映画『MW』

b0034574_12253444.jpg

これまた7月4日に公開される映画『MW』を見てました。

忘れちゃいそうだったので書いときます。

賛否両論です。

確かに…。

演出が下手かも…。
だからか?
玉木宏さんの演技が下手に見える…。

あの声の出し方はないだろう…的な…。

偉そうですみません。
そんなこと言える立場じゃないんだけど…。

でも、下手に見えた…。

あはは…。← 笑ってごまかしたりして…。

by dobbymylove | 2009-06-29 12:34 | Movie

映画『サンシャインクリーニング』

b0034574_12152927.jpg

7月11日から公開されるサンシャインクリーニングを見ていたっけ。

なので、感想を書いとかなきゃね…。

すっごくインディ映画です。
でも、それが心地良い。

基本的にみんな良い人。

なのに、どうしてか不幸を抱えちゃう。

まあ、悪い奴ほど美味しい所だけをうまくそれを持っててるからね。
良い人ほど、割を食っちゃうわけだね。

社会全般に言えること。

つらいっす、良い人って…。

でも、だからかな?

こういう映画を見るとほっとする。
つらいこと一杯あるかもしれないけど、幸せになれよ!みたいな…。

がんばれ、自分!

by dobbymylove | 2009-06-29 12:20 | Movie

本『カンランシャ』 By 伊藤たかみ

b0034574_1262975.jpg

芥川賞受賞作家の伊藤たかみの新作『カンランシャ』を読了。

まるで伊藤たかみという作家を知らなかったどび~です。
なので、本を読み終わって、色々とネットで見て、「あれ?この人、男なんだ」ってびっくりしました。

この『カンランシャ』という本は、ある意味とても女性的だったから…。

内容(「BOOK」データベースより)
夫婦でいるとか、恋人でいるとかって、本当はどういうことなんだろうな。不動産会社に勤める瀬尾隆一は、大学時代からの先輩・蛭間直樹の妻・いずみのことが気になっている。いずみから直樹が浮気をしているのではないか、と相談を受けたのがきっかけだった。自身の妻・信子とは2年前から別居中で、すでに愛情は枯れてしまっている。次第に距離を縮めてゆく二人だが、失うには大きいものが多く、なかなか踏み込めない。そんな関係が煮詰まってきたある日、直樹が病院に運ばれた―。


所謂、不倫物ということで、それぞれの立場から物語が進んでいくという形を取っている。
構造は昔にもあったものだけど、それはそれで面白かった。

ただ、全体として、物語としては、「だから?」ってところでしょうか…。

作家が男性だったとわかると尚更、これは男性から見た不倫に対するファンタジー?とすら思ってしまう…。

どび~は、不倫は良くないことだと思うよ!やっぱり…。
好きになることは止められないけど、誰かひとりは不幸になってるわけで、その恋愛は不幸の上に成り立つものだからね…。
不倫に走った妻帯者なり夫帯者は、新しい恋に走る前に、その前の結婚を精算してから新しい恋に走りましょう!その度胸がないなら、踏みとどまれ!

by dobbymylove | 2009-06-29 12:12 | Book

舞台『桜姫』@コクーン

b0034574_17235139.jpg

昨日、文化村コクーンで『桜姫』を見てきました。
基本的に何もない舞台。
不条理劇の実験的舞台というところでしょうか。
まるで映画『ドグヴィル』の世界です。
2005年に歌舞伎版が上演されていたそうですが、どび~は見損なってました。
それの再演を来月行ってきます。

さて、こちらの洋風版。
映画『十戒』の時代というとわかりやすいのか…。
そればかりでない世界ですが…。
音楽は中欧のジプシー風。
それが雰囲気を盛り上げます。

そして不条理劇。

そんな不条理劇に合わない古田新太さんのギャグ的アドリブ。
あと、妙に軽く見せる相変わらずの大竹しのぶさん。

そうなんです。

まるっきりどび~の中には面白さが入ってきませんでした。

残念。

by dobbymylove | 2009-06-27 17:23 | Theater

映画『天使と悪魔』

映画『天使と悪魔』を今週観ました。
観よう観ようと思って、今週になってました。
b0034574_1274176.jpg

さすがハリウッドの大作というスケールだったけど、原作を読んでいなくても犯人が誰かわかってしまう悲しさかな…。
脇役のキャスティングに問題ありってところでしょうか…。
でも、やっぱりこういうエンタテインメントは安心して観られます。

by dobbymylove | 2009-06-27 12:10 | Movie

本『夜来香(イエライシャン)海峡』

b0034574_11241326.jpg

船戸与一作の本夜来香(イエライシャン)海峡を読了。

ストーリー:
花嫁斡旋業・国際友好促進協会の蔵田雄介が中国旧満州の黒龍江省から仕入れ、山形の寒村に嫁がせた輸入花嫁・青鈴。日本の暴力団から中国の黒社会への資金二億円を持って遁走した。蔵田はやくざに脅され、花嫁を捜し北へ北へと向かう。怪死事件が相次ぎロシア・マフィアも蠢く闇の世界に引きずり込まれる蔵田。女は津軽海峡を渡り日本最北端の稚内へ逃げる-疲弊した地方に繰り広げられる、夢を追う花嫁と蒼然と死にゆく男たちの哀愁のバイオレンス。


400頁を越える小説で、面白い題材だと思うし、読ませる感じはあったのに、何だろう、この不満感。
終わりに近づけば近づくほど面白さが半減していったのは、緊張感のなさなのか?
何故だろう…。
最後に到ったときは、終わった…というぐらいで、それほど面白いという印象がなくなってしまった。
残念。

by dobbymylove | 2009-06-23 11:33 | Book

映画『築城せよ!』

b0034574_11272661.jpg

先週の土曜日に友達に誘われて『築城せよ!』を観てきました。

上方歌舞伎界のスター俳優・片岡愛之助が主演を務める異色コメディー。過疎化が進む現代の町・猿投に、400年前に自分の城を完成できぬまま無念の死を遂げた3人の戦国武将が蘇った。「築城せよ!」の号令の下、住民たちをも巻き込んだ巨大ダンボール城の建築が開始されるが、築城現場に工場建設を計画していた町長らが城の撤去に乗り出す。長編初監督となる古波津陽が、海外で高く評価された同名短編をセルフリメイク。

この映画は、作りが面白いです。なぜか製作に愛知工業大学が入ってる…。それも開学50周年記念として…。

なぜ?
それも、どうしてこの映画?

まあ、愛知が舞台ってこともあるんだろうし…。

結果として、大学生・地域住民と力をあわせて、ダンボールで本物の城を本当に作っちゃったってとこもあるのか?
設計とか、大学でやったんだろうし…。
これぞ町興し!

いや、本当に凄かったのはダンボールで作られたお城。圧巻です!

by dobbymylove | 2009-06-22 11:35 | Movie

久しぶりのDUG

b0034574_1842943.jpg

新宿にある喫茶店DUG。
ジャズが流れるお店です。
老舗も老舗の喫茶店。
どび~が始めてきたのは学生の頃かな?
その頃はちょっと大人びてたけど、今はどび~の方が充分に大人です。(笑)
夜にはバー仕様のために少々暗め。
でも、それも落ち着きます。

by dobbymylove | 2009-06-20 18:42 | Restaurant

映画『黄色い涙』

b0034574_20433569.jpg

今頃なのであるが、嵐主演の『黄色い涙』を見た。
どび~はかなりのパーセンテージで嵐が好きかもしれない。
しかし、この映画は惜しい!
嵐ひとりひとりのドラマは悪くない。でも、5人揃えてはいけない。バラエティのコントなのか、何だかわからなくなる。実際に、演出が悪いのか、演技がだめなのか…。思わず唸ってしまった…。う~む。
惜しいに一票!それもかなり甘めに…。054.gif

by dobbymylove | 2009-06-10 20:47 | Movie

映画『チョコレートファイター』

b0034574_11291150.jpg

比較的、映画に関しては節操がないどび~です。
今回、取り上げるのはタイ映画の『チョコレートファイター』です。

流石、タイ映画です。すごいアクションです。
本当にびっくり…って感じです。アクションだけを求めるなら文句ありません。
残念なのは主演のジージャーという子が可愛くない…。
写真によっては可愛いときもあるけど…。
全般に見ると可愛くない…。きれいでもない…。
う~ん。
一般人は良いけど(自分も含めて←自分に甘いどび~です)、主演女優さんはやっぱりきれいだったり、可愛い子であってほしいなあ~。

by dobbymylove | 2009-06-08 11:35 | Movie