<   2010年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』を観る。

実は2日前ですが、観てきました。

ええええ?って感じです。
これで良いの?「踊る」って感じ。

う~ん。

何となく、湾岸署の人たちって駄目警察官なんだけど、青島刑事の情熱にみんなが共感を持って、体制派に戦いながら事件を解決するってのがキーだと思うのですが、この「THE MOVIE 3」は駄目っぷりだけじゃないですか?
それも笑えないぐらい…。

警察署の引っ越しで、名前もわからない引越し屋が引っ越し業務をしてる。
拳銃を保管している場所に誰もついてない。

ええええ?????
実際の警察署の引っ越しがこんなんだったらっていうか、ありえないです。
ちょっとありえない度合いが度を超えちゃったって感じかな…。

体制派との戦いっぷりもないし…。

良いの?これで…。

マンネリっぷりもいい加減にしてってとこですかね…。

残念でした。正直言って。

7月3日全国ロードショー

by dobbymylove | 2010-08-20 00:28 | Movie

京都: 五山送り火

b0034574_2344029.jpg

ぶれまくりの大文字です。007.gif

東もんのどび~は大文字、大文字と言っていましたが、京の人は「五山送り火」って言うんですね。

京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事。葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つとされる。

毎年8月16日に
「大文字」(左京区浄土寺・大文字山。20時00分点火)
「松ヶ崎妙法」(左京区松ヶ崎・西山及び東山。20時10分点火)
「舟形万灯籠」(北区西賀茂・船山。20時15分点火)
「左大文字」(北区大北山・左大文字山。20時15分点火)
「鳥居形松明」(右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山。20時20分点火)
以上の五山で炎が上がり、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされる。


実はひとつめの大文字まで時間が余っていたので、鴨川脇でずっと待っていました。
そんなことをしているのはもちろんどび~だけではなく、凄い人です。
みんな川辺に座って、最初の大文字に火がともるのを待っています。

歌を歌って待っている人たちもいました。

良いですね。
こういうのって…。
花火を見に行ったり、海に行ったりしなくなったどび~ですが、こういう行事は観ておきたいものです。

ということで、時代祭は外せそうにありません。10月22日です。
b0034574_2359412.jpg

これまたぶれぶれですが、舟形万灯籠です。
本当はねえ、他にも見たかったんですが、どび~のいた場所からはこのふたつだけがどうにか見られました。

良いんだも~ん。
充分に満足のどび~でした。

by dobbymylove | 2010-08-18 00:01 | 京都

京都: さるぅ屋Cafe&Bar

b0034574_2335157.jpg

夜8時まであと少し。
出町柳の駅の傍で軽く夕食を取ることにしました。
どうしようかな…って思ってたら見つけたのがこのさるぅ屋Cafe&Barです。

ここも前から気になっていたカフェのひとつでした。
何だか今回は偶然っていうか、前から気になっていたカフェばかりに行くことができました。

ここでもスムージーです(笑)。
メニューを見ていたら、ハンバーガーが名物らしいのですが、肉を食べないどび~には別に気になったものが…。
アボカド!
好きなんですよねえ~。
もうアボカドから頭から離れず、とうとうアボカドサンドを。

美味しかった~!

かなりの満足です。

でもね、スムージーで体が冷え切って、このあとジンジャーティを注文しちゃいました。
ほほほ。

b0034574_23355332.jpg

さるぅ屋Cafe&Bar
住所:京都市左京区田中下柳町14番地
TEL: 075-203-6552
営業時間:11:30~23:30
定休日 不定休

 

by dobbymylove | 2010-08-17 23:41 | 京都 Cafe & Dining

京都: 壬生寺

b0034574_2319328.jpg

嵯峨野・嵐山からバスで壬生寺までやってまいりました。
b0034574_23194778.jpg

園城寺(三井寺)の僧快賢が、991年(正暦2年)に自身の母のために建立したとされる。京都では珍しい律宗(総本山は奈良・唐招提寺)寺院である。
中世に融通念仏の円覚上人が中興。重要無形文化財の融通念仏による壬生の「大念仏狂言」は円覚上人が始めたものと伝えられる。
江戸時代後期の幕末には京都の治安維持を目的に活動した新選組(当初は壬生浪士組といった)の本拠が壬生村の八木家に置かれた。当寺境内は新選組の兵法調練場に使われ、武芸などの訓練が行こなわれたという。その縁で境内には局長近藤勇の銅像や、新選組隊士の墓である壬生塚がある(近藤勇の墓とされるものは、当所以外にも会津若松市、三鷹市などに存在する)。


新撰組ゆかりのお寺ってことで、町中にもあるし、いつでも行ける行けるって思いながら1年後になってました。
まあねえ、前にも書きましたが、もともとそんなに坂本龍馬とか新撰組には興味がないどび~なので…。
後回しになっちゃうんですよねえ…。
良いよ…って聞いたのもあって行ってみたのですが、旧本堂は1962年、放火で全焼し、現在の本堂は1970年(昭和45年)の再建でされたものとか…。
だからかなあ…。
ちょいと惚れ込まなかったなあ~。
それより、このあたりの近所には新撰組の屯所だった家が多くあって、公開されてたりされてなかったり…。
その外観の方が何となく趣がありました。
b0034574_23201185.jpg

千体仏塔(パゴダ様式の仏塔に1000体の石仏を円錐形に安置したもの)
ちょっと怖いぐらいの数です…。

by dobbymylove | 2010-08-17 23:29 | 京都

京都: 嵐山 eX Cafe

b0034574_2365959.jpg

若干、ぶれてますが抹茶かき氷です。

嵐山の駅まで無事に鼻緒は乗り切ってくれました。
本当はもっとすんなりとここまでくるはずが歩くこと2時間少々…。

あれ~?
そうです。
相変わらず迷わない道をなんとなく迷っていたどび~です。
とほほ~。

暑くて暑くて、どうにかなりそうでした。
そんなときはかき氷でしょう。

選んだカフェはeX cafeです。
本当は炭が入った黒いロールケーキ(くろまる)が名物らしいのですが、かき氷には勝てませんでした。

それにしても、豪邸を改装したものらしいのですが、町家風とは若干趣が違います。
なんだか東京にもありそうな…。
流行りものって感じです。
実際にすごい混んでました。
b0034574_237341.jpg

eX cafe 嵐山本店
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3
TEL: 075-882-6366
営業時間: 10:00~18:00(LO17:30)
定休日: 無休

by dobbymylove | 2010-08-17 23:17 | 京都 Cafe & Dining

京都: 竹林

嵯峨野の竹林です。
b0034574_2304614.jpg
b0034574_2311757.jpg
b0034574_2314048.jpg

幻想的です。
外国人も多くの人が訪れてました。
Bamboo!

by dobbymylove | 2010-08-17 23:03 | 京都

京都: 野宮神社

b0034574_22443321.jpg

恋する乙女の神社、野宮神社です。037.gif

伊勢神宮に奉仕する斎王が伊勢に向う前に潔斎をした「野宮」に由来する神社であると伝えられる。天皇が代替わりすると、未婚の皇女・女王の中から新たな斎王が卜定され、嵯峨野の清らかな場所を選んで作られた野宮に入って一年間潔斎した後に伊勢神宮へ向かった。その時の行列を「斎王群行」といい、現在では毎年10月の例祭において「斎宮行列」としてその様子を再現している。
野宮の場所は毎回異なっていたが、嵯峨天皇の代の仁子内親王のときから現在の野宮神社の鎮座地に野宮が作られるようになった。斎王の制度は南北朝時代の後醍醐天皇の代を最後に廃絶し、その後は天照大神を祀る神社として存続していたが、戦乱の中で衰退した。後に後奈良天皇、中御門天皇らの命により再興され、皇室からの厚い崇敬を受けた。
境内には苔を用いた美しい庭園として有名な「野宮じゅうたん苔」がある。
源氏物語「賢木」の巻にも現れ、謡曲「野宮」の題材ともなっている。

b0034574_22445437.jpg

縁結び、進学の神として人気が高く、境内の苔と周辺の竹林が美しいことでも広く知られる。芭蕉や蕪村の俳句にも詠まれ、「源氏物語」でも、光源氏が六条御息所を訪ねるくだりで野宮一帯の風景がたんねんに描かれている。じゅうたんを敷きつめたような苔の庭園の豊かさ、美しさは京都随一との呼び名が高い。
嵯峨野を代表するといわれる竹林は、昔から「野宮竹」の名で通る。樹皮に覆われた黒木の鳥居は日本最古の形式で、小柴垣とともに歴史の重みを感じさせる。


恋する乙女ねえ~。
高校とかの修学旅行の頃はなぜだかワクワクしたものです。
今では…。
願いはPOWER UP!ですよ。
POWER UP!

by dobbymylove | 2010-08-17 22:59 | 京都

京都: 嵯峨二尊院

b0034574_2222106.jpg

次は嵯峨二尊院です。

二尊院(にそんいん)は、京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の寺院。山号は小倉山。詳しくは、小倉山二尊教院華台寺という。二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像による。
総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は、紅葉の名所として知られる。また、奥には、百人一首ゆかりの、藤原定家の時雨亭跡とされる場所がある。
境内には公家の二条家、三条家、四条家、三条西家、鷹司家の墓地のほか、伊藤仁斎・伊藤東涯父子、角倉了以・角倉素庵父子の墓などがある。また境内奥には土御門天皇、後嵯峨天皇、亀山天皇の分骨を安置する三帝陵がある。


それだけでなく嵯峨家の菩提寺でもあるらしいです。
b0034574_2223232.jpg

というように、ひとつひとつのお墓をお参りしたら面白かった気がするのですが、どび~には若干の不安材料がありました。

いつものように下駄で歩いていたどび~なのですが、鼻緒が切れちゃったんです。
切れちゃったってういうか取れちゃったので、再生はできたのですが、またもや取れやすい状態にはあったので、今回は断念。

それでなくてもその後、若干、道に迷って歩きまわることに…。
まったくもって鼻緒が取れるなんて…。
ってこともあり、いくつかのお寺はまたの機会に回すことにしました。
はい。

by dobbymylove | 2010-08-17 22:42 | 京都

京都: 檀林寺

b0034574_2213049.jpg

祇王寺の隣にあるお寺です。
名前は檀林寺

ここは拝観料400円取られます。

でも、まあ、あくまでもどび~の個人的な感想なので、行く人の判断に任せますが…。

行かなくて良いです。
はっきり言って…。

宝仏殿というのか、骨董品がたくさんあることはあったんですが…。
センスの問題なのかな…。
ただただごちゃごちゃと…。
骨董品ですら、そうは思えなくなるディスプレイ…、

その上、お坊さんなのか、ただの管理人なのか…。
宝物殿に入ると、その人が仏さまの説明を始めました(何しろどび~が入っていくときに白いシャツを着ながら入ってきたんだけどね)。
そして、「どうぞお祈りを」みたいなことを言って、どび~がお心づけをせずにお祈りしたら、それっきり…。
あとはぶすっと無愛想に、どび~がそのほかの骨董を見て回るのを見ています。

実は、このブログを書く前に他の人のブログも覗いてみました。
そうしたら同じような感想が…。

いつもそうなのかあ…。

行く前に読んどくべきだったかもね…。

by dobbymylove | 2010-08-17 22:18 | 京都

京都: 祇王寺

b0034574_21562940.jpg

次は祇王寺です。
b0034574_21575320.jpg

元々は浄土宗の僧・良鎮が創建した往生院の跡を引き継いで今日に至る。また、平家物語には平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王と仏御前が出家のため入寺したとしても知られている。
その後往生院は衰退をたどり、明治時代の初期に一時廃寺となるが、嵯峨大覚寺の支配を受け真言宗に改宗し、1905年(明治38年)に富岡鉄斎らの尽力もあって復興を遂げた。
苔の庭でも知られる。

b0034574_21592184.jpg

今度は『平家物語』ゆかりです。
要は、平清盛の愛人だった白拍子の祇王が、情けをかけて別の白拍子を清盛に紹介したら、清盛がそっちに乗り換えちゃって、そのせいで祇王は出家しちゃった。その先のお寺がここってことらしいです。
悲恋っていうか…。
男の人って…。
って感じです。はい。
b0034574_2205080.jpg

b0034574_2213315.jpg

透かし飾り窓の向こうに猫…。
あんまりにも動かないので作りものかと思ってたら、耳がひくって…。
動いた…。

by dobbymylove | 2010-08-17 22:09 | 京都