映画「僕の彼女はサイボーグ」

b0034574_17103482.jpg

今日見てきた映画は「僕の彼女はサイボーグ」でした。

実を言うと、どび~はもともとクァク・ジェオンの映画(例えば「猟奇的な彼女」とか)が好きじゃない…(笑)

何ていうか、やたらと脱線するストーリー展開が好きじゃない。伏線になってる部分もあるけど、やりすぎっていうか、切れるでしょ~みたいな感じがしてたんだよね。

今回もどうかな~と思ってたんだけど、今回は思いの外っていうか、脱線がなくてスッキリしてた。この監督の映画は最後10分が決め手なんだね。
そこで刹那さ倍増!みたいな…。

あと、何よりも綾瀬はるかがとにかく可愛い!
お人形さんみたいです。
流石、サイボーグやるだけあります。003.gif

でもね、最近宣伝でTVに出てる綾瀬はるかさんの衣装はどうなのよ?って思ってます。
なんだか、だぼ~っとしたブラウスばっかりきて、野暮ったいよ~!
映画の中みたいなワンピースとか着てる方がずっと可愛いぞ~!!!

by dobbymylove | 2008-05-31 17:18 | Movie

シドニー・ポラック死去

昨日、シドニー・ポラックが亡くなってしまった。
そういえば、最近は監督作品じゃなくて出演作が多かった気が…。
今年はその3本が続けて公開されてる。
「フィクサー」「モンテーニュ通りのカフェ」そして「近距離恋愛」。
どび~はそのうちの2本を見てました。

どび~はこの監督が好きでした。
監督作品も、彼自身も…。
自身もって、個人的には存じませんが…。
風貌がとてもインテリで、品があったから…。
こんな73歳はそうそういません!
そういう意味でね、とても見ていて気持ちが良かった…。

監督作品では、何と言っても「ザ・ファーム 法律事務所」
テンポが良くて、最後までぐいぐいと引っ張ってくれた。
「エリン・ブロコヴィッチ」や「フィクサー」みたいな弁護士もの?裁判もの?みたいな系列の先駆け的な存在だった気がする。
どび~は特にこの映画のサントラが好きだったので、購入してしまったほどだった。
そして、ジャズのデイヴ・グルーシンという人のことも、この映画のことを知った。
良いんだ、曲が…。
たぶん、誰もが聞いたことがあると思うけど…。
何だか乗ってくるって感じ♪

それにしても残念だな。
また、彼の監督作品が見たかったな…。

by dobbymylove | 2008-05-28 13:00 | Movie

映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 on AF

b0034574_10453944.jpg

今回のフランス旅行の最後を締めくったのがこの映画チャーリー・ウィルソンズ・ウォーです。
これも今公開中。

実を言うと、やたらとフランス語・英語・日本語で繰り返される注意事項に妨げられて、最後を見逃してます…。とほほ…。007.gif

でもねえ、最後を見てないけど、何だかアメリカのプロパガンダ映画を見てるようだった…。
アフガニスタン侵攻をしていたソ連に戦いをひとりで挑んだ男。
アメリカにとっては英雄なんだろうけど、その後の状況を考えるとねえ…。
戦争は、戦争なんだよ…。
だからなあ~。
すっきりって感じがどうもしなかったなあ~。

by dobbymylove | 2008-05-24 10:57 | Movie

映画「最高の人生の見つけ方」 on AF

b0034574_10351324.jpg

ここのところ旅行に出ると、行き帰りの飛行機では熟睡することにしてる。
そんな行きの飛行機で見たのが「最高の人生の見つけ方」
丁度、日本でも公開中です。

ベタなのはわかってる内容だけど、ふたりの名優にやられます

う~ん。
でも、それだけなんだよねえ~。
だって、内容は予告編とかTVスポットから想像できちゃったからなあ~。
でも、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンにやられちゃうんだよねえ~。
うる!じ~ん!みたいにね…。

by dobbymylove | 2008-05-24 10:38 | Movie

映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 in Paris

b0034574_10221422.jpg

パリで丁度初日だったので映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を見てきました。

いろんな意見はあると思うけど、スピルバーグはやっぱり天才です。

最初から最後まで息をつく間のないほどのアクションの連続。
ハリウッド映画はこうあるべき!っていう姿を見せてくれます。
まあ落ちの部分でエ~みたいなところはあるものの、いいじゃないそれぐらいって感じ。

あと、ハリソンの彼女を起用なんて噂があったものの、それは嘘。
その代わりではないと思うけど、カレン・アレンを再登場させるあたりは、オールドファンにはたまりません。

元々どび~はインディ好きなのですが、おすすめです。
何にも考えずに楽しむのが一番!

by dobbymylove | 2008-05-24 10:22 | Movie

パリの地下鉄

パリに来た時、空港から市内に入るのにどうやって行くか。
タクシーがベスト。
次は?
地下鉄も可能。
バス?
場所によりけり。

どび~は今回、この地下鉄にやられました。パリの地下鉄は市内を網羅していて
便利に思えるけれど、路線によって駅と駅が一駅あるぐらい歩く羽目になる。そ
の上、エスカレーターが全てにあるわけじゃない。むしろない方が多い。そうな
ると同じ駅だと思っていたのに、5分、10分歩くことになる。
そんな時、重いスーツケースを持っていたらたまらない。
だから、パリ旅行の時は空港から市内へはタクシーに乗るのがベスト!

ただ、市内観光では地下鉄が頼みの綱だけどね。
市内でタクシーを停めるのは至難の技だから。
タクシーはいるけど、空車がいません。
だから、乗換えで駅の中を歩くことになっても諦めるしかないかな…。
ふううううう~。

by dobbymylove | 2008-05-24 10:16 | フランス

オルセー美術館

b0034574_1085777.jpg

今回、久しぶりにオルセー美術館に行ってきた。
ここって何故か二番手な感じがする。
だからかな、どび~も久しぶりです。
でも、建物が元々駅だったりして、どび~はルーブルよりも好きです。
美術館に来て思うのは、その時の心情によって、好きな美術品が変わったりすることがある。

ずっと昔、どび~は油絵を描いてました。その頃はミレーみたいに透明感のある絵を描くにはどうしたら出来るかばかりを考えて絵を見てた。
その後、ボストン美術館に行った時は、長い旅行で日本恋しさからかアジアのものに惹かれて、インドの細密画をずっと見てたものです。あと、ドガの踊り子を見て、一目惚れ。

その後は、ピカソの子供の頃のデッサンの凄さに天才と凡人の差を思い知り、前にも書いたけど、オランジェリー美術館でモネを見て感動し、上海美術館で中国家具に恋し、故宮博物館では白磁・青磁の美しさにうっとりしたりしました。

さてさて今回はと言うと、実を言えば特になし。
洋画で言うと、やっぱりピカソ、モネ、ドガがどび~のお気に入りかな…てな感じ。

あ、写真は美術館にいたシロクマくんです。

by dobbymylove | 2008-05-24 10:13 | フランス

パリのレストラン

今パリに来ています。

今回も滞在はとても短いけれど、充実してます。
メインはふたつあったけど、取り敢えずこなせました。

今回最も気に入ったレストランがここ。
La formi ailee
b0034574_1042133.jpg

場所はノートルダム寺院前に左岸にある小さな公園脇です。
ベジタリアンであるどび~はレストランを前もって調べておきます。
そうしないとサラダの連続ですからね。まあ、それでも美味しければ良いのですが、大概シーフードとかが入るので、極力ベジーなメニューのあるところを調べておきます。
ここもそんなところです。
もちろん魚も肉もあるみたいですが、ベジーもいくつかありました。
b0034574_105692.jpg

どび~のチョイスは豆腐ラザニア。
ちょっと塩気が強いのがたまにキズだけど、お店の雰囲気が素敵で、東京にもほしいぐらい。
b0034574_1054075.jpg

黄色のソファーを中心に、壁には本棚と絵画がインテリアとしておしゃれです。
中二階にも席があって、そこは窓から陽射しがさんさんと入って、気持ちがよさそうです。

料理はだいたい10ユーロ前後。
デザートも入れると3000円ぐらいになります。
パリのレストランはカジュアルでもこのぐらいと思ったら方が良いかも。

La fourmi ailee
住所 8, rue du Fouarre 75005 Paris
アクセス Maubert mutualite駅から徒歩3分
TEL 01-43-29-40-99
営業時間 12:00-0:00
休業日 12月31日、1月1日
対応言語 英語OK

by dobbymylove | 2008-05-24 09:58 | フランス

映画「ぐるりのこと」

映画「ぐるりのこと」を観てきました。

良い映画だった~。
泣きまくりです。007.gif007.gif

主役で独身貴族のリリー・フランキーさんが、「映画の中に出てくる夫婦は理想の夫婦。ふたりのように何げない風景の中で温かさを感じられる生活にあこがれを持った」って舞台挨拶で言ってたけど、まさにその通り!

どび~の理想の夫婦像は、「空気のような夫婦」「縁側の似合う夫婦」なの。
いつまでも恋人…とか要りません。
始めから、「家族な夫婦」が理想。

だから、この映画を見て、「結婚って良いかも」って思えたの。
それをリリー・フランキーさんは代弁してくれてて、非常に嬉しかったっす。
やっぱ、そういう映画なのよ!

お奨めな1本。

by dobbymylove | 2008-05-09 14:45 | Movie

VCD「テラビシアにかける橋」

b0034574_17402952.jpg

今日の2本目はテラビシアにかける橋

ある種のファンタジー。
見てすぐに気づいて驚いたのは、この映画はイギリス映画だった!
アメリカ映画だとばかり思ってた。びっくり!!!

あ、そんなことはどうでも良いか…。

主役の女の子が、キーラ・ナイトレーそっくり!
彼女、アナソフィア・ロブちゃんはコロラド生まれ。つまりアメリカ人。
でもって、「チャーリーとチョコレート工場」でガムをずっと噛んでる女の子でした。
これまたびっくり…。

あと、映画を見てて思ったことがひとつ。
「リトルミスサンシャイン」でもそうだったけど、新しい靴が買えないとか、食べるものは$4以下にしなさいとか、貧乏な家族が題材の映画が多い気がする…。
どび~が見てる映画がそうなのか?
実際にそういう映画が多いのか?
それても実際にそういう家庭が多くなってるのか?
ニュースでは県立の入学金が払えなくて入学式に出られない高校生の話が出てたしね…。
一方では、セレブとか、年収4000万とか言ってるTV番組があるってのに…。
何だか、考えちゃうね、そういうのって…。

そして、最後に。
この映画、惜しいです。何かがしっくり行ってなかった。
だから、泣けなかったんだなあ…。
これがぐぐっとまとまってたら、泣けたよ、きっと。

by dobbymylove | 2008-05-06 18:00 | Movie