TV「宮廷女官チャングム」最終回

b0034574_14414329.jpg
とうとう終わってしまいました…。「宮廷女官チャングム」が終わってしまいました…。ぐすん。
長いような短いような…。まあ、どび~は7月の集中放送からだから、最初から見ていた人から比べるとあっと言う間だったんですけどね…。
昨日って、言うか今日の朝3時から見てしまいました…。眠い…。(自業自得)
ふあああああ。
どうしよう~。来週から楽しみが減ってしまったのだわ…。
悲しい…。
人によっては、詰め込みすぎの最終回と言う人もいましたが、わたしには満足の最終回でした。
だって、あれを3回とかに伸ばしたら、ちょいと間延びって感じがしそうだし…。
でもさ、続きは見たいなあ…。でもないか…。満足かな…。
ふううう。でも、チ・ジニの時代物は見たい!現代物は似合わないタイプだと思うから…。見たい。時代物。ないかなあ~。
イ・ヨンエの新作『親切なクムジャさん』もまもなく公開。楽しみ、楽しみ!

by dobbymylove | 2005-10-28 15:31 | TV

東京国際映画祭

b0034574_01586.jpg先週の土曜日に東京国際映画祭の映画を見るために六本木ヒルズに行ってきました。って、もう木曜日じゃん…。ありゃりゃ。
みなさん、東京国際映画祭をやってるって知ってました?ってぐらい、盛り上がってるのかなあ…。疑問…。
六本木ヒルズには香港映画ファンのオバサマたちがわんさといて、超盛り上がってました。何しろ香港映画の『長恨歌』が上映されてて、サミー・チャンとかが来てたからねえ…。
そんな中のひとりが、「ほら、有名人がいてサインを欲しがる人っているじゃない。でも、わたしは触りたい方なのよねえ…」って…。触りたいって…。はああ…。(一気に疲れるどび~であった。)

ま、とにかく見たのは『恋愛の目的(연애의 목적)』。

監督-ハン・ジェリム
出演-パク・ヘイル、カン・へジョン
(2005年 6月 10日 封切り)

オールドボーイ』で、気になる存在となったカン・へジョンの主演映画ってことで見てみました。
いやあ、彼女は、思いっきりよく脱いでくれます。アイドルを目指してないみたいだから良いのかもしれないけど…。いいのか?またもや疑問…。
話はねえ…。簡単に言うと、恋人ありの女好きな高校教師が実習生で来た28歳の女子大生(婚約者あり)にちょっかいを出しちゃって…って感じのロマコメ。
パク・ヘイルを見ていて橋下弁護士を思い出したのは、どび~だけでしょうか???
映画?そうねえ…。そうねえ…。まあ、良いのではないんでしょうか…。

b0034574_0145769.jpgあと、オープニング作品だったチャン・イーモウ監督の『単騎、千里を走る』。

監督-チャン・イーモウ
出演-高倉健

健さんです。この映画はチャン・イーモウ自身も言っているけれども、健さんのための映画です。健さん、なくしては考えられません。はい。
まるで、健さん主演のドキュメンタリー映画を見ているようでした。
でもね、上映の前に、それこそメイキングのドキュメンタリー映画を30分も見せられていたのだけど、これは予定外で長かった…。どっちの方が良かったか…。むむむむむ。
健さん、70歳を超えているらしい。若い…。
仲たがいをしている父親と息子の間の親子愛を描いているんだけど、6月に父を亡くしたどび~としてはぐっとくるところがありましたねえ…。仲たがいって言うのじゃないけどね…、ちょっと離れてたし…。ぐすん。

久しぶりの映画鑑賞だったなあ…。本当に、何にも映画館で見てないや。見ないとねえ…。なんて、思ったりして…。

by dobbymylove | 2005-10-27 00:20 | Movie

NTV あいのうた

b0034574_1520506.jpg

最近、珍しく忙しかったどび~であった。気づいたら、10日以上ブログを更新していない始末…。
そうか~。こういうのを余裕がないっていうのかなあ…。
なんて思いつつHDDVD(!)予約したTVを見てて気づいた。本当にHDDVDって便利かも…。
だって、つまらないと早送りできるし、すぐに消せるし…。って気づいたらどび~のHDDVDには『宮廷女官チャングム』と『踊る大捜査線』しか残ってない…。
『チャングム』はあと最終回を残すのみだし…。燃え尽き症候群になりそうですわ…。は~。
さてさて、今回はそんな中続けて見ようかな~と思ったのがNTV『あいのうた』です。良いかもしれない…。玉置浩二と和久井映見が良いのですわ。なんともまったりした感じが…。
それに小日向さんですよ…。まったりしないわけありませんよ。はい。
か~いい子供も3人も出てるし…。気に入った!
見てない人は見てみて。しあわせになれる気がする。
やっぱ、こう余裕がないときには、こういうのがいいよねえ~。
まったり映画はなんかないかなあ~。探して見よう!

by dobbymylove | 2005-10-21 15:26 | TV

「夢の仲蔵千本桜」 @ 日生劇場

b0034574_13472085.jpg 昨日見てきました。「夢の仲蔵千本桜」。松本幸四郎と市川染五郎の親子競演です。これって、知らなかったんだけど、2年ぶりの再演なんですね。う~ん。知らなかった…。前は新橋演舞場でやってたみたい。そっちも見たかったな~。

2年前のときの製作発表によると…。
【松本幸四郎主演の『夢の仲蔵』シリーズ第3弾は、歌舞伎の三大名作の一つ、『義経千本桜』を随所に散りばめた期待作。歌舞伎と現代劇をいっぺんに楽しめる、一度で二度美味しい作品だ。九代琴松の名で演出も手がける幸四郎は、「“演劇としての歌舞伎”というテーマに基づいて、今回はより一層、仲蔵の人間味を強めたい」と自信をのぞかせている。
 今回の『夢の仲蔵千本桜』は、江戸の森田座を舞台にした、シチュエーション・ミステリー。華やかな舞台の裏側で、大部屋俳優から座頭にまで出世した仲蔵の身に次々と怪事件が降りかかる。その真相が徐々に明らかになってくるが……。ミステリアスなストーリーを引き立てるのは、歌舞伎の技術を駆使した、仕掛けの数々。フライングあり、早変わりあり。でも最後はやっぱり「役者の声と芸の巧さで感動を」(幸四郎)。そんな壮大な舞台を支えるのは、最近ますます幅広い活躍を見せる市川染五郎。「プレッシャーです」とはにかみながらも、「演出家の思いを、より肉付けし、ふくらませてお客さんに伝えたい」と語った。芸と芸で刺激し合う幸四郎親子の姿は、そのまま劇中の仲蔵とその弟子此蔵の姿に重なる。満開の桜を見終わったら、『千本桜』を観に行こう。】とのこと。

そうなんだ~。幸四郎さんの『夢の仲蔵』シリーズってのがあるのね…。ほかのも見てみたいなあ…。

全体的に舞台の感想を言うと、歌舞伎とは一味違う歌舞伎!って感じで、これはまた現代劇を楽しんでいる舞台ファンも楽しめる内容だったんじゃないかな?と思った。
今回は、何と言っても、思っても見なかったんだけど前から3列目のど真ん中。合ってないかもしれないけど、何度も幸四郎さんや染五郎さんと目が合ってた感じ…。どきどきです。
それだけに染五郎さんの綺麗さにはたまげました。
あの方は現代劇よりも時代劇の人ですな。それほどまでに綺麗。

「義経千本桜」は、勘三郎襲名披露興行の一幕として『五月大歌舞伎 野田版研辰の討たれ』のときと比べると、衣装の豪華さなんかは確かにそっちの方が豪華だったかな?なんて気もしましたが、染五郎演じる忠信の演技は切れがあってよかったです。フライングあり、早変わりありって…。あの早変りはどうなってるの???幕間でトイレに行ったとき、興奮したおばちゃんが「あれは2人でやってるのよね、わたしは2列目で見たけど、それでもわからなかったけど、あそこで変わってるとしか思えないわ」っと何度も行ってました。そうなんだ~。変わってるのかなああ???誰かに聞いてみたいなあ…と思ってるどび~です。

それから、2幕目の途中で緞帳を降ろして、緞帳の前で三味線さんとお唄だけで劇が進む場面があるんだけど、その三味線さんが素敵でした。なんて人でしょうか?興味津々です(って、もう顔は忘れてますが…)。

さてさて、ミステリータッチで物語りは進み、わくわくどきどき何だけど、そこはやっぱり人情です。エンディングの染五郎さんと幸四郎さんの演技にはうるっと来ます。いやあ、見られて良かった。満足、満足!

by dobbymylove | 2005-10-10 14:08 | Theater

初のヤフオク体験!

b0034574_23515733.jpg
今日、初めてヤフオクなるものをやってみた…。
どうしても、どうしても「ダブリンの鐘つきカビ人間」という舞台が見たかったから…。だって、どこもかしこもSOLD OUTなんだもの~。
だからちょいとTryしてみました。それも正規の値段で…。そしたら、「落札」しちゃいました…。
ひゃっほ~。
さてさて、これから出品者の方と連絡を取って、支払い&受け渡しです。
只今、連絡待ち。
皆様の評価はとてもよろしいのよね。だから期待です。
どうなりますか?楽しみです。

by dobbymylove | 2005-10-05 23:57 | Theater

プラハに初めて来ました。(4) 観光篇

いやあ、帰国してから1週間近く経つから、もう忘れちゃいそうだぜえ…などと、呑気な声を上げているどび~です。(本当言うと、結構忘れてます。)
ちょこっとだけプラハの観光篇を書いときます。

まずは、プラハはね、特にコレ~って感じがするわけではなかったのですが、街をプラプラしてるだけで楽しめると思います。(ん?これじゃ参考にならんってか…。)
でも、本当なの、それが一番楽しい!
b0034574_1824778.jpg
ま、メインの観光はココ。プラハ城。
ここに入ると2種類の券があって、見られる場所が限定されます。時間もなかったんで、B券にしました。要は、【聖ビート大聖堂】と【旧王宮】と【黄金の小道】なる3箇所だけ中に入れるというものでした。


b0034574_1845719.jpg
これは、【聖ビート大聖堂】を下から撮影してみましたの図です。ここの中はなかなか荘厳でした。人も一杯…。いすぎです…。
有名なものとしては、ミューシャがデザインしたステンドグラス。上の方に、ミューシャ独特の女の人の顔があったりして、「おおお」って単純どび~は感動したりしました。

あと、【旧王宮】はねえ、はっきり言うと「なんじゃ、こりゃ?」って感じです。ベルサイユ宮殿なんかを想像すると、唸ります。

それから、面白いのが【黄金の小道】なる場所。
所謂、長屋状態の場所で、以前はカフカの仕事部屋だった場所なんてものあるのですが、そこがすべて土産物屋とか本屋とかに再利用されているわけ。でもね、入場券を購入して、買い物場所に入るって…って感じで、笑えます。まあね、日本のテーマパークも、入場券を買ってお土産をたんまり買うわけですから、同じといえば同じなんですが…。どうなんざんしょ???って思えちゃうような感じです。
あと、言えるのはすべてがプラハ城値段で。1割り増しって感じ。ツアーで、ここしかお土産を買う時間がない場合は仕方がありませんが、街中でお土産をかうことをお勧めします。いくらでも可愛いものがあります。はい。絶対に。

プラハ城の全体的な印象としては中外から見て楽しむだけでも充分って感じかな…。時間がある方にはお勧めだけど、ない方は側とか川岸で見るだけでもその価値はあるって感じです。
b0034574_18112538.jpg
さて、その川岸から見る場合に、お勧めなのがココ。カレル橋。ここはね。すごいです。でかいです。これまた人が一杯です。車が通れないので、人で溢れてます。ヨーロッパの川のデカサを堪能できます。本当に綺麗。そこから、「あ、あの上のお城がプラハ城なのね」なんて楽しむことをお勧めします。はい。本当に、ここからの風景は素敵でした。
あ、あと、プラハ城の立っている場所から川と街全体を眺めるのも絶景でした。だから、側まで行くのもお勧めします。でも、時間がなければ、中には入らなくても充分かな???人にもよるからね…。滅多に来られない場所だし…。

あとは、とにかく街中を歩いて見ましょう。地下鉄も難しくありません。だから、歩いたり、地下鉄に乗ったりして、散策することをお勧めする街です。中世の街ってこんなんだろうな…ってひたすらロマンチックな気分に浸れます。でも、自分を含めて観光客が多すぎ…。

by dobbymylove | 2005-10-03 18:19 | Travel

ポルチーニリゾット

b0034574_13282049.jpg
友達と話して気づいたことがひとつ。帰国後にプラハのことを書き続けたいたために、未だにどび~がプラハにいるとおもっていた人がいそうだということ…。どび~は先週の火曜日に日本に帰ってきています…。

さて、この写真、いまひとつ写りが悪い。でも、味は絶賛されました。
この間のプラハ行きはミラノ経由だったこともあって、ミラノの空港でポルチーニの乾燥ものを購入してきました。
それで、金曜日にホームパーティを開いたってわけ。
まずはポルチーニを入れたきのこの煮物を作りました。
それから応用してリゾットを作ったってわけ。

さてさて、その作り方を書いちゃいます。
1.前の晩から、乾燥ポルチーニを水でふやかしておきます(乾燥しいたけと同じですな)。
2.オリーブオイルでにんにくを炒め、そこに、エリンギ、まいたけなんかのきのこ類をどばっと入れて、ちゃちゃちゃと炒めます。
3.炒まったかな?っと思ったら、(1)のポルチーニを汁ごと入れます。
4.赤ワインも入れちゃいましょう。塩・胡椒をして、あとは煮るだけ。それで、まずはポルチーニの赤ワイン煮ができあがりです。
5.さて、リゾットにするには、(4)にごはんを入れます。その際、ちょこっと水を加えましょう。(4)の終わりにはかなり煮つまって水分がなくなっている筈です。
6.またまた煮つめていって、出来上がりになってきたら、クリームを加えます。あと一煮立ち。
7.食べる前に、パルメジャーノチーズを振りかければできあがりです。お好みで、塩胡椒を足して食べてみて。

ほかにも、ラタトゥユとか、サラダとか、ポテトグラタンとかも作ったのですが、これが一番好評だったかも…ってことで、レシピを載せてみました。
ミラノに立ち寄ったり、もしくは国内でも乾燥ポルチーニが手に入ったらお作りあそばせ。
絶品です。

やむ、とてち、またホームパーティを開きます。(としきよ!今度は来れるといいね。)
11月末を予定。
そのときは、韓国料理になる予定。(たぶん)
お楽しみに!

あ、最後のプラハ日記は明日にでも観光篇を書きます。

by dobbymylove | 2005-10-02 13:40 | Cooking