アウトバック・グリル 渋谷店

b0034574_1671448.jpg
 なんとなとフラストレーションがたまると食べたくなるのが【オニオンフライ】。JUNKYなアメリカンフードであります。
そうすると、アメリカ生まれの帰国子女夫婦、陶子ちゃんと誠人くんを誘って食べに行きます。
いつもは「ZEST」だったんだけど、先日来、注目していたのがこの「アウトバック・グリル」。
渋谷のど真ん中。もともとは「PINK HOUSE」があったところ。

うひょひょひょ~。やっぱり、これでしょ!ってぐらい大きな【タイフーン・ブルーミン・オニオン】であります。

ものすごくFATです。コレステロールがたまりにたまっているどび~が最も食べてはいけない食べ物…。むぎ~。
でも、それがどうにもこうにも美味しい!!!
加えて、ポップコーン・シュリンプ・シーザー・サラダも食す。
これまたSPICY!でも、FATでごじゃる。
それから、ブルスケッタ。ガーリックトーストの上に、トマトなんかが乗ったアペタイザーですね。

どれもこれも、JUNKで美味い!
し、しかし…。10時からの食事ではなかった…。
朝起きても、なんとなくお腹はすいてるのに、重い…。
ランチを食べた後に、パンシロンの小瓶に手が伸びたのは言うまでもない…。とほ…。

アウトバック・グリル 渋谷店【アメリカンフード】
住所: 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町34-1
TEL: 03-5459-7751 F A X 03-5459-7752
営 業時 間: 月~金 17:00~24:00(L.O.23:00)
         土・日・祝 12:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:    無休

by dobbymylove | 2005-06-30 16:17 | Restaurant

今日のヨーダ

b0034574_12123438.jpg

ヨーダはどび~のおじいちゃん。
ギズモはお兄ちゃん。
チェブラーシュカは妹。
同じ耳してるの。
かわい~。

by dobbymylove | 2005-06-29 12:14 | Movie

VCD「Mr.インクレディブル」

b0034574_33148.jpg
父が急逝してから、葬儀などの諸々のことが次々に行われて、どび~には何が何だかわからないままの1週間が過ぎていった。このブログを読んでくれている人の中にも心配してくれている人がいると思うけど、どび~はどうにか元気です。
まあ、こういうときは忙しくしている方が気も紛れて良い様だし…。

さて、そんな中、久しぶりにVCD鑑賞をしてみました。
家族ものってのが気になるところではあるけれど、しんみりする映画よりはずっとましと思いつつチョイスしたのが「Mr.インクレディブル」。原題は「The Incredibles」。つまりは【インクレディブル一家】ってこと。う~む。どっちのタイトルの方が良いかっていうのは微妙だね。
どび~としては、「The Incredibles」って方が合ってる気がするけどね…。
観る前は「スパイキッズ」のアニメーション版でしょ?なんて思ってたんだけど、こっちの方が数段上でした。
面白かった。キャラクターがそれぞれ立ってるし…。
何よりもCGがすごい。ライブアクションには見えないけど、クリアで、どび~の家のTVモニターが古いのが残念でならなかった。(う~ん。そろそろ、TVを買い換えることを検討しないとね…。って、今年の夏はエアコンを買わないとだしねえ…。)
どび~の気に入ったキャラクターは何と言ってもエドナ・モードでしょう~。
あのフランス語訛りの英語とキャラクターは「可愛い!」(どび~的にはね。)
これはシリーズ化するね。(って、既に企画されてるのかな?)

こういうのを観ると、ディズニーの凄さを思い知るって感じ…。
まあ、ジブリはジブリで好きなんだけど…。
ここで比べてるのはDWの方ね。う~ん。どうしてもDWものは真似っこって感じがしちゃうんだよなあ~。

ま、現在夜中の3時過ぎ。(またまた、どうしてこんな夜中に見始めたのか…。)
そんな時間でもと~っても楽しめたのは収穫。収穫。

さあ、本当は今頃「SW」の先先行を見て盛り上がってる頃だったんだけど…。来週になったら、やっと見た仲間と盛りあがるぞ~。でもなあ、どび~の記憶が遠のいてるからなあ…。
早く、も一回ちゃんと観ないとね!そうそう。忙しくしてるのが一番、一番!がんばる、どび~!

by dobbymylove | 2005-06-26 03:19 | Movie

父の死

突然のことでまだよくわからない。だからブログに書くことにした。何かがまとめられればと思って…。
もう昨日のことだ。今は0時47分だから…。
2005年6月18日朝5時ごろ。父が亡くなった…。
胃痛がひどくて、何も食べられず入院したのが3週間前。
今日、本当は退院する予定だった。検査をいくとも受けて、精神的なものだと思っていたし…。
でも、心臓は弱っていたみたい。自然停止…。きっと殆ど苦しまなかったと思う…。
それだけが本当に救いだ。
どび~は予定があって、退院にはもともと行けなかったので、それは伝えてあった。
だから、電話を受けたとき、嘘かと思った。でも、こんな嘘をつく人はいない。
そう思うと、その電話が事実であることに気付いた。
正直言って、どび~は母の死後、父とは親密に接することができなかった。
それでも、お見舞いに行くと、父は本当にうれしそうだった。
父は知っていたのかもしれない。自分のことを…。
だから、迷惑をかけないように、入院したのかも…。こうなることを考えて。
だから、どび~との時間を作ってくれたのかもしれない。
普通だったら話もしない娘に…。
どび~は、どび~のことを心から愛してくれる人をまたひとり失った。
どんなにどび~が我侭を言っても、ひどいことを言っても、許してくれる人を失った。
今、わかるのはそれだけだ…。この後、どうなるのかはよくわからないけれど…。

by dobbymylove | 2005-06-19 00:59

中華街・山東(さんとん)

b0034574_1832111.jpg

昨日から横浜に来ています。プチ旅行気分!
横浜って言ったら中華街でしょうってことで、早速繰り出しました。

目指すお店は【山東(さんとん)】。
水餃子で有名です。友達の敏ちゃんに薦められました。
(写真は携帯を忘れたので、取ることができずに中華街の公式頁から抜いてます。)

有名料理の水餃子を始めとして、小龍包、豆苗のガーリック炒め、蟹と卵の炒め物(これも有名らしい)、アヒルの舌の煮つけ、ジャージャー麺、魚の黒豆ソース炒め、炒飯…。
うぎゃ~。7品目も…。4人で食べて、1時間…。
すごすぎる…。
でもあまりにも美味しくて美味しくて、ただただ食べ続けてたって感じ…。
本当に美味しかった。
何もかも…。ふ~。
流石、人気店らしくて混んでました。
予約を入れていて正解でした。
またまた、中華街に来たときは絶対に行くと思う。
お薦めです。

山東(さんとん) 【中国料理】
住所: 横浜市中区山下町150
TEL: 045-212-1198
営業時間: 11 :30~翌2 :00
定休日: 無休

by dobbymylove | 2005-06-17 18:33 | Restaurant

今日のヨーダ

b0034574_20383475.jpg

かわい~

by dobbymylove | 2005-06-15 20:39 | Movie

ボディスクラブ

b0034574_18553068.jpg
ビールのCMで、工藤静とか観月ありさとかが「ちょいやば」とか言って脇腹を掴んでいますが、どび~の脇腹は「まじやば」である…。いや、脇腹だけではない。前も後ろも横もだ…。は~。
というのも便秘が最大の原因(今日はびろ~な話でど~も)。
毎日毎日、香港で買ってきたクリームでマッサージをしているが効果は今ひとつ…。しかし、高級エステに行っても、どうやら同じようにマッサージを激しくしている…。
う~む。
お腹周りを毎日マッサージしていると良いことが起こるかもしれない…と、いつもの勘で動き出したどび~は、早速、ボディスクラブとクリームを買うことにしました。

買ったのは、ボディショップの【マンゴー】!
ローズの香りのがあったら、そっちに走ったかもしれないんだけど、これまた爽やかです。
あと、容器のオレンジがとても可愛い。どび~好みである。

さてさて、ぐりぐりと体中にまずはボディスクラブを塗りたくってみました。
じょりじょり…。ふみふみ、ここでお腹周りのマッサージも忘れないようにね。じょりじょり…、ぐりぐり…。
それからシャワーでしゃ~と体中のじょりじょりスクラブを洗い落とすと…。
ありゃありゃ、肌が、肌が、す~べす~べ!し~っと~り~!
感動です。
週一ペースでやることをお勧めします(誰に?)。
お風呂からでたら、とりあえず、お腹はいつものように便秘クリームを塗って、肘とか膝とかに同じくボディショップのボディクリーム【マンゴー】をたっぷり…。
香りがね、幸せにしてくれるって感じです。
優雅だわ~。
ふ~ん。これで脇腹がなかったら、もっと幸せ~。
ほげ~。

by dobbymylove | 2005-06-15 19:05 | Beauty

VCD 「Shall Weダンス?」

b0034574_256209.jpg

どうしたことかまったく眠れなくなってしまって、夜中の1時から「Shall Weダンス?」を見てしまった…。
(その上、今TVでは「We Will Rock You」の番宣をやってて、またまたどび~の興奮度合いを高めてくれるし…。眠れるのか?不安だ…。)

さてさて、映画の「Shall Weダンス?」は、本当に演出がオリジナルにかなり忠実だったことに驚き。ま、ジェニロペのキャラクター設定は草刈民代とはかなり違うけどね…(ジェニロペに、草刈姫の優雅さを求めるのが間違いであるのは、流石のプロデューサーにもわかっていたと見え…)。
そういう意味でいうと、結末も何もわかりきってるんだけど、それがとても心地良かった。

あと、何よりもスーザン・サランドンはいつ見てもカッコいい。
ああ言う奥さんを持つとカッコよすぎて大変なのでは?と思えるのに、実生活でもティム・ロビンスと幸せな結婚してるし、実際ふたりしてカッコいいし…。ふあ~、うらやましいである。
いつのオスカーだったかは忘れたけど(去年かな?)、夫婦して「ピースサイン」を出しながら、「ブッシュ反対!」を表明していたのは忘れられない。あの堂々さがカッコいいのだ。

話がそれた。映画の話ね。映画の中の見せ場はなんと言っても、終盤のジェニロペとギア様の暗闇の教室でのダンスシーンでしょう。(写真がそれです。)
もう滅茶苦茶色っぽい。タンゴって音楽は色っぽいとは聞いていたが、あのジェニロペとギア様が踊ると、それはそれはセクシーだった。
これは、草刈姫には出せない魅力だな…。
いやあ、ギア様は本当に役所広司の演技を参考にしていたと思う。流石、「彼(役所)の演技はパーフェクトだった」って言ってただけあると思うほど。

だから、ジェニロペは好きではないんだけど、オリジナル版とリメイク版の違いをはっきりとさせるには、草刈姫とは正反対のタイプのラテンの女性を持ってくるしかなかったんだと実感。

こういうリメイクだったら、リメイクもイイかも。なかなか、傑作のオリジナルを超えるのは難しいけどね…。

by dobbymylove | 2005-06-13 03:16 | Movie

お気に入りの石鹸

b0034574_2055827.jpg
どび~は石鹸が大好き。旅行に出て(国内外問わず)、石鹸が売っていると、ついつい鼻をくんくんさせて、自分の好きな香りを求めています。
そんな中、大好きな石鹸があって、アメリカやカナダに行くとついつい買ってきてしまうのが、この「The Thymes」というところの石鹸なのです。
この「The Thymes」って、アメリカやカナダならちょっとしたお店に置いてある(何しろ、本屋にもおいてある)んだけど、日本は未輸入なのだ。
HPのオンラインでも、北米のみで海外オーダーは行っていない…。悲。

ということで、どび~はサイトに連絡してみました。
すると、優しいですねえ、すぐに返事をくれました。「残念ながら、日本にお店はないし、海外オーダーは受け付けてないけど、香港と台湾にはあります。そこの住所をお知らせしておきます。」ってこんな感じ…。
う~ん。日本と香港・台湾は相当近いと思われているに違いない…。
まあねえ、アメリカ行くよりは近いし、香港には売ってるのは知ってたけど…。

さてさて、石鹸の話に戻ると、どび~はココのユーカリの香りが大好きなのだ。あとは、ミルクジンジャー。このふたつのどちらかを使っていると、お風呂場付近が石鹸の香りで充満してて、アロマテラピー効果ばっちりです。でも、もちろん1ヶ月は持たないんだよねえ…。はああ。
日本からのオーダーを受け取る日が早く来てくれないかなあ…。
あと、どび~の周りの人で近々アメリカに行く人がいたら、ひとつ買ってきてください。お願いしま~す。

追伸 今、「あいくるしい」やってます。実は久しぶりに見てます。相変わらず、神木くんは可愛い…。

by dobbymylove | 2005-06-12 21:10 | Beauty

WWRY @ コマ劇場

b0034574_1112293.jpg

とうとう行ってきました「WWRY(We Will Rock You)」。
一緒に行ったのはどび~が所属するQ&Aの会のメンバーで、総勢6名です。
流石、Q&Aの会です。のりのりでした。
もう、Queenの名曲の数々で綴られるミュージカルですからね、のらないわけがないんですけど…。
・「RADIO GA GA」
・「I WANT TO BREAK FREE」
・「SOMEBODY TO LOVE」
・「BOHEMIAN RHAPSODY」
・「DON'T STOP ME NOW」
・「I WAS BORN TO LOVE YOU」
・「UNDER PRESSURE」
・「KILLER QUEEN」
・「A KIND OF MAGIC」
・「FAT BOTTOMED GIRLS」
・「WE ARE THE CHAMPIONS」
・「WE WILL ROCK YOU」
・「BICYCLE RACE」
う~ん。他にもあったはず…。どれもこれも名曲だ~。

物語自体も、Queenの名曲をモチーフにして面白く作られてたと思う。
Queenの音楽って、哲学的だったり、文学的だったりするのは当然なんだけど、こうなってみると、漫画的・ゲーム的な要素が沢山入っていたんだってびっくり。
そこを上手くついて作り上げられてたところは、QUEENを知らないお客さんも楽しめるはず。
いいもの作ってくれました。本当に。感謝、感謝ですね。
のりのりの会場は、最後はもちろん立ちっ放しです。
アンコール曲の「BOHEMIAN RHAPSODY」のときは感動の坩堝でしょ。
あのときに、英語の歌詞が電光掲示板で流れたら、もっと大合唱だったこと間違いなかった気がするんだけどなあ…。ちょっとそれが残念だったかも…。

元々はロンドンで作られたものだけど、来日しているのはオーストラリア・キャストみたいでした。
今回の舞台では、「キラー・クイーン」役の女優さんが最高でした。迫力バッチリ、歌もバッチリ。
主役のふたりを完全に食ってました。まあ、彼女も主役のひとりと言えばそうなんだけどね…。
決して、美人でもスタイルも良い訳じゃないのに「かっくい~」って言ってしまう迫力。
日本で言えば、木の実ナナって感じの迫力かな?(ちょっと下町になりすぎてる感じもするけど…。)

は~。もちろん、見終えた後にQ&Aの会がカラオケに行かないわけはありません。
一気に、QUEENを10曲以上は歌いました。
歌えちゃうところが怖い…。盛り上がります。でもね、見ていると、歌いたくなるのよ。
やっぱりね、そういうものでしょう…。
会員の京子ちゃんはすでに2回目だったけど、チケットがもっと安ければ毎週行っても良いそうです。すごいね…。
どび~ももしかしたらもう一回は行くかもしれません…。
でもなあ、Q&Aの会のメンバーで見たから感動も大きかった気がするなあ…。どうしようかな~。

by dobbymylove | 2005-06-11 01:39 | Theater