2011年10作品

何てことでしょうか、先ほどの15本から10本をセレクトしてみました。
邦画6本、洋画4本という結果になりました。
でも、どうしても順位は付けられないなあ~。
そんな中で、洋画のベスト1と邦画のベスト1を挙げるとしたら…。
洋画は「インセプション」
邦画は「今度は愛妻家」かな。

でも、次点は
洋画は「瞳の奥の秘密」
邦画は「パレード」かも。

*************
2010年の10作品

今度は愛妻家 (泣ける)

ゴールデンスランバー (面白い)

パレード (面白い)

第9地区 (面白い)

プレシャス (泣ける)

告白 (面白い)

インセプション (面白い)

ちょんまげぷりん (泣ける、面白い)

瞳の奥の秘密 (面白い)

エリックを探して (泣ける)

by dobbymylove | 2010-12-29 23:02 | Movie

今年公開された中で観そこなってる映画たち

来年にはWOWOWか、DVDか、飛行機かで観たいなあ~。

1.(500)日のサマー
2.Dr.パルナサスの鏡
3.人間失格
4.渇き
5.シャーロック・ホームズ
6.フィリップ、きみを愛してる!
7.NINE
8.息もできない
9.シェルター
10.月に囚われた男
11.オーケストラ!
12.川の底からこんにちは
13.パリより愛をこめて
14.座頭市 THE LAST
15.クレイジー・ハート
16.さんかく
17.アデル/ファラオと復活の秘薬
18.ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
19.シュアリー・サムデイ
20.ルンバ!
21.ヤギと男と男と壁と
22.悪人
23.食べて、祈って、恋をして
24.ミックマック
25.君に届け
26.怪盗グルーの月泥棒 3D
27.マチェーテ
28.武士の家計簿
29.トロン:レガシー
30.バーレスク
31.モンガに散る
32.シチリア!シチリア!
33.デザート・フラワー

by dobbymylove | 2010-12-29 22:52 | Movie

2010年劇場公開されてて、観た映画たち

恒例になってまいりました。
劇場公開された中では88本でした。(前に観ているのもあります。)
お気に入りたちに色を付けてみます。何本あるかな…。

1.ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
2.今度は愛妻家
3.サヨナライツカ
4.アルビン号の深海探検 3D
5.ラブリーボーン
6.ボーイズ・オン・ザ・ラン
7.ゴールデンスランバー
8.50歳の恋愛白書
9.インビクタス/負けざる者たち
10.サベイランス
11.抱擁のかけら
12.食堂かたつむり
13.霜花店(サンファジョム) 運命、その愛
14.バレンタインデー
15.金瓶梅
16.恋するベーカリー
17.パレード
18.ルドandクルシ
19.パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
20.ニューヨーク、アイラブユー
21.モリエール 恋こそ喜劇
22.マイレージ、マイライフ
23.カケラ
24.シャッター アイランド
25.ダーリンは外国人
26.第9地区
27.スナイパー
28.アリス・イン・ワンダーランド
29.のだめカンタービレ 最終楽章 後編
30.プレシャス
31.パーマネント野ばら
32.ローラーガールズ・ダイアリー
33.トロッコ
34.マイ・ブラザー
35.セックス・アンド・ザ・シティ2
36.告白
37.孤高のメス
38.ブライト・スター~いちばん美しい恋の詩(うた)~
39.殺人犯
40.狙った恋の落とし方。
41.FLOWERS フラワーズ
42.パリ20区、僕たちのクラス
43.ソフトボーイ
44.アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち
45.SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~
46.踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
47.シスタースマイル ドミニクの歌
48.トイ・ストーリー3
49.ぼくのエリ 200歳の少女
50.エアベンダー
51.借りぐらしのアリエッティ
52.ハロルドとモード/少年は虹を渡る
53.インセプション
54.ちょんまげぷりん
55.ソルト
56.ベスト・キッド
57.瞳の奥の秘密
58.ハナミズキ
59.シークレット
60.小さな村の小さなダンサー
61.オカンの嫁入り
62.ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
63.ミレニアム2 火と戯れる女
64.ANPO
65.大奥
66.スープ・オペラ
67.シングルマン
68.ナイト&デイ
69.プチ・ニコラ
70.冬の小鳥
71.約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語
72.国家代表!?
73.SP 野望篇
74.神の子どもたちはみな踊る
75.マザーウォーター
76.義兄弟 SECRET REUNION
77.ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
78.ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
79.行きずりの街
80.クリスマス・ストーリー
81.Ricky リッキー
82.白いリボン
83.ノルウェイの森
84.キック・アス
85.相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜
86.エリックを探して
87.エクスペリメント
88.ようこそ、アムステルダム国立美術館へ

by dobbymylove | 2010-12-29 22:34 | Movie

映画『相棒-劇場版II-』

b0034574_23535684.jpg

映画『相棒-劇場版II-』を観る。

いやあ、一昨日のTV「相棒」を観たら、すぐに観に行かないわけにはいかないでしょう!
何しろ、最後に「この後、事件が起こった!」みたいな感じで終わってるんだから!

で、早速観てきました。

映画としては大絶賛ではないのですがあああ、TV「相棒」ファンとしては衝撃の作品でした。

衝撃でしょう。衝撃…。

だって、どび~の好きなキャラのあの人が…。

ぼ~。

「ハリポタ」とイイさあ…。

本当にさあ、やっぱり長く続くとこういうこともあるよねえ~。

でもきっと来週のTVシリーズに続くんでしょうねえ…。

ってことは、この1週間の内に観ないとだめじゃん!

っていうか、もしかして、あの俳優さんは病気なのかなあ…。
ちょっと心配です。

12月23日(木)全国ロードショー

by dobbymylove | 2010-12-25 00:05 | Movie

映画『ノルウェイの森』

b0034574_18582265.jpg

映画『ノルウェイの森』を観る。

どび~はかなり村上春樹の小説は好きな方です。
なのに、唯一ではないけれど読んでいない小説がある。
それがこの『ノルウェイの森』

村上春樹村上龍
W村上として良く比べられていた。
どび~は断然、村上春樹派であって、村上龍の作品は全く読んでいない。
読まず嫌いというのはいけないのだが、どうにも、漂ってくる薄っぺらさと、やたらとセックスを通じての何かがもれ聞こえてきて、全く興味をそそられなかったのだ。
何かって言うのが、何ですが…。
愛や恋みたいのではなく、もろセックス!みたいな感じでしょうかね…。
そんな中、この『ノルウェイの森』もどこか同じ臭いがして、どうにもこうにも読む気がさらっさらしなかった。

なので、まるっきりといってよいほど素の状態で映画を観たわけです。

何と言っても売りは、
トラン・アンユン監督+リー・ビンビン撮影=美しい映像。
ワンカット、ワンカット、それはそれは美しい。

そして、これまたトラン・アンユンの趣味なのか、主人公たちの細いこと、細いこと…。
水原希子さんという女優さんは、日本人とアメリカ人のハーフらしいけれど、どこかベトナム的な香がするのは監督のせいなのでしょうか?

というか、美術が1967年の東京の設定なのだが、どうにも小道具などがベトナムっぽいのは気のせい?
ま、それはそれでお洒落なんですが…。

松山ケンイチという俳優さんは、何とも言えずこの1967年というか昔が似合います。
なのにダサくない感じ。
ある意味、この主人公ってダメダメじゃないですか?
その感じがとても出ていて、良かった。

そして、もうひとりの女優、所謂ハリウッド女優の菊地凛子さん。
彼女じゃない方がきっともっと良かった。
29歳…。ふけてる。っていうか、細いんだけど、違うなあ…。
毒ありすぎでしょう…。持ってるものが…。
不思議ちゃんらしいですが、不思議ちゃんでも毒ありすぎです。
とても精神病まないでしょう~みたいな…。

最後に、映画のことっていうか、ストーリーのこと。
この作品の中で真剣に向き合っていたのって、直子と自殺してしまったキズキだけなのか?
いや、それとしても直子を残して高校時代にキズキは自殺している時点で疑問かもしれない。

誰も彼もがふ~らふ~らふ~らふ~ら。

どうにも誰かを傍に置きつつ、もうひとりを追い求めているじゃないですか?
誰かを傍に置きつつ!ってのが嫌ですねえ。


そして、根本に流れるのはセックス。
直子にしても、緑にしても主人公ワタナベと話すときはセックスの話ばかり…。
67年代の女子大生は、学生運動も盛んで、自由を声に出して叫びたかったから、敢えて声に出して話していたのか?
なんだか、精神病んでる直子ですら、そんな感じがするしなあ…。
まあ全員じゃないのは、永沢さんの彼女のハツミさんからもわかるんですが…。

19歳、20歳の若者にとっては実際にそうなのかもしれないけれど…。
彼らにとって非常に重要なことで、非常に興味もあることなのだ。
でも、どこか頭でっかちな感じだなあ…。
そこに向かっていく情熱!っていうのならまだしも、それがない。
ノンポリが主人公だからか?
(ワタナベは学生運動真っ只中の大学で運動には加わってません。)

すべてがふ~らふ~らふ~らふ~ら。
どっちにもイイ顔しつつ、傍に置きつつって奴です。
合言葉は「もちろん!」
(これは映画を観るとわかります。)

でも、そんな感じは今のっていうかいつの時代も同じなのかもしれない。
今の10代、20代の恋愛事情もさほど変わらないんじゃないかな?

で、この映画は一体何を描きたかったんだろう?
どび~は何を書きたいんだ?
正直、途中からそんなことはどうでもイイやって感じにはなってました。

12月11日(土)全国ロードショー

by dobbymylove | 2010-12-22 19:43 | Movie

本『嘘をもうひとつだけ』

b0034574_23483040.jpg

加賀恭一郎シリーズ第6弾『嘘をもうひとつだけ』

短編集でした。

う~ん。

加賀恭一郎シリーズはやっぱり長編であるべきかも…というのが第一の感想。

前にも書いたが、どうしても犯人はすぐに、本当にすぐにわかる。

ポイントは何故、事件が起こったのか…。

それが短編だととうしてもすぐにわかってしまうから。

物足りないのだ。

短編を並べられても、その気持ちは変わらない。

by dobbymylove | 2010-12-21 23:51 | Book

映画『キックアス』

b0034574_1427761.jpg

映画『キック・アス』を観ていた。

これは普通のスーパーヒーローものではありません。
もっとぶっ飛んでます。
血がびゅんびゅん飛びまくりです。
やっぱり、ブラピはアホです。(あ、Produced by ぶらぴ なもので。)

今回の目玉は何といってもさえない親父=“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)&“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)のペア。
特に、ヒット・ガールの強さは並じゃない!

可愛い顔して、やるじゃん!なのである。
でも、そのやりっぷりは血がびゅんびゅん飛びまくりのぶっ飛びぶりなのは変わらない。

とても、小学生には見せられない…。
何しろ、あんなことしたら死にます…。
現実社会はゲームと違って、一度死んだら生き返れません。

も、もしかして、海老蔵ボコボコにしちゃったリオンくんだっけ?
彼もゲームの世界に生きてるタイプだったのかなあ~。

なわけないか…。

でも、そんなことを思わせるぐらいの血がびゅんびゅんです。

ということで、ひとつ。

2010年12月18日よりシネセゾン渋谷ほか全国順次公開

by dobbymylove | 2010-12-20 14:39 | Movie

祖母が縫った着物です。

b0034574_2301984.jpg

どうですか?
もともとは叔母の物でした。
祖母が40年から50年前に縫ったものです。
もしかしたら、50年以上前かも…。

モダンです。

一目惚れしてもらうことにしました。

たま~にしか着物を着ないどび~ですが、新年になったら着ていきたいな…。

どこに?

by dobbymylove | 2010-12-19 23:02 | Beauty

本『悪意』

b0034574_21315953.jpg

加賀恭一郎シリーズももはや6作目『悪意』読了。

こう何冊も続けて読んでいると、わかってくることがある。

今回の場合は、犯人が…。(笑)

東野圭吾さんも、このシリーズでは犯人が誰か?Who's done it?よりも、
どうして殺されたのか? Why done it?を重要視している気がする。

今回は、その解明を独白・回想・解明と登場人物たちそれぞれの言葉で描かれていく。
それは、『告白』と似ている。
でも、この小説の方が前だ。
まるで、その構造がトレンドのように思える。
かと言って、新しさは感じられない。

やはり、ここにも、そんな構造を使ってみたけれど、
東野圭吾さんがどうして殺されたのか? Why done it?を重要視している気がするのだ。

それだけに、動機は想像しないものだったと思う。
東野圭吾さんの狙い通りということなのかもしれない…。

by dobbymylove | 2010-12-17 21:39 | Book

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

b0034574_2112434.jpg

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観る。

これは『宇宙戦艦ヤマト』ではありません!

昔々の友達の旧姓・山下久子ちゃんが観たら、きっとそういうに違いありません。
(「お元気ですか?久子ちゃん。」)

だって、デスラーが…。

それに、木村拓哉は木村拓哉です。古代進ではありません。

どうしていつも同じなんだろう…。

それから、本当の森雪は黒木メイサ演じる森雪ではありません。

どび~は、蒼井優ちゃんがいいなあ…。
細くて、何となくなよって感じがするけど、実は芯が強いみたいな…。

佐渡先生はどうして女なんでしょうか?
違うでしょ…。


ふ~。

西田敏行さん=徳川機関長はOK!ばっちりです。良いキャスティング!

それから、池内博之さんが良かった!

それから、柳葉敏郎さんは「踊る」から抜けた感じ。良かったです。

とにもかくにも

これは『宇宙戦艦ヤマト』ではありません!

ひどすぎた…かも。

12月1日(水)全国ロードショー

by dobbymylove | 2010-12-17 21:25 | Movie