プラハに初めて来ました。(3)レストラン篇

b0034574_12535143.jpg
今回のプラハ旅行で、まったく期待していなかっただけに予想外だったのが美味しかった料理。まあ、どちらかというと高級料理店(ホテルとか)に行ってきたからかもしれないけど、美味しかった。味としてはどちらかというとフランス料理っぽいけど、フランス料理ほどクリーミーじゃなかったって感じだったかも…。


まずは、超高級料理店のBellevue
流石、NYタイムズでも絶賛されただけのことはある高級店。土曜日の夜ということもあり予約は満杯。8時半から、それも奥の方の席となりました。
そのため、残念ながら自慢の夜景を楽しむことはできなかったのですが、料理は絶品!美味しかったです。ただ、値段はそれなりに高く、ひとり10000円は覚悟。
ひとつだけ問題が。
人気店で混んでいたこともあるのですが、料理が出てくるのが非常に遅かった。
一品目が出てきたのが1時間後…。閉店時間が11時だったのに、メインを食べ終わるのが11時…(それも、食べるのが非常に速い日本人なのに…)。
そのため、どび~はお腹が一杯で食べなかったけれど、デザートのオーダーを11時過ぎとなる始末…。
う~ん。ゆったりとしている国民性なのか、それとも…。
サービスのマナーはとてもよかっただけに、そこだけがちょっとした不満でした。

Bellevue
住  所 Smetanovo nábřeží 18,Praha 1,110 00
電話番号 420-222-221-443
予約の有無 要予約
営業時間 月-土曜12:00-15:00,17:30-23:00 、日曜11:00-15:30,19:00-23:00


b0034574_13242136.jpg対照的に非常に庶民的だったのが、U Fleků
創業は1499年、プラハで最も古いビア・ホールということで、元々は修道院だったらしい。そのため、建物の中が8部屋に仕切られていて、そこに大きな木の机と小さな椅子がたくさん並べられていて、みなで美味しいビールを楽しむっていう形式。
どんどんと名物の黒ビールやら薬草酒が運ばれるので、いらない場合は「いらない」って言わないと、お金を請求されちゃうので気をつけて。
黒ビールはあまりビールを好まないどび~でも、飲みやすいビールだった(でも、1ジョッキ飲むのはやっぱり辛い)。
料理は、基本は牛・豚・鶏などの煮物と、ハムとかソーセージ、それにザワークラフトって感じかな?
b0034574_13251176.jpg美味しいけど、お腹にたまります。ここはビアホールだけあって、ドイツ料理って感じだと思う。

U Fleků
住  所 Křemencova 11, 110 00, Praha1
電話番号 420-224-934-019/020
予約の有無 予約をすすめる
営業時間 9:00-23:00 休 業 日 年中無休

さて、最後はSunday Brunchで有名なカフェ、Cafe Sarah Bernhardt(あれ?レストラン・サラ・ベルナールかもしれない…)。どうしても、ここのSunday Brunchを食べたいというお姉さま方のご希望により、ここになりました。
b0034574_13414952.jpgここはHotel Parisの1階にあります。
予約がないと入れないかも。どび~たちも、無理やりに席を用意してもらいました。
今回もまた端っこの方でした。
メニューはビュッフェスタイル。ブランチということもありますが、ローストビーフやチキンなどこってりしたものから、サラダまで用意してあります。
お寿司まであったのには驚いた(巻き寿司だけど)。もちろんデザートもバラエティに富んでいます。
あと、シャンパンとワインは元々含まれてるみたい。
ここもまた、豪華な雰囲気をたのしむのにはGood!
でも、個人的には街中のカフェとかのブランチを楽しみたかったなって感じでした。

まあ、1週間もいると飽きてしまう食事事情かもしれないんですが、美味しかったですよ。
この後、ドイツ、オーストリア、フランスあたりを廻ると、ちょっとこってり料理が続いて、どび~は辛いことになりそうな予感。
プラハ3泊、ミラノ3泊なんて旅行だとかなりの大満足になる気がする。(次はそういうことを考えてみよう…。何しろ、今回はプラハ3泊の旅…。とほほ。)

では、明日は【観光篇】をちょろっとだけ書きますね。

by dobbymylove | 2005-09-28 13:43 | Travel

プラハに初めて来ました。(2)

b0034574_14472658.jpg

さてさて、プラハの宿はどうなったのか?
実は、今回、プラハの代理店に宿をお願いしていました。ふむふむ、このホテルなのねっと思っていた成田出発当日の朝。飛行機出発1時間前…。「ホテルが変更になりました」ってメール…。え、それなに?どこそれ?????
それも、7人中2人だけってどういうこと????

取り敢えず、ホテルの名前を必死になってガイドブックで探し出すと、ありました。一応、★★★★★なんだけど、こんな文字が…、「郊外」…。それはちょっと…。だって、予定が全部狂っちゃうジャン!一緒に行動できないし…。それに、タクシーにあんまり乗りたくないし…。ほら、どのガイドブック読んでも【白タク】多しって書いてあるし…。
どひゃ~。

取り敢えず、プラハに到着したどび~様御一行。元々のホテルに5人チェックイン。それから、そこの近所のホテルをあたってきましたよ。「部屋あるかしら?」「満室です」そ、そうですか…。
そんなことを続けた3軒目!
ラッキー!!!
な、なんと一部屋だけど、ツインベッドで3泊分!確保しました。

それが写真のホテルです。Grand Hotel Bohemia。元々のホテルよりもグレードアップです。でもね、ツインベッドだから…。それに部屋自体は、少々狭めだし…。
ってことで、どび~はさっちゃんと2人でこの部屋に泊まることとなったのです。

はあああ。宿無しはまぬがれたぜ。

はい。もちろん、無理矢理変更されてた部屋はキャンセルしてもらいました。
なのに、今日、そのホテルから”No-Show"とかいうメールが…。要は、一晩代支払えと言ってる…。なんじゃ~こりゃ!
勝手に変更して、それはないだろ!ってことで、払う気はないよって旨を代理店に連絡。
さてさて、この件、どうなりますか…。

by dobbymylove | 2005-09-27 14:57 | Travel

プラハに初めて来ました。(1)

日曜日に東京に戻ったと思ったら、土曜日にプラハに出発したどび~です。
珍しく忙し~。
今回は何と3泊5日の旅。それもはじめてのプラハ。
はっきり言って東欧はワルシャワについでの2度目…。どうなるこの旅…。

さて、今回はミラノ経由でプラハ入り。な、なんとミラノでのトランジットに1時間しかない…。
その上、成田でミラノ=プラハ間をチェックインできなかった…。前途多難。
飛行機に乗ると共に、どび~はスッチーさんに状況を説明して、降りる直前に前の方に移動させてほしいと頼みました。そんな様子は、団体旅行中のお隣の御夫婦にはとても不思議に見えた模様…。

その御夫婦すごかったです。
乗って飲み物のサービスが始まると共に、ダブルで「ぼくは日本酒とビール」「わたしはビールと赤ワイン」と言って頼み、20分後の食事のときにも「日本酒とビール」「わたしも赤ワイン」。
一体どれだけ飲むのでしょうか…。
と思っていたら、食事が終了すると共に、再度、「日本酒」「わたしはビール」と頼み、飲み終えると共に寝てしまった…。その上、彼らは自分たちが持ってきたおせんべいなんかもばくばくと食べております。すごいなあ~。
その間、どび~はひたすら水のみ…(水を1.5リットル以上飲まないといけないダイエット中だからねえ…)。

さて、そんなこんなで到着30分以上前に、「前のお席が確保できそうなので、お呼びしますね」というスッチーのお言葉を聞くと、お隣の旦那さんが突然話しかけてきました。
どうやら、この方、どび~のことをツアコンだと思ったらしい…。
「大変ですねえ。プラハですか?」なんて具合。
ま、会話を楽しまないとと思ったので、「よく旅行に行かれるんですか?」と質問してみると、どうやら国内・外をあわせて毎月旅行を楽しんでいるんだとか…。
すごいです…。
っていうか、今の中年・熟年夫婦ってこういうカップルが多いのかもなあと、まわりの団体さんをみて感慨深くおもったどび~でした。

その上、「前に移動してください」とのお言葉と共に前に移動した席は、3席の真ん中でした。
お隣の男性、到着20分前なのにまだ飲んでます。
その方もまた「プラハですか?トランジットに1時間あれば大丈夫だよ」と話しかけてきました。
それから、彼の会話が始まります。
どうやらその方、メイカー勤務で4月からミラノ駐在で、3日間だけ東京での会議に戻っていたんだそうな。その上、その方、10月に結婚されるとかで、2週間後にはまた東京なんですよ~って、どうして、こんなにこの人の素性を詳しく聞かされているのかしら、どび~ったら…。
不思議だ…。
これも旅の楽しみなのかもしれないわね。

b0034574_1445195.jpg
写真は飛行機の中から見たピレネー山脈…。わかるかなあ???

さてさて、今、ちょっと時間がなくなったので、どび~のプラハ珍道中は次の機会に。
何しろ、成田に到着した段階でホテルが変更…。なんじゃそりゃ?どこよそれ????

by dobbymylove | 2005-09-24 19:34 | Travel

吉原御免状 @ 青山劇場

b0034574_2314084.jpg

最近ねえ、何かが足りないと思ってたんですよ。わかりました。舞台が足りなかったみたいですね。ほほほ。
今日見てきたんですよ。「吉原御免状」by劇団★新感線。

いやあ、もうねえ、いつもにもまして色っぽい舞台でした。
まあねえ、吉原ですし、原作が隆慶一郎ですからね。
でも、何よりも、いつにもまして堤真一さんがよろし!長髪の似合う男優さんです。
ふんどしの後姿はグッと来ますよ。ぷりっ♪って感じです。

相手役になるのかな?
松雪泰子さんは花魁姿は良いですね。大人の色気を感じます。この役にぴったりでした。本当にぴったりだった。他には考えにくいかもってぐらいはまってます。
舞台で映える女優さんですね。特に、時代劇には良い。ちょっと細すぎるかな?ってのが着物から感じられたけど…。それも、この役にはぴったりでした。

古田新太さんは、いつにもまして悪役です。本当に悪役。本当は人情派でコメディっぽいところもあるのに、これはまるでそういう部分はなし。冷血そのもの。お笑い部分は、梶原善ちゃんに任せてました。っていうか善ちゃん、弾けまくってました。:)

ふ~。舞台セットもすてきでした。吉原の世界を綺麗に作り上げてて、素敵なセットでした。

ひとつだけ不満。すごく好きな男優さんで、この人はオンリーワンな人なんだけど、藤村俊二さん。噛みすぎ…。お疲れでしたか?まあ、ご隠居さん役なんだけど…。ちょっと、今日は噛んでました。それが不満だったかな…。

あと、そうそう、どび~の前に座ったおじさん。舞台途中で座高を上げるのをやめてください。
前の端っこの方だったために、どび~も背を正さないと目の前真っ暗でした(つまり、あなたの頭だけ)。つらい…。背を正したのは言うまでもないんだけど、後ろの人、ごめんなさいでした…。は~。

でも、素敵だった~。堤さんは最高だにゃ~。

by dobbymylove | 2005-09-21 23:32 | Theater

HDD&DVDレコーダーを買った理由。

b0034574_12374751.jpg
買ってしまったHDD&DVDレコーダー。あ、買ったのはカナダ出発前前日。
それもねえ、それもねえ、すべては「チャングム」を録画するためだったのだ…。

だってね、どび~の家にはビデオデッキとDVDプレーヤーはあるんだけど、両方ともBSが録画できなかったのだ(あ、DVDプレーヤーは録画できないけどね)。それで、も少したったらTVと一緒に買おうと思っていたのだが、やむを得ず買ってしまいました。

最初、VHS付きのにして、一挙にデッキをまとめてしまおうとたくらんでいたのだが…。なんと、VHS付きだとBSが録画できないことが判明…。実を言うと、それも購入後に判明…。どよ~ん。どうやってもBSが映らないはずだった…。BSチューナーが入ってなかったんだと…。
意味ないじゃん。だって、「チャングム」はBS放送なんだもん…。(それがわかったのが出発前前日)。

焦ったどび~は、電気屋さんに連絡をして、状況を説明して機種交換を願い出ました。
ラッキー!値段が下回らなければ交換してくれるってさ!ってことで、翌日(つまりは出発前日)に再び電気屋にかけつけ、購入したのは言うまでもありません。
そして夜、どうにかすべての接続を終え、無事に録画予約をし…。

ほほほほほ。

帰国後、即座に見ましたよ。「チャングム」2回分。か・ん・ど・う~!
あああああ。もうすぐ終わってしまう~。
どび~の楽しみが~。ぐすぐす。
今、どび~家の今には、ぽつねんとTVデッキの前にHDD&DVDレコーダーが接続された状態でおかれております。
誰か、3つのマシンをTVとうま~く繋げてくれないかしらん~???

by dobbymylove | 2005-09-21 12:45

カナダ(7): タイ・マッサージ体験

これこそ本当にカナダ旅行最後の日記です。
カナダに来てタイ古式マッサージもどうかとは思ったんだけど、何しろ肩こりが最高潮に達しました。今にも、体から悲鳴が聞こえてきそう…。で、SPAを探して、そこのマッサージに予約を入れたってわけ。
スウェーデン式とかは柔いし、本当はエステタイプの泥パック付きとかがあると気持ちよかったかもしれないんだけど、何しろSPAなので、珍しいものを発見とばかりに「タイ古式マッサージ」にしたのです。

どび~は日本でもたまにタイ古式マッサージを受けてたので、ストレッチと思ったら気持ちが良いに違いないと踏んで選んでみました。
まあねえ、良かったかどうか。これまた柔かった。
タイ料理屋と隣接してることもあるので、タイ人にやってもらえるのかと期待してたのがあまかった。カナダ人でした。それも女性。
そうなると、第一級のものは期待できません。
結果も、柔かった。
上級のマッサージ師しかできないというえびぞりになるのもなかったし…。
やっぱなあ、西洋で東洋のものを期待しても駄目みたい…。
っていうか、どび~の肩こりがひどすぎるのか?
しかしねえ、普通、タイ古式マッサージを受けると、体中がポカポカしてくるんだけど、足は冷えたままだったしなあ…。
それで、50分CA$110は高いなあ…。半分で充分って感じ。

あと、バスローブはあるけど、トリートメントを受けるときの着替えはなし(自分で持ってくる)。プールやミストサウナがあるのに、水着のレンタルもなし(自分で持ってくる)。ってのも、サービス悪いよねえ…。アメリカや日本だったら用意するな…。これだけの金額取るわけだし…。

次は行かないな。探さなきゃ。

by dobbymylove | 2005-09-17 11:08 | Travel

カナダ(6): またもやしょ~もない店員

どび~のカナダ日記も最後になると思うんだけど(何しろ、明日出発)、最後もこれかいという話。(あ、もひとつ書くことがあったので、そっちが最後になります。この後続けて書くつもり。)

昨日も、めりちゃんという友達との会話で「ちょっと~、カナダの店員ってサービスとかど~なのよ~」という話になったほど…。ま、そんな人ばっかりじゃないんだけど、今までになく今年のサービスは落ちていた気が…。そう思うのはどうやらどび~だけではありませんでした。

さて、本日のムカつく店員。ま、怒っても仕方がないレベルのファーストフード店の店員です。
そこの店、結構混んでて、並んで待ってると(本当はサーモンバーガーが食べたかった)、
「Next!(次!)」と不機嫌そうな太った店員(いやあ、日本人とは比べ物になりませんよ)。
「Buffalo Chicken, please. Combo.」と何やら、子供の単語の羅列のように答えたどび~に、その店員は
「Pepsi & side dish」と来ました。
ペプシというか炭酸が嫌いなどび~は「Do you have Ice Tea?」と聞くと、
「No, we don't. Pepsi.」とこれまたそっけなく答え、会計を始める。
先に進むと、前のおばちゃんが水を頼んでいたことに気づき、また、何も飲み物をはっきりとは頼んでいないのに、どび~のトレイにペプシコーラの出来上がってのを置くので、
「Excuse me! Can you change to Bottle of Water?」というのに、そいつ、無視!
も一度、繰り返していうのに、やっぱり、無視!
仕方がないので、「Miss.」と声をかけると、
キッと睨んで、そのでぶ(あ、失礼)、「What?」と来たもんだ。
しかし、ひるまないどび~は「Can you change to Bottle of Water?」というと、
「ふん」って感じで、水を取り出して、トレイの上にボンって置いたんだわさ。その豚!(あ、もっと失礼!)
呆気にとられちゃったのはどび~。だって、ファーストフードの店員ってのは、「Smile 無料」ってのが基本でしょ?マクドナルドで研修しろっつの!!!
でも、もっと呆気にとられてたのが、どび~の前のおばちゃま。
「ボン」って水を置いた瞬間から(彼女はずっと見てたのね)、「She is soooo rude!(彼女はと~っても失礼ね!)」って何度も言ってくれて、しつこく、隣の店員に「What's her name?」って聞き続けてた。
そしたら、そいつったら、「She asked my name! My name is Stef. (彼女はね、あたしの名前を聞いてんのよ。あたしの名前はステフよ!)」って答えてんの。
そうです、彼女の名前はスデブです。あ、ステフ=ステファニーです。

は~。

それから今日の第二弾は、結構大きな本屋さん。ま、それはひとりの店員の話じゃないんだけどね。
レジのところが凄く混んでるのに、レジが数台あるのに、そこにいる店員はひとり…。
しかし、店内には何人もの店員がいる…。
その人たちが何をしてるかっていうと、品物(つまりは本)のチェックとか…。
日本だったら、客がすごくレジで並んでたら、誰かが駆け寄ってくるよね?
そんなことは一切なし。レジの傍に来ても、他の仕事をしてる。
流石に、前にいた上品なおばちゃまが怒ったね。
レジに着いた瞬間に、文句言ってる(よく聞こえなかったけど、その人は並んでるときからいらいらしてました)。
そしたら、レジの店員が「Management System」がどうのこうの…。
ほ~。セクショナリストですか…。本屋で…。
疑問だ…。大丈夫なのか?
でかいチェーンだからね、たぶん大丈夫なんだね。

でもさあ、どうよ、こういう店員たちって…。日本だったら、ぶちぎれてる客がもっと多いと見ましたね。そうならないことを期待しましょう!

by dobbymylove | 2005-09-17 10:58 | Travel

カナダ(5): MAURY

b0034574_14402398.jpg
北米に来るとついつい見ちゃうバラエティーショーがあるんだな。毎朝9時から放映してるんだけど、名前は「MAURY SHOW」。
くだらないんだな、もろゴシップ的な三面記事ショーなのだ。
ほら、日本でも放映した「ジェリー・スプリンガー・ショー」みたいなのと同じ。
どび~はジェリー・スプリンガーよりも、このモーリーの雰囲気が好きで、渡米するたびに見てます。
ま、そうだなあ、日本で言うところの「キスいや」の激しい版ってとこでしょうか。
要は、やらせっぽいんだよねえ…。
毎回毎回、アメリカ中の問題抱えた人が登場します。
殆どがあまり裕福でない人っぽいところも味噌。あと、めちゃくちゃでかい(おでぶさん)が多いのもポイントです。
10代前半で、やりまくってしまって(あら、言葉が汚くてごめんなさい)、妊娠しちゃった女の子が、母親にしかられたり、これまたやりまくってしまって子供の父親がわからなくてDNA検査しちゃう女の子やら女の人だったり。って感じなのよ。

今日のテーマも来てます。

「私の妻は知るべきだ。わたしは今までに男に体を売ってきた…。」 です。

やられました。こんなカップルが3組ぐらい出てきた。それも新婚さん…。
大体、男女問わずにしてたらしい…。怒るね、奥さん。あたりまえでしょ!
そんな中、一組の夫はなんと「妻が病気で薬代のために体を売った」とのたまっております。
ふ~む。妻はそれで喜ぶと思ったのか????考えなしですね。

その他には、22年間浮気を続ける妻に離婚をつきつける夫と、100回以上浮気をしてて、ふたりの子供の父親がわからないからDNA検査するカップル…。

お~い。お姉さんにはついていけません…。

毎回見てて思うのは、ヤラセだと思いつつも、この人たちは今後、近所を歩けるのだろうか?ということ…。ほれ、いくら広いアメリカでも近所はあるはずだし…。

はああああ。出場する人たちの気持ちがわからない…。
それで、見ながら低俗なものが好きなのね、わたしって…って思ってるどび~です。
みなさんはお好き?

by dobbymylove | 2005-09-15 14:52 | Travel

カナダ(4): 熊がひとり…。

どび~が今回滞在しているホテルは、アパートタイプのホテル。だからか、通常のホテルよりも値段が安いし、立地もダウンタウンなので、人気が高いみたい。
滞在している人は本当に人種も様々です。日本人、中国人、ロシア人、ポーランド人、それからアフリカの方々…。

さて、今朝の出来事(要は、今さっき)。
いつもよりも遅めの、それもいつもと同じ朝食(安いだけにビュッフェの内容が限られてて、流石に飽きてます)を終えて、エレベーターに乗り込もうとしたら、人が立ってます。バスタオルを腰に巻いて、裸足で…。
まあね、ここにはプールもあって、食堂と同じ階(地下)にあるんだけど、何もタオル巻いただけで裸足で帰ることはないんじゃないかと…。
それも、結構な体の大きさで、肉厚もあるという、ロシア系?って感じのおっさん…。
そして、どび~は見てしまったのです…。上半身だけだけど…。肌に覆われつくした金髪の巻き毛…。

熊…。

もともと、どび~は毛むくじゃらな人は苦手なのです。胸毛とかあると、ちょっとひきます。
指毛もちょっと…。
ましてや、背中に生えてたりすると、かなり駄目です…。
人間も動物って感じがして…。動物なんだけど…。
先ほどの御仁はまさしく「熊」でした…。
エレベーターの中でたったふたり…。
思いっきり見てしまい、思いっきりひいていたのは言うまでもありません…。

by dobbymylove | 2005-09-14 21:29 | Travel

カナダ(3)って言ってもカナダの話じゃないけど…。

今、こちらは夜中の1時半過ぎ…(表示は日本時間だから変だけど)。
落ち込んで眠れない…。ぐすぐす。
時々、コテンパンに打ちのめされるってことあるよね。
今回もそれです。自分の趣味をコテンパンに打ちのめされました。
それも夜の12時半過ぎに…。結構きついです。眠れません。
は~。どうして、この年齢になっても、勉強が足りないのか…。いたく反省です。
ま、そういうときは、こうしてブログに書いて、発散させて忘れようと思います。
そ、外に出すのが一番!
ふ~。大丈夫かな…。早く立ち直らないとね…。
やる気のでない残りの旅になるかも…。
特別美味しいものもないし…。
足は棒のように疲れてるし…。
も一回ため息。ふ~。

by dobbymylove | 2005-09-14 14:40 | Travel