十二月大歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」

b0034574_12511285.jpg

さよなら歌舞伎座公演の十二月大歌舞伎昼の部、それも『大江戸りびんぐでっど』だけを見てきました。
どうしても午前中には歌舞伎座に到着できなかったどび~は、それでも宮藤官九郎作となれば見ないわけにも行かずに行ってきました。
昼の部は特に満員御礼!ということで他の日に変更することもならず、こんな中途半端な形に…。

クドカンと言えばクドカンの作品でした。ちょいと物足りなかったけど…。
それに、今では古典となっている歌舞伎ですが、元々は新作ばかり(江戸時代はね)。
ってことを考えると、役者さんたちは皆様、江戸時代のご先祖さんたちの気分を味わっていたのでしょうか?
たぶん、この芝居。もう一回とか、二回とか、練っていくと面白くなりそうです。
バカバカしいっていう点でね。時間が足りなかったのかな?
再演してもらって、もっともっとクドカンワールドにどっぷりと漬かった舞台を期待です。はい。

それにしても中村七之助はやっぱり美しい~!

by dobbymylove | 2009-12-10 12:51 | Theater