<   2005年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

飛行機で見た映画たち

海外旅行をすると乗るのが飛行機。どび~は飛行機で「見損なったり」、「映画館で見なくてもな~」って映画がかかってると見ることにしてます。
この2ヶ月間で2度、香港に行ってきたので、なんとも中途半端な見方ではありましたが、何本か映画を見ました。それを今日は書いておきます。

b0034574_20373745.jpg
1.笑の大学
監督 三谷幸喜
出演 役所広司、稲垣吾郎
もともとはサンシャイン劇場の舞台。う~ん。舞台で見たかったなあ…。

2.約30の嘘
監督 大谷健太郎
出演 椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人ほか
なんと言っても、クレイジー・ケン・バンドの曲が最高。
映画全体もお洒落に出来てたんじゃないかな?すっごいお薦めって感じじゃないけど、見て損はない。そんな映画。DVDとかで楽しみたいって感じ。

b0034574_20382315.jpg
3.シャーク・テイル
もちろん飛行機ですので吹き替え版なんですけど…、もともと劇場には行こうとは思ってなかったので充分でございました。う~ん。「ファインディング・ニモ」の二番煎じって感じがして仕方がないんだよねえ…。

4.プリティ・プリンセス2 ロイヤルウェディング
監督 ゲイリー・マーシャル
出演 アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース、ヘクター・エリゾンド、ヘザー・マタラッツォ
アン・ハサウェイにはグレース・ケリーみたいにどっかのロイヤルファミリーと結婚して欲しいなあ…。

b0034574_21353574.jpg
5.トーマス・クラウン・アフェアー
監督 ジョン・マクティアナン
出演 ピアース・ブロスナン、レネ・ルッソ、その他
ちょいと古い作品ですが、見損なっていたのでチェック!
ぐふふふふって笑っちゃうほどのかっこつけ映画ですな。もともとは『華麗なる賭け』のリメイクなのね。
まずレネ・ルッソのファッションは見ものです。いやね、かっこいいんですよ。
高級感溢れる感じの、ニューヨークファッションって感じで。
それがキメキメすぎるっていうのかな?たぶん、それが古さなのかも…。
そういう意味で、映画ってその時代を描き出すのねえって実感。
続編が映画化されるみたいね…。今度もファッションに注目かな?

by dobbymylove | 2005-03-26 20:46 | Movie

VCD 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」

b0034574_16304822.jpg
公開中の映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月』をVCDで早速見てみました。

最初のうち、何となく前のやつの方が面白かったかな?って思った。何か、前の方がテンポがよかったって言うのか、原作の面白さがそのまま出てた気がしたんだもん。今回のはちょっと原作と違うかな?って思えるしね…。(かなりハリウッド寄り?って感じ。)
でも、後半、ぐぐ~っと戻ってきます。特に、ブリジットの友達連中の面白さはそのまま生きてた。

いやあ、本当に他人事に思えないブリジット・ジョーンズ。それにしても、ゼルウィガーは凄すぎます。あの太り方がCGじゃないとこが、圧巻です。誰にでもPrince Charmingがいるって信じさせてくれる強さがある!この原作や映画がヒットしたのがわかるって感じ(笑)。
いやあ、思わず最後の10分ぐらいは泣けました。マーク・ダーシー様(コリン・ファース)は最高ですよ!こんな男性はいないね…。

あと、それにしてもヒュー・グラントは笑えます。ちょっと情けない男を演じさせると最高に可愛いんだけど、これではプレイボーイ役で、まあ、本当に、実際はこうなんじゃないの?なんて思わせる部分もあって、相変わらず笑えます。本人も苦笑いしてるんじゃないかな?

どび~はこれをVCDで買っちゃったんだけど、映画館で見ても絶対にコレクション用にとっておきたい映画の一本であな。本当に大好き!

by dobbymylove | 2005-03-26 16:50 | Movie

二ヶ月連続で香港に来てます。(その2)

昨晩、香港から帰国。早速、香港レストラン情報を!
b0034574_1585964.gif
まずはと~っても高いレストラン。でも、味はとてもよろしい。ま、高いんだから、美味しくなくちゃねってお店。【農圃飯店】。
前にも来た事があって、そのときも高かったな~って印象があったんだけど、また来てしまいました。その理由は「燕の巣」のデザートかな?翌朝の肌の調子はばっちりです。
味は少々濃い目。お薦めは、何といっても「手羽先の詰め物入り」ってやつかな?

農圃飯店 Farm House Restaurant
住所:    香港銅鑼灣希慎道18號 友邦中心1樓
        1/F, AIA Plaza, 18 Hysan Avenue, Causeway Bay, Hong Kong
TEL:     2881-1331
営業時間: 11:30-15:00,18:00-24:00
休日:    旧正月


次は、どのレストランはどのガイドブックにも載ってる老舗。【陸羽茶室】。
本当は飲茶が有名で、午前中からお昼に来るのがお薦めだったんだけど、今回は時間がなくて夜飯になりました。
頼み方に失敗…。もちっと、勉強して頼むんだった。
味が似たような感じになっちゃったの…。
それに、青野菜の炒め物を追加で頼んだら、別のものにも同じのが付いてるし…。
でも、名店だったら、その辺を気をつけてくれてもよかったのにねえ…。っていうのはわがままかな?

陸羽茶室 Luk Yu Tea House
住所:    香港中環士丹利街24至26號
        24-26 Stanley St., Central, Hong Kong
TEL:    25235464


日本にも支店が何店もあるほどの有名店。【糖朝】です。でも、韓国では有名じゃないみたいで、韓国人の友達は知りませんでした。その友達を連れて、朝食にやってまいりました。
お粥は朝ごはんにぴったり!加えて、マンゴプリンを追加してみました。これまた好評!

糖朝 Sweet Dynasty
住所:    香港尖沙咀廣東道88号地下
        G/F., 88 Canton Rd., TST ,Kowloon
TEL:     2375-9119
営業時間  11:30~0:00


あと、今回の旅ではナイトライフ情報として、ふたつほどバーを開拓。

ここは香港駅に繋がっているIFCモールの4階。
最近出来上がったばっかりらしい。ふ~ん。オープンテラスにもなってて、もう少し暖かくなったら最高かも。ご飯も食べられるみたいだけど、どび~は今回は食べてませんのでまた今度。
でも、デートにはたまらないかもね?

RED
住所:    4/F, TWO IFC & 8 Finance Street, central, H.K.
TEL:    8129 8882


最後は今年の1月に開店したばっかりのクラブです。名前はふざけた感じの【Hei Hei Club喜喜】。
香港の芸能人ご用達って感じかな?ま、黒服ありのクラブですが、踊るクラブではなくて、飲むクラブです。でも、もちろんお姉ちゃんはいません。

Hei Hei Club 喜喜
住所:     中環安慶臺1-9號安慶大廈3樓
        3/F, Oi Hing Bldg, 1-9 Oi Hing Terrace, Central
TEL:     2899 2068


ふ~む。こんなとこかな?もちっと、美味しいものを開拓したかったな…。
次に期待!って感じです。

by dobbymylove | 2005-03-26 15:28 | 香港

二ヶ月連続で香港に来てます。(その1)

2ヶ月連続です。香港に来てます。好きだな~どび~も…。

初日から【北京ダック】です。ここだけは外せません!
本日は3人だってので、「海老の塩味炒め?」と「五目野菜炒め」も頼みました。「五目野菜炒め」はまあまあだったかな?ま、「北京ダック」がメインだったので初日から満足です。

今日はちょっとホテルのことでオカンムリのどび~なのです。
ホテルに到着したのは3時過ぎ、とっくにチェックイン時間は過ぎております。
しかし、部屋に入れたのは5時…。
部屋は決まってるけど、掃除ができていない!
それを3時のときに言われたので、「じゃ、買い物に行ってくるけど、6時には夕食に出たいから5時までにはよろしくね」と言って出かけたの。し、しかし、4事半に戻ってきた段階でもまだ用意できてない。
その上、「部屋には入ってもいいけど、掃除がまだだからね」と来た。
申し訳ございません。どび~は切れました。「これがホテルのサービスなの?チェックイン時間も過ぎてるでしょ、わたしの過ちじゃないよね?どこか別の部屋をすぐに用意して!」と言ってみました。
す、すると、レセプションのお姉さん…。な、なんと、泣き出した…。
カウンターの下に隠れて…。
へ?????どび~、悪者?????
う~む。
上の女性がちゃかちゃかやって、どうにか別の部屋を用意してくれました。
その所要時間が30分。
レセプションのお姉さん、泣くかな、普通…。
忙しかったのはわかるけど、そういうときって、どっか別の部屋をすぐに用意するよね?
それともどこも空いてなかったのか?
でも、待ってた別のお客さんはどんどんと部屋に入ってるし…。
何だか、と~ってもどび~は納得がいかないのでありました。

by dobbymylove | 2005-03-22 00:17 | 香港

VCD 「ロスト・イン・トランスレーション」

b0034574_16534031.jpg
またもや見損ない映画『ロスト・イン・トランスレーション』。
うわ~。今時、200万ドルのギャラでTVCMのために来日したスターが、エージェントも付けずに日本に来るのか(ちょっと落ちぶれてるって設定らしいが)?
あと、通訳はあんなにひどいのをつけるのか?CMの仕事に…。ひどすぎる…。
まあ、すべてフィクションですってことで許したんだろうな…。

あ、ホテルの皆様。たぶん、自分のところはあ~ではありませんって思ってるかもしれないけど、あ~です。はっきり言って…。大金落とすお客には挨拶しすぎ…。

病院のシーンは笑いました。おばあちゃんとビル・マーレイの会話はアドリブに違いない!とか思ったよね。後ろのおばさんたち笑ってるし…。
病院と言えば、どび~がイタリアのミラノに行ったとき、連れがぎっくり腰になって病院に行ったとき、まさに同じことが起こってた。
お医者さん…、英語が苦手でした…。困った…。英語ネイティブの連れが、これまた伊語の話せないどび~を頼ります。うわ~って感じでした。でもどうにか治療は終了。まあ、イカッタ。
だからね、日本だけではありません。お医者様が英語が話せないところは…。気をつけましょう。

最後にマシューこそこの映画の象徴だったね。あの大げさ感こそがこの映画のシニカルな部分を象徴してたと思う。よくぞやった。

ま、孤独な人はどこの都市でも孤独だと思うから、きっと別の都市でもおんなじようなことが起こってるってことかな?そう思うと、ひとり旅も楽しくなるのかもね…。

by dobbymylove | 2005-03-20 17:39 | Movie

デモクラシー @ ル・テアトル 銀座

b0034574_10233460.jpg
もともと劇団四季が好きだったどび~にとって、鹿賀丈史さんと市村正親さんが主役ということで見に行ってきました。(と言っても、劇団四季がミュージカル、ミュージカルする前のことなので、どび~の年齢が計り知れるというものなんですが…。)
デモクラシー』です。
本当に久しぶりに見るまっとうな舞台でした。(劇団☆新感線とかばっかり見てましたからねえ、最近…。)

この舞台、一切女優さんが出てません。
それもスーツ姿の男優さんばっかりです。珍しいよね…。

舞台は1969年から70年代にかけての西独。まだ東と西に独が分かれていたころの話。
実在の人物たちを描いている。
西独首相となったヴィリー・ブラントと秘書にまでなった東独のスパイ、ギュンター・ギョームとの関係を軸に、当時の政治の世界が描かれていくんだけど、今の日本にいるとスパイとかそういうことって想像ができないだけに面白い。
それにしても、シュミット首相の前がこの人だったとは知りませんでした。
東西統一の殆どはこの人がまとめていたのに、何となく抜けちゃう政治家っているんですよね…。

かなりまじめにまじめに描かれた舞台だったんだけど、このストーリーでも三谷幸喜さんとかが演出しなおすと、もっとコメディタッチになってそれはそれで面白かったかもね…何て友達とは話しながら帰途に着きました。

それにしても俳優さんたちが台詞を喋らないシーンにも関わらず、ずっと出ずっぱりになってます。首相室を描いているので、机に向かっているんだけど、台詞のない間、彼らは何をしていたのでしょうか?何か悪戯書きでもしてたのかな?稽古のときと同じでずっと他の役者の芝居を見ている。普通の芝居よりも気を張っていなければならなそう…。
凄いですねえ。

鹿賀丈史さんの声、とても素敵でした。
あと、藤木孝さん、いつものようにイヤ~な感じの狡猾さが素晴らしい!
今回のお気に入りはギョームと東の連絡役を演じた今井朋彦さん。飄々とした感じが良かった。

by dobbymylove | 2005-03-19 10:42 | Theater

どび~風明太子スパ

b0034574_9581811.jpg
 しょっちゅう作っているのに一度も載せていないことに気付いた【明太子スパ】。おや~?と思って作ってみました。
これまたフードプロセッサーがあると、あとはパスタを茹でるだけです。(笑)

作り方は
1.鍋にお湯を入れて、塩少々で、パスタを茹でます。このパスタにはペンネがお薦め。
2.フードプロセッサーに明太子をそのまま入れて、そこにちょっと大目のオリーブ油を注ぎます。あと、すり胡麻をドバドバ入れます。それでガガガ~。ソースはこれで出来上がり。
3.茹で上がったパスタと(2)のソースを混ぜます。その上には、韓国のりと大葉をた~っぷりとかけて出来あがり。

韓国のりと大葉は、クッキングばさみで5ミリぐらいに切っちゃうと簡単です。だから、この料理、まるっきり包丁を使いません。
でも、今日のはのりと大葉が多すぎたかも…。これぐらいあった方が美味しいんだけど…。見た目が…。(とほ)

どび~風なところは、バターを使わずにオリーブ油だけで使うところです。ちょっとヘルシー?って思ってます。
この【明太子パスタ】を食べると、ほかのパスタはちょっと油っぽい気がします。だから、好き好きかもしれませんね…。

by dobbymylove | 2005-03-19 10:06 | Cooking

さといもの甘辛香酢あんかけ

b0034574_2245064.jpg
本日は久しぶりのおかずを作ってみました。
題して【さといもの甘辛香酢あんかけ】(写真はできたてホヤホヤで、湯気がたってます)。
これまたいつものようにと~っても簡単。それに、このあんかけを豆腐にかけたり、白身魚を焼いたものにかけたり、豚肉+蒸したキャベツなんかにかけても美味しいです。食材によって、ゆるみ加減を変えるとGood!

さてさて、作り方は
1.じゃ~ん。最近は料理が簡単になりました。なんと、冷凍のサトイモを使用しちゃいます。それをサラダ油+胡麻油を深さ半分ぐらいに入れたフライパンで、じっくりじっくりと揚げます。
火加減は中火ぐらいで5分~10分ぐらいはかけて揚げましょう。
2.隣のコンロで、麺つゆ+香酢+みりん+日本酒+細葱のみじんぎり+すりごまをこれまたことことと煮詰めていきます。いい具合に煮詰まったら、七味唐辛子+水で溶いた片栗粉を入れてあんかけ完成。
3.(2)の鍋に、揚げあがった(1)のサトイモを入れて混ぜ合わせたら、できあがり!

ほ~ら簡単!ご飯が進むこと請け合い。香酢が嫌いだったら、抜いちゃっても大丈夫。和食の味です。
麺つゆを使っているので、味が濃い目になるので量の加減には気をつけた方がいいかな?
さてさて、明日は何を作りましょうか…。

今日のショックだった一言。
”Poor English"
どび~の書いた英語に対してネイティブでない日本人が書いた言葉です。
自分ではわかっていても、他人に言われるときついね…。流石に…。 

by dobbymylove | 2005-03-14 22:16 | Cooking

ロングエンゲージメント

b0034574_22121674.jpg
無事に見てまいりました。ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作『ロングエンゲージメント』。

Flixのサイトの説明を引用すると…。

ストーリー: 軍法会議で死刑を宣告された5人の兵士は、敵との中間地帯に放り出される。その兵士の1人にマチルダ(オドレイ・トトゥ)が愛する恋人・マネク(ギャスパー・ウリエル)が含まれていた。5人の兵士は死んだとされているが、マチルダはマネクの消息を追う。

ジュネは凄い!どび~はやっぱり好きです(一番好きなのは『デリカテッセン』)。
一言で言うとこの映画、「第一次世界大戦版『アメリ』」かもしれない。
だから、好きじゃないって人もいるらしい。
どび~がジュネが凄いって思ったのは、彼が戦争の悲惨さ&残酷さって言うのはグロい程に描いていて(ま、そこは『デリカテッセン』の監督ですから)、それでいてオドレイ演じるマチルダが恋人のマネクを本当に、本当に信じ続けるところをファンタジーに描いているところ。
だってさ、たぶん原作通りに描いたら、全然違う印象の戦争映画になってたと思うもん…。
(ごめんなさい。ココは原作読んでないのでかなりの推測です。でも当たってると思うんだよね。)
描き方はとことん『アメリ』。不思議ちゃんです。はい。「~だったら、マネクは生きている」って賭けをするとことかね…。
それがジュネっぽ~いって思う程。
あと、マチルダの部分が描かれている時代の衣裳とか、美術は最高におさ~れ!
素敵!素敵!(元・Olive少女にはたまりません。)

ジュネ映画の常連さんのドミニク・ピノンも忘れてはいけません。
今回はマチルダの叔父さん役。相変わらず、コミカルでありながら愛情豊かな感じは彼じゃなきゃね…。

あと、びっくりしたのが久しぶり?って感じのジョディ・フォスターが出演してました。
得意のフランス語を駆使して…。きっとジュネの大ファンなんだろうね。
だって、最近ほかの作品に出てないもんね。監督はしてるみたいだけど…。
重要な役なんだけど、ちょっとだけ…。パリに住んでるとかっていう噂もあったから、もしかしたら今後フランス映画出演が多くなるのかな?それはそれで楽しみ…。

だけど、オドレイはジュネ作品のときが一番光って見える気がする…。以前、イレーヌ・ジャコブがK・キエシロフスキ作品のときが一番良かったように…。

最後に今日の疑問。
●今日、映画館を出てびっくり…。出口の目の前で一組のカップルがキスしてました。
キスしてるのはイイんだけど、どうして出口の目の前?それも中央で??たぶん、映画の主人公の気分に浸っちゃってたのかな???端っこでもイイ気がする…。
●今日、タクシーに乗ったんだけど、降りるときまで900円だったのが、お金を払うときになぜか980円になりました。あれってどうなの???故意にそうしてるドライバーがいるらしいけど、何だかとっても不愉快…。どうにかならないのかな? 

by dobbymylove | 2005-03-13 22:38 | Movie

モンブラン

b0034574_1524441.jpg
 最近凝っているケーキ屋さんがある。それは【Toshi Yoroizuka】というお店。

恵比寿にある小さなお店だ。お茶も飲めるサロンもあるらしいのだけど、どび~はちょこっと行って、1つか2つ買って帰ってくる。
それにしてもインパクトのある名前だ。鎧塚である。
今日、お店に入ると結構混んでいた。
う~ん。TVとか雑誌にたくさん取り上げられているらしいので、その力たるやあなどれないと実感。
あ、そうそう、書こうとしたことはそんなことじゃない。
買わなかったんだけど、ひとつ気になるお菓子があった。【パトリス・ルコントも気に入ってくれた思い出の品です】とかなんとか…。
え?またまた?パトリス・ルコントって?と思ったが、ちょっと混んでいたのでお店の人には聞けなかったので、早速、ネットで調べてみた。
その鎧塚さんのことをである。
プロフィールを読んでちょっと合点。彼はパリでも修行をしていたらしい。そこでルコントに食べてもらったのかもね…。
今度、聞いてみよう!

さて、どび~が今日チョイスしたのは写真の「モンブラン」(写真は彼のサイトからの引用です、だって食べちゃった後だったんだもん)。

生クリーム好きには耐えられないほどの生クリームの量です。
見えないんだけど、マロンクリームの中は生クリームなのだ。
でも、そんなに甘くなくてぺロ!です。

ダイエット+アレルギーのあるどび~は甘いものが大好きなんだけど、月に一回ぐらいだけに留めようと思ってる(って、今月は大暴走中で既に2kgは確実に増えてます)。
だから、来月のお楽しみになるんだけど、来月は何を食べよう…。
ついつい同じものをチョイスしちゃうんだよね~。

by dobbymylove | 2005-03-13 15:36 | Restaurant