映画『フィッシュストーリー』

b0034574_16505984.jpg

映画『フィッシュストーリー』を見ました。

『アヒルと鴨のコインロッカー』と同じ伊坂幸太郎原作×中村義洋監督によるコラボです。

物語は70年代に発売された全く売れなかった曲が時空を越えて世界を救うっていうとんでもないもの。

この映画は70年代、99年、2009年、そして2012年っていう4つの時代が描かれてて、最初はどうなるのかとおもいきや、最後の10分でつながりがわかる仕組みのいなってる。

その時のすっきり感たるや、流石です。

面白かった。

舞台挨拶を見たんだけど、監督が「誰もが両親や、そのまた両親がいなければ存在しないわけで、この映画もちょっとした繋がりが世界を救ってる。家に帰って、ご両親に結婚することになった話や何かを聞いて、話をしてください」って言ってました。

そうだよねえ、別に親子のことを描いてるわけじゃないけど、どび~も両親やそのまた両親がいなければ、ここにはいないんだよねえ。何が何に繋がるかわからないなあなんて考えちゃいました。

そこで、今日の一言。

一期一会を大切に!

by dobbymylove | 2009-03-26 16:49 | Movie