映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

b0034574_22231343.jpg

急に久しぶりにブログを書く気になったのは、この映画を観たから。
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』です。

監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、ジェームス・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル
最愛の父を失った悲しみから逃れられない少年オスカーは、 父が遺した一本の鍵にメッセージが込められていると信じ、ニューヨーク中の鍵穴を探す旅に出る──
大切な人を失った悲しみ──誰にでもいつか必ず訪れるそのことに、人はあまりにも無防備だ。覚悟した別れでも受け入れがたいのに、ましてそれが突然で理不尽な別離だとしたら──。
オスカーと父は、親子であると同時に親友だった。父は少しばかり繊細で生きることに不器用なオスカーを、その個性を壊さずに導いてくれる頼もしい師でもあった。そんな二人を優しく見守る母。ところが──9.11が最愛の父を奪ってしまう。オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。鍵の入っていた封筒に書かれた文字に従い、ニューヨーク中の“ブラック氏”を訪ね歩くオスカー。やがて謎の老人が同行者となり、いつしかオスカーの辿った軌跡は、人と人をつなぐ大きく温かい輪になっていく。ついにオスカーは、鍵の真実とめぐり会うのだが──。公式HP


途中からとにかく号泣!
久しぶりに映画でこんなに入りこみました。
そのぐらい号泣!
とてつもなく号泣…。

実際には「9.11」からは時間が経ち、昨年は「3.11」という悲劇が日本にも襲って…、そういうことがあったからこそ余計そう思ってしまったのかもしれないけれど…。

9歳の少年・オスカーの抱える悲しみ、苦しみ、そしてそれを見守る母親の悲しみ、気持を考えると、今でも泣けてくる。
自分の悩みやストレスなんて如何に小さいものか痛感。

アメリカに、そして今では日本にも、オスカーと同じ思いをして悩み、悲しみ、苦しんでいる子供たちが実はたくさん、たくさんいるに違いないのだと思うと…、なんて自分が小さいのかを思い知らされたのだ。

みんな頑張ってるんだ。負けちゃダメ。逃げ出しちゃダメなんだね。
どび~もどうにか頑張ります。

2012年2月18日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-02-22 22:33 | Movie

映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

b0034574_22121434.jpg

映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を公開前に試写で観ました。

監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ピナ・バウシュ、ヴッパタール舞踏団ダンサーたち
2009年、68歳でこの世を去ったドイツの天才舞踊家、ピナ・バウシュ。彼女と親交の深かった稀代の映像作家ヴィム・ヴェンダース監督のもと、ピナ・バウシュの生きた軌跡と、彼女の人生そのものともいえるヴッパタール舞踏団の不朽の名作を、最新の3Dカメラを使い撮影したダンスドキュメンタリー。Cinemacafe


舞台鑑賞も好きなどび~は、舞台をスクリーンで観るのが苦手です。
なので、どうかな?という思いもあったのですが、この映画にこそ3D映画の良さが存分に現れています。

監督自身も、3Dの技術が熟すのを待っていて、その途中でピナ・バウシュが亡くなってしまったのだとか…。
わかる。待っていた気持ちが。

この映画を見ると、勿論ドキュメンタリーではあるんだけど、舞踏の部分はライブそのもの。
存分に楽しめます。

いや、舞踏のライブって、クラシックバレエと違って物語がなかったりするので、眠くなるんです。
(シルヴィー・ギエムの「ボレロ」は別格だけど…。)
その部分をドキュメンタリーとして補ってくれてるから尚更面白い。

これは3Dで見なくちゃダメ。
実際、劇場公開は3Dオンリーという指示も監督からあったらしい。

わかる。わかる。

良いものを見せてもらいました。
見て損なし!

2012年2月25日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9ほか全国にて順次公開

by dobbymylove | 2012-02-22 22:17 | Movie

映画『人生はビギナーズ』

b0034574_2235272.jpg

映画『人生はビギナーズ』を観た。

監督:マイク・ミルズ
出演:ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ヴィシュニック
イラストレーターとして働くオリバー(ユアン・マクレガー)。彼は、想定外の行動をするアンと出会って恋に落ちたことで父親・ハル(クリストファー・プラマー)との思い出を回想していた。彼の母親が他界して半年が経ったある日、末期がんであることと、ゲイでしかも既に若い男の恋人までいると告白したハル。これまでの結婚生活で妻のジョージアを愛していたものの、これからはゲイとして残りの人生を謳歌したいと宣言する。そんな父親に戸惑いながらも、このことをきっかけにオリバーは父親といままで以上に親しくなり、家族愛について見つめ直していき…。Cinemacafe


なんとも…。これが実話を基にしているとは…。
父親に、母親の死後とは言え「ゲイだ」とカミングアウトされたら…。
見る前はそんな疑問で一杯だった。
それが…、見てみたらどうだろう?
それを受け入れている自分がいる。
最近、ゲイの友人が大量に増えているからだろうか?(日本人は少ないですけどね…。)
だからかなあ?
いや、それ以上に、母親を思って亡くなるまでは黙っていた愛情が見えるからなのか?
75歳で余命すくない父親を見ていたら、好きなことをしたら?という風に思えたのかもしれない。
いや、やっぱり…、友達のせいかも…。

偏見を持っていていなかったら、見て損はない。
だって、ある意味、幸せになれる映画だから。

2012年2月4日より新宿バルト9、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-02-22 22:09 | Movie

映画『レイトオータム』

b0034574_220146.jpg

映画『レイトオータム』を観ました。

監督:キム・テヨン
出演:ヒョンビン、タン・ウェイ
DVの夫を誤って死なせてしまったアンナは収監されてから7年が経つ。母親の訃報を受けた彼女に3日間の外出が許可され、葬儀に向かうシアトル行きのバスに乗る。そこで、誰かに追われているのか、韓国人男性のフンが慌てて乗り込んできた。持ち合わせのない彼はアンナにバス代を借りる。寂しい女性たちに「エスコート・サービス」をしているフンはアンナに金を返すまで持っていてほしいと自分の腕時計を強引に差し出す。長い刑務所生活で会話も億劫なアンナはフンを相手にもせず別れるが、2人は偶然街角で再会する――。Cinemacafe


申し訳ないのですが、まったくもってなぜシアトルなのか理解ができない。
タン・ウェイである必要が一体どこにあったのでしょうか?

韓国を舞台にしてヒョンビンと誰か韓国の女優さんで作った方がしっくりと来たはず。

上手くもない英語で話すふたりを見ていると、違和感がありすぎました。う~ん。

2012年2月4日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-02-22 22:02 | Movie

舞台『中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎』

b0034574_21443134.jpg

どうもブログを書くのを忘れがちになっている。
気分が落ちてるからなあ~。良いことないし…。
正直言うと何もかも投げ出したくなってるし…。

そんな中、舞台『中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎』を観てきました。
夜の部です。

一、御存 鈴ヶ森(すずがもり)
二、六代目中村勘九郎襲名披露 口上(こうじょう)
三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
四、ぢいさんばあさん

メインはなんと言っても今回は口上でした。

勘九郎さんを囲む面々の幹部たちの凄いこと。
どび~の贔屓の吉衛門さんも見守っていました。
それから、三津五郎さんでしょ、仁左衛門さんでしょ、勿論、彌十郎さん、橋之助さんもいました。
それぞれが、面白おかしくエピソードを語って、盛り上げてくれます。
それが本当に愛情あふれてます。

勘九郎さんは幸せですね。

本当に素晴らしかったです。

お芝居は「ぢいさんばあさん」という何とも地味なもので…。
ま、やっぱりメインは口上だったってことですね。

by dobbymylove | 2012-02-22 21:53 | Theater