべてが鳳凰堂の壁に飾られていて、極楽浄土の世界を表現していた。
それが今では、そのうちの何体かが鳳翔館で展示され、間近で見られるようになっている。

そこでどび~が思ったのは、他の菩薩様たち以上にこの空中供養菩薩像は、動きがあるからか、よりギリシャ神話を思わせるものがあったということ。
なんだか、極楽浄土というか神様の世界は日本もヨーロッパも繋がってるってことね。きっとね。
b0034574_21294551.jpg

b0034574_2131030.jpg

b0034574_21314767.jpg

最後に鐘楼を。
この鐘なんですが、本当はすごく繊細な飾りがなされているんです。
(それは鳳翔館で見られます。)
鳳凰はもちろん、龍も、天女も描かれています。

これだけで極楽浄土、極楽浄土!
パワーがみなぎってます!

素晴らしい!

by dobbymylove | 2010-01-16 11:10 | 京都