ヴェネチア国際映画祭のラインナップが発表されました。

第64回ヴェネチア国際映画祭(64th Venice International Film Festival)のノミネート作品が26日に発表ました。オープニングは29日上映のジョー・ライト(Joe Wright)監督作品『Atonement』だそうです。

ヴェネチアって行ったことがないんですよねえ~。
一度は行ってみたい気もするけど…、小麦粉大国のイタリアはどび~にとっては厳しいかもしれないなあ~って最近では思い始めてます。
う~ん。でも、いつか秋あたりに行ってみたいかも…。

どび~が観たい映画を太字にしてみました♪

■最高賞の金獅子賞(Leone d’Oro)をかけて争う、コンペティション部門ノミネート22作品は以下の通り

『Atonemen』(英国、米国)/監督:ジョー・ライト
『The Darjeeling Limited』 (米国)/監督:ウェス・アンダーソン(Wes Anderson)
『Sleuth』(英国、米国)/監督:ケネス・ブラナー(Kenneth Branagh)
『Heya Fawda(Chaos)』(エジプト)/監督:ユーセフ・シャヒーン(Youssef Chahine)
『Redacted』(米国)/監督:ブライアン・デ・パルマ(Brian De Palma)
『The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford』 (米国)/監督:アンドリュー・ドミニク(Andrew Dominik)
『Nessuna Qualita agli Eroi』(イタリア、スイス、フランス)/監督:パオロ・フランキ(Paolo Franchi)
『Michael Clayton』(米国)/監督:トニー・ギルロイ(Tony Gilroy)
『夜警(仮題、Nightwatching)』(カナダ、フランス、ドイツ、ポーランド、オランダ、英国)/監督:ピーター・グリーナウェイ(Peter Greenaway)
『En la Ciudad de Sylvia』(スペイン)/監督:Jose Luis Guerin
『エラの谷(仮題、In the Valley of Elah)』(米国、モロッコ)/監督:ポール・ハギス(Paul Haggis)
『I'm Not There』(米国)/監督:トッド・ヘインズ(Tod Haynes)
『Taiyang Zhaochang Shenqi(The Sun Also Rises)』 (中国、香港)/監督:姜文(Jiang Wen)
『Bangbang Wo Aishen(Help Me Eros)』(台湾)/監督:李康生(Lee Kang Sheng)
『La Graine et le Mulet』(フランス)/監督:アブデラティフ・クシシュ(Abdellatif Kechiche)
『ラスト、コーション/色・戒(仮題、Se, Jie、Lust, Caution)』 (中国、米国)/監督:李安(Ang Lee)
『It's a Free World』(英国、イタリア、ドイツ)/監督:ケン・ローチ(Ken Loach)
『L'Ora di Punta(Rush Hour)』(イタリア)/監督:Vincenzo Marra
『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(Sukiyaki Western Django)』(日本)/監督:三池崇史(Miike Takashi)
『12』(ロシア)/監督:ニキータ・ミハルコフ(Nikita Mikhalkov)
『Il Dolce e l'Amaro』(イタリア)/監督:アンドレア・ポルポラティ(Andrea Porporati)
『Les Amours d'Astree et Celadon』 (フランス、イタリア、スペイン)/監督:エリック・ロメール(Eric Rohmer)

by dobbymylove | 2007-07-31 11:10 | Movie

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

b0034574_15403145.jpg

だいぶ前に観ていて書き忘れていた一品「アヒルと鴨のコインロッカー」。

これは良い!
どび~は基本的に邦画の単館系にあまり期待していないことが多い。
これもその一本。
でも、観始めた瞬間の夕焼けの色でグッと来てしまった。
何だか違うんだな~。
中村監督のセンスの良さがそこに既に出てたって感じ。

話はせつないね。最後まで観ないと本当の面白さは伝わらないと思うんだけど、観終わったときには非常にせつなくなる。
でも、満足。
そんな映画だったな。

正直言って、2007年邦画部門第一位ぐらいに好きな映画でした。はい。

by dobbymylove | 2007-07-30 15:44 | Movie

映画「魔笛」

b0034574_13295591.jpg
今、公開中の映画で何本か既に見ているものがあることに気づきました。
まずは「魔笛」です。

言わずもがなモーツァルト作曲のオペラの映画化。
それも舞台設定が第一次大戦中に変わって、スケール感UP!
舞台から映画にするならこのぐらいとしないとね~ってぐらい、豪華です、。
出ている人はオペラ歌手か舞台歌手の人ばっかりなので、知っている人は全然いなかったけど、流石の迫力でした。ザラストロ役のルネ・パーペがカッコ良かったなあ~。
あの声はいいね!声フェチにはたまりません…。

監督はあのイギリス人俳優のケネス・ブラナー。
この人、ハリポタではダメダメくんの教師だったけど、監督としては才能がすごいね…。
(って、対比になってないか…。)

ミュージカルは好きだけど、オペラは苦手だったんだけど…、楽しいかも♪

by dobbymylove | 2007-07-26 13:37 | Movie

「法界坊」 in NY

b0034574_6141742.jpg

今回のNYの最大のイベントは、この歌舞伎「法界坊」を観てくることでした。
行ってきましたリンカーンセンター。
前に、ここでMet Operaを観たなあ~なんて思い出しながら…。

色々とニュースも出てましたが(大好評的にね)、どび~は勘三郎さんが英語の台詞を言うのはToo Muchだと思いました。
たぶん、2~3の台詞を決めて言うのは良かったと思うんだけど、あまりにも多い。
正直言って、勘三郎さんの英語は流暢ではありません。これが聞きづらい…。正直言ってね。
浮かれすぎて、遊びすぎちゃったんじゃない?って感じです。
そのため、三幕目はシリアスにしっかりと演じて決めてくれましたが、そこだけは本領発揮!って感じで満足でした。

次にはヨーロッパに行くという話ですけど、そのときはフランス語であれ、ドイツ語であれ、英語であれ、少しにした方が良いと思うな~。
まあ、このブログが勘三郎さんに届くことはないので、良いんですけどね…。

ってことで、今回のNY旅行の日記はこれで終わり!
ふうう~、PC持ってってなかったから、一気に書き上げるのに結構疲れたぞ~。
でもねえ、最近、海外に出てても新しめのことを書くことがなかったので、楽しかったかも~。
次は9月にカナダです。でもなあ、台湾に行きたい~!今からスケジュールを見ると、11月か12月かな…。う~ん、先だなあ~。8月には…、やっぱり無理だろうなあ…。しゅん…。

by dobbymylove | 2007-07-25 06:26 | NY

「Mamma Mia!」 in NY

b0034574_62724.jpg

どび~は無類のABBA好きです。もう何度も書いたかわかりませんが、カラオケ同好会の【Q&Aの会】に属している程(笑)。え?だから、Queen & ABBAの会であります。
な~んて説明はともかく、やっと、やっとです、やっとMamma Miaを観てきました。
NYに前に行ったときも、トロントでも、ロンドンでも、もうどこでも見損なっておりました~。
しかし、日本版だけは観る気がしなかった~。
あの歌詞が日本語だなんて…。許せん!

さてさて、もうもう最高の一言でした!
劇場はほぼ観光客の坩堝(ほお~、これでルツボと読むらしい)でしたが、それだけにノリノリでした。
もちろん、どび~もです!
歌詞は丸暗記できてはいないけど、なんだか全部の曲が歌えそうな勢いでした。
Donna役の人もすごく上手かった!感動!
(それだけに、映画版でメリル・ストリープが演じるってことに不安を覚える…。)
最後にアンコールでWaterlooを歌ってくれたときには、感動!(何しろどび~の大好きな曲ですから…。)

これが日本に来たら、Q&Aの皆様!一緒に行ってね!その後は、カラオケに直行さ!
(あ、とて、NYのカラオケには結局行かなかったよ。とて抜きでは無理でした…。)

by dobbymylove | 2007-07-25 06:11 | NY

NYには美味しいものが一杯!

やっと映画篇が終わったので、今度はどび~が行ったNYのレストランをご紹介。
アパート滞在だったので、そんなに多くの店には行ってません。
それに、どび~はベジタリアンなので、そんなお店をセレクトしました。

b0034574_22564366.jpgまずはZen Palateです。

Address: 34 Union Square East, New York
Tel: 212 614 9291
 → 2008年9月現在、閉店してます。但し、NY市内に2店あります。

実はここには2回も行っちゃいました。そのぐらいのお気に入り。
近々LAにもできるらしいです。
次はLAかな…(笑)、なんて思ってるぐらい。


b0034574_22593746.jpg上の写真は【ベジタリアン用のラザニア】です。
なかなか、こういうのが難しいんですよね。何しろ、豆乳チーズが日本では作りにくいから…。

それから、左のは【茄子のガーリックソース炒め】って感じ。
これだと、すぐに作れそうですわん。

味は、実を言うと濃い目かも…。それに、まあ、アメリカンといえばそうかもしれませんね…。
でも、何ていうのか、それが欲しくなっちゃうんですよ…。うふ。

b0034574_2315749.jpg次はpure food and wineです。

Address: 54 Irving Place, between 17th and 18th Strees, New York
Tel: 212 477 1010

ここは、Zen Palateに比べると、ちょっとお洒落です。
誰かと一緒がお薦め!どび~はNY在住20年?のKiki姉さんとふたりで来ました。
写真の料理は【ベジタリアン用の春巻き】と【椎茸のなんちゃら】です。

どび~たちは、この他にメインを一品頼んでシェアしました。
量としてはこのぐらいにしておいた方が(2人分としてん)、アメリカでは充分って感じかな?




b0034574_23145689.jpg次はかなり昔からあるベジタリアンのレストランAngelica Kitchenです。

Address: 300 East 12th Street, between 1st and 2nd Avenues, New York
Tel: 212 228 2909

ここでは、どび~は予約を要れずに行ったため、大きなテーブルで相席になりました。
そしたらびっくり…。
ここは前の2店よりも、本物のベジタリアンが集まる所らしく、どび~が座っている人たちは別々に来ていたにも関わらず、常連さんたちでした…。
もちろん会話はベジタリアンについて…。
どび~の頼んだ【テンペのソテー・プレート】に、何故か(!)寿司飯みたいなのがついていたのね。それに気づいた相席のひとりが「それは何?」と聞いてくる始末。「寿司飯みたいよ~」と答えておきましたが、明らかに「なぜ白米が?」って感じでしたわ(笑)。まあ、本当は白米は食べない気がするからねえ~。
ちょっと、ここはToo Muchな臭いがしたかな?

b0034574_2374127.jpg次のお店はベジタリアン用ではないんですが、NY在住の友達Winnieちゃんの義理のお兄さんがやっているお店です。
ミートパッキングエリアにある5Ninthです。

Address: 5 Ninth Avenue, New York
Tel: 212 929 9460

これは【枝豆とソバのサラダ】。どび~のメインディッシュです。
日本人だったら、ちょっとソバとは合わせないビネガーたっぷりのサラダでした。
どび~なら、バルサミコ酢と胡麻油で和えたかな?って思ったりしたね…。

この料理の前に、サラダを2品シェアしました。Winnieちゃんと裕美さんはそれぞれ、お魚料理を注文してました。
どび~たちは中庭のテーブルで食べましたが、この時期は最高な気分が味わえます。
お薦めです。

b0034574_2314209.jpg最後もベジタリアンのレストランじゃないし、どび~もアイスティとなぜかフレンチフライを食したお店。
VillageにあったCAMAJEというお店です。

Address: 85 Macdougal Street, New York
Tel: 212 673 8184

実を言うと、ランチ時間とかがずれてしまって、ちょこっとだけお茶したいな…と思いつつ、Villageをさ迷っていて見つけたんです。
小さなお店だったんですが、雰囲気がとても落ち着くお洒落さだったもので、外観を写真に撮ってみました。どうでしょうか?

本当はもっと色んなとこにも行きたかったなあ~。
でも、次の旅を楽しみに!ってことで…。るん♪

by dobbymylove | 2007-07-24 23:26 | NY

映画「トランスフォーマー」 in NY

b0034574_12115139.jpg

とうとうNYでの映画も最後です。
夜7時過ぎからということもあり、かなり体調が悪くなりはじめておりました…。
とうとう、観終わった後には、ドラッグストアで風邪薬と喉飴を買っちゃいました。

そんな状態で観たのが「トランスフォーマー」です。
これも日本では8月公開ね。
すごいCGが話題になってますが、CGはすごいです。
でも、SciFiアクションだと思うと、ちょっと間違い?
かなりのコメディ入ってます。
むしろコメディの方が正しいんじゃないの?って思うほど…。
特撮ファンにはたまらないんでしょうねえ~。
でも、どび~は「ふ~ん」って感じでした。
はい。
ここでも最後になっちゃいましたが、日本でも見損なう確率は高かったかな????
でも、スクリーンで観る事をお薦めします。
やっぱり、迫力が違うと思います。

ふ~。一気にNYの映画篇を書き終えました。
あとミュージカルと歌舞伎もあるんですが、ちょっと休んで、次はレストラン篇を書こうと思います。(早く書かないと忘れちゃいそうなのよねえ~。)

by dobbymylove | 2007-07-23 12:22 | Movie

映画「オーシャンズ13」 in NY

b0034574_1158514.jpg

はい、そろそろ終盤の映画ブログです。あと2本。
そろそろどび~の身体もひんやり、喉が痛くなり始めておりました。
そんな状態で観たのが「オーシャンズ13」。
日本では8月に公開します。
相変わらずのジョージ・クルーニー様のカッコ良さに、どび~はメロメロです。
今回は、オーシャンズのひとりを陥れたら、全員でリベンジするっていうお話。
まあ、これがまたお金のかかってること~。
面白かったですよ~。
リベンジの仕方とかが、何とも言えずおしゃれでした。
敵役はアル・パチーノね。
それで、唯一の女キャラはエレン・バーキン。
エレン・バーキン様だけがちょっとゴージャス感が足りないかなあ?
何しろ、11はジュリア・ロバーツで、12はキャサリン・ゼタ=ジョーンズでしょ?
それなのにエレン・バーキン様…。
好きな役者さんですが、ちょっと足りないかな?
って、どび~は「オーシャンズ12」を見損なってることに気づきました。
(だからかあ、ヴァンサン・カッセルのキャラが今ひとつ理解できなかったのは…。)
それで、またもや見損なう予感がしたので、NYで観たってわけ。
これもね、一瞬、見損なうかと思ったのよ。
というのも、シネコンの常で、木曜日に行ったら「Hairspray」が始まって、「オーシャンズ13」が終わってたの。
あらら、これも?って思って金曜日に行ったら「オーシャンズ13」が復活してました。
もちろん、「Hairspray」は拡大されてたから、たぶん他の何かが終わっちゃってたんだねえ~。
で、これは逃してはいけないと思って、観る事にした次第。
それで、震えながらの試写でしたが、満足です。
大人~って感じ。
ジョージ・クルーニーは良いねえ~。本当に…。
惚れ直しちゃいました。うふ♪

by dobbymylove | 2007-07-23 12:09 | Movie

映画「Hairspray」 in NY

b0034574_10133369.jpg

次に観たのは「Hairspray」。
ジョン・ウォーターズ監督の名作のリメイク!かつ、今月ブロードウェイ版も来日してるみたい…。
一番の話題はジョン・トラヴォルタの女装なんだけど、それだけじゃないよ、この映画。
すっごい楽しい!
文句なしに楽しめます。
それから主役のニッキ・ブロンスキーが滅茶苦茶可愛いのだ。
コロコロしてて、エネルギーが爆発してる。可愛い!
良いねえ~。
古くは「ビバヒル」、今では「OC」とかのアメリカのセレブ高校生のドラマでモデルみたいな子たちの日常が主流になってるけど、どび~はこういう青春モノの方が好きだなあ~。
元気が出るもん。
普通って感じ…。本当は全然普通じゃないんだけどね♪
とにかくお薦めの一品。

さてさて、元気が出る映画なんだけど、どび~は実をいうとこのあたりから調子がおかしくなり始めました。
だって、外は30度近い暑さなのに、映画館の中は滅茶苦茶寒かったのだ。
一応、羽織るものを持っていってたんだけど、それだけじゃど~も足りなかったみたい…。
とうとう帰国前日頃から喉が痛くなり始めて、飛行機に乗る前に最後の買い物をする羽目に…。
(既に、セール中なのも拍車をかけてお洋服でスーツケースは満タンだったのに、それは既に飛行機の中だったのだ。)
空港で胸に「New York」って書いてある上着、何ていうんだっけ?ナイロン製の被るやつ…。
冬にジョギングとかするときに、スウェットの上からも着られる奴…。あれです。あれ。
今も、薬飲んでます。
喉もちっとばかし痛い…。
なんてこった~。
でも、映画はあと2本続きます。はい。

by dobbymylove | 2007-07-23 10:33 | Movie

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド」 in NY

b0034574_7482749.jpg
NYで3本目に観たのが「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド」です。
これって5月に日本でも公開してるじゃないですか、それなのにどうしても時間が合わなくて今まで観られない気がしておりました。
それで、どうしてもNYで観ておこうと思っていた次第。
それかな?今回は映画三昧にしちゃおうかな?って思い出したのは…。ほほほ。
観ておいて大正解でした。
やっぱりこういう映画はスクリーンで観ないとね…。
迫力が違います。
それにしても、どうしちゃったの?ゴア・ヴァービンスキー監督…。
やたらとシューレアルに、何人ものジャック・スパロウ登場させちゃったりして?
遊んじゃったのかな?
あと、今回はチョウ・ユンファに代表されるように中国色バリバリでした。
それがまたどび~には気に入ったり、おいおいって気にさせられたり…。
でも、とにかくまとまってますよ。
これだけシリーズが続くと、安心して観られますね。
あ、安心して観られちゃいけないのかな?本当は…。
もっとドキドキ感があった方が良いのかな?
だから、監督も遊んでみたのかな?
まあ、次にどうなるかの端境期なのかもね…。

by dobbymylove | 2007-07-23 07:53 | Movie