カテゴリ:Movie( 499 )

映画『アウェイクニング』

b0034574_18241778.jpg

映画『アウェイクニング』を観る。

監督:ニック・マーフィー
出演:レベッカ・ホール、イメルダ・スタウントン、ドミニク・ウェスト

1921年、第一次大戦後のイギリス。婚約者の死を忘れることができないフローレンスは、系統的かつ理論的に超自然現象の嘘を暴くことを生きがいとしていた。ある日、彼女の元に、ルークウッド寄宿学校から度々目撃される少年の幽霊騒動を調査してほしいという依頼が飛び込む。騒動はすぐに男子生徒のいたずらだと判明するが、フローレンスが学校を去ろうとしたその時、理屈では到底説明できない身も凍るような出来事に遭遇する。Cinemacafe


なんだろう…、このどこかで見たことがある満載の映画は…。

2012年7月28日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開

by dobbymylove | 2012-08-12 18:27 | Movie

映画『へルター・スケルター』

b0034574_18132749.jpg

映画『へルター・スケルター』を観る。

監督:蜷川実花
出演:沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、新井浩文、鈴木杏、寺島進、哀川翔、窪塚洋介、原田美枝子、桃井かおり

美・名声・金・愛、そんな欲望にまみれた芸能界で光り輝くトップスターへ上りつめた、りりこ(沢尻エリカ)。しかし、彼女には誰にも言えない“究極の秘密”があった…。全身整形で“つくりもの”の美をまとったりりこは、世間の突き刺さる羨望に灼かれながら、欲が渦巻く世界をめちゃくちゃに疾走していく――。Cinemacafe


いろいろと意見はあるらしいんですが、何はともあれ、エリカ様は素晴らしい。
あの大きすぎない胸、ぷりんんとしたお尻、そして長くてすっとした脚。
完璧です。

顔も完璧だ。

全身整形の役をやっている完璧なエリカ様…。

浮き沈みの激しい芸能界を舞台にした虚構の物語。

う~む。

病気になって休みたくなる気持ちもわかるってもんです…。

いや、病気じゃないって話もありましたが…。

2012年7月14日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-08-12 18:21 | Movie

映画『リンカーン弁護士』

b0034574_1854261.jpg

映画『リンカーン弁護士』を観る。

監督:ブラッド・ファーマン
出演:マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ウィリアム・H・メイシー

リンカーンの後部座席をオフィスにL.A.を慌ただしく駆けめぐるミック・ハラーは、金ずくで麻薬売人や娼婦の容疑を晴らす敏腕弁護士。ある日、資産家の御曹司ルイス・ルーレが女性への暴行容疑で告発され、担当弁護を依頼される。無実を訴えるルーレの身辺を洗っていくうちに、ミックが過去に担当した暴行事件と現行の事件とが酷似していることに気づき…。正義のために駆け引きを重ねた先には、驚くべき結末が待っていた――。Cinemacafe


今時な感じのする映画だ。
でも、アメリカではそこそこヒットしたらしいのと、続編の噂もあるらしい。
マシュー・マコノヒー、マコノヘー、まあどっちでもいいが、この俳優さん、海外では人気が高まった時期もあったけれど、日本ではどうもぴんとこない。
でも、こういう何て言うか俗っぽい役が似合うタイプなのねえ~と改めて思ったりして(笑)。

2012年7月14日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-08-12 18:09 | Movie

映画『さらば復讐の狼たちよ』

b0034574_17201415.jpg

今日の最後の映画は『さらば復讐の狼たちよ』です。

監督:チアン・ウェン
出演:チョウ・ユンファ、チアン・ウェン、グォ・ヨウ、カリーナ・ラウ、チェン・クン、フー・ジュン、チョウ・ユン

辛亥革命後、国は乱れ、暴力が全土を支配していた。盗賊のリーダー・チャン(チアン・ウェン)は列車を襲撃、乗っていた男(グォ・ヨウ)から「県知事になれば、金儲けできる」と聞き、知事になりすまして街へ赴任するが、そこは、人身売買と麻薬の取引で大金を稼ぎ、金と暴力ですべてを牛耳るホアン(チョウ・ユンファ)が支配する街だった――。Cinemacafe


この映画も、どび~のお気に入りです。

中国映画で~とか思うと難しそうに思うかもしれないけど、まったくそんなことのない大活劇なんです。

何よりもチアン・ウェン率いる7人組が、男臭くて、EXILEにしか見えない!

男臭さムンムンです。これまた、熱い、熱い!

決して、ハンサムな7人組じゃないのに、何とも色気が漂う男臭さ。

たまりません!

今の日本には少ない男っぷりです。あ、EXILEがいたか…。

是非とも、EXILEには見てほしいな~。

でも、邦題はやっぱり違ったなあ~。

2012年7月6日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-07-16 17:24 | Movie

映画『ラム・ダイアリー』

b0034574_16281264.jpg

映画『ラム・ダイアリー』です。

監督:ブルース・ロビンソン
出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、アンバー・ハード、マイケル・リスポリ、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ、アマウリー・ノラスコ、カレン・オースティン、アンディ・アンバーガー、ジュリアン・ホロウェイ、マーシャル・ベル

1960年、プエルトリコのサンフアンに、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降りたった。ニューヨークの喧騒に疲れ果てたケンプは、神経過敏気味の編集長ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)が運営する地元新聞「サンフアン・スター」紙に記事を書くためやってきたのだ。ジャーナリスト仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活すぐに馴染んだケンプは、ある日アメリカ人企業家のひとりであるサンダーソン(アーロン・エッカート)と出会う。そして、彼の婚約者・シュノー(アンバー・ハード)との偶然の出会いから、彼女の類まれなる魅力に夢中になるが…。Cinemacafe


映画の内容よりも何よりも、ジョニーDが長年連れ添ったヴァネッサ・パラディと別れて、この映画で共演したアンバー・ハードと付き合ってるってことの方が驚きです。

いやあ、ジョニーDとヴァネッサは別れないと思ってたんですけどねえ~。
びっくりです。

え?映画、何しろジョニーDが10年近くやりたいやりたいと思っていた映画ですから、良いんじゃないですか?

2012年6月30日より新宿ピカデリーほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-07-16 16:33 | Movie

映画『臨場 劇場版』

b0034574_16111942.jpg

映画『臨場 劇場版』です。

監督:橋本一
出演:内野聖陽、松下由樹、渡辺大、平山浩行、益岡徹、高嶋政伸

都内で無差別通り魔事件が発生した。だが、事件の実行犯は精神喪失が認められ、被害者遺族たちの願いも虚しく無罪となってしまう。その2年後――。事件で無罪を勝ち取った弁護士と、精神鑑定を行った医師が相次いで殺害される。警視庁と神奈川県警の合同捜査本部が立ち上がり、2年前の事件の被害者遺族に疑いの目が向けられた。そんな中、殺害現場に臨場した警視庁刑事部検視官・倉石は、死亡推定時刻に疑問を抱き、犯人が別にいると考える。彼が追った先にいた真犯人とは…?Cinemacafe


連続ドラマも見てました。
この映画版、ドラマよりも内野さんの男臭さを前面に出しております。
ちょ~ムンムンであります。肉食感バリバリです。役柄は亡くなった奥さんだけを愛する男性なんですけどね(笑)。

映画だからでしょうか?この題材。
精神喪失って何なんでしょうか?
実は過激などび~は前々から疑問に思ってました。
人を故意に殺してしまったとき(正当防衛は含まない)、それは加害者の精神が普通じゃないってことなんじゃないでしょうか?
それだけで精神喪失なんです。
だから、それを理由に無罪な~んてことはありえない…って気がするんですけどね…。
違いますかね?
とても不思議に思う法律なんですけど…。

それは、まさに今話題になってる「いじめ」問題で、複数がひとりを相手にしているとき、「けんか」だなんて判断する学校と同じ気がします。
違いまうかね?

2012年6月30日より全国にて公開

by dobbymylove | 2012-07-16 16:26 | Movie

映画『きっと ここが帰る場所』

b0034574_1556625.jpg

どび~一押しの映画『きっと ここが帰る場所』です。

監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド、ジャド・ハーシュ、イヴ・ヒューソン、ケリー・コンドン、ハリー・ディーン・スタントン、ジョイス・ヴァン・パタン、デイヴィッド・バーン

かつて絶大なる人気を誇ったロック界のスーパースター、シャイアン(ショーン・ペン)は、あるときを境に、一切表に出ない生活を送るようになる。しかし、そんな平穏な生活を送るシャイアンに、故郷・アメリカから「父危篤」の知らせが舞い込む。しかし生前の父に会うことは叶わなかった。父が、かつてナチSS隊員であったアロイス・ランゲを追い詰めるという宿望を持っていたことを知ったシャイアンは、ランゲを求め、アメリカ横断の旅へと出る…。Cinemacafe


この映画、大好きなんです。

簡単に言うと、自分探しの旅です。
主人公のシャイアンは似ても似つかないけど、MJ=マイケル・ジャクソンなんですよ、きっと。

彼は10代でスーパースターになってしまう。
それは自分の才能もあったかもしれないけど、周りの大人に作られたレールに乗っただけ。
そして、今では落ちぶれて、地道な生活を送る妻もいるけれど、引きこもってしまう。
そんなある日、父親危篤の知らせを受けて、父親の過去を探る=自分を探る旅に出る。

その途中で出会うのが、かつての友人でもあるデヴィッド・バーンで、彼が年取ったけどめちゃくちゃカッコいい!
そこで流れるのが、題名にもなっている「This Must Be the Place」って曲。

ちょ~カッコいい!

そして、そのときの台詞が良いんだ。正確には覚えてないけどね。
シャイアンが「君はすごいよ、アーチストだ」って言うと、
デヴィッドが「君だってスターじゃないか」って答える。
そうするとシャイアンが「違う、僕は周りに作られただけで、アーチストじゃない」って言うの。
自分で作ってるんじゃない。これは自分じゃない。
みたいなね。

映画を見た人の中にはわけわからない…とかいう人がいたけど、簡単に言うとそういうことなのさ!

2012年6月30日よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマライズほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-07-16 16:06 | Movie

映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

b0034574_15475944.jpg

映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』です。

監督:ロネ・シェルフィグ
出演:アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、ケン・ストット、ロモーラ・ガライ、レイフ・スポール

真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と、自由奔放で恋多き男・デクスター(ジム・スタージェス)。初めて会話を交わした2人は、惹かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ってみたり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩したり。そんなある年の“7月15日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられ――。Cinemacafe


久しぶりの恋愛映画って感じでしょうか~。

アン・ハサウェイ年取ったなあ~。相変わらずの美人だけど…。

男女の関係で友情はあるのか?

どび~はYESなんだけど、どちらかが恋愛の好意を抱いたら終わると思う。

ってことで、これってあり?

そして、どび~のまわりだけだけど、どうやら男性の方がぐっとくる率は高いらしい。

それも、男性の方が思い続けることが多いのかな?特に初恋?

2012年6月23日よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開

by dobbymylove | 2012-07-16 15:53 | Movie

映画『ネイビーシールズ』

b0034574_15414932.jpg

映画『ネイビーシールズ』です。

監督:スコット・ウォー、マイク・マッコイ
出演:米軍特殊部隊「NAVY SEALs」の兵士たち

ウサマ・ビンラディン暗殺を遂行した米軍特殊部隊「NAVY SEALs」。国家の最高機密作戦に従事する、過酷な訓練を通過できたわずか数パーセントの精鋭で組織される対テロの特殊部隊である彼らに新たなミッションが。内容は誘拐されたCIAエージェントの救出。しかし事件はテロ計画の入り口だった――。Cinemacafe


VIVA AMERICA! VIVA米軍!です。

まったもって、これを見たアメリカ人の何人が米軍に入りたいと思ったか?日本人でも自衛隊に入りたいと思った若者がいるんじゃないかな?ってぐらい、高揚させてくれます。

物語部分とかは弱いんです。
で?みたいな。

でも、違うんじゃないかな…。高揚ですよ、高揚。
来る来る来る来る~って思うと、ばばばば~って裏から助けに来るチームとかを見てると王道な戦争映画だなあ~って気がしたもの。

ま、実際に、米軍が入隊促進ビデオとして依頼したのが始まりっていうところを聞いちゃうと、やっぱり、どび~が最初に思ったVIVA AMERICA!ってのは間違いじゃなかったって思ってるんですけどね(笑)。

2012年6月22日よりTOHOシネマズ六本木ほか全国にて順次公開

by dobbymylove | 2012-07-16 15:46 | Movie

映画『ソウル・サーファー』

b0034574_15361966.jpg

映画『ソウル・サーファー』です。

監督:ショーン・マクナマラ
出演:アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド

ハワイの海とサーフィンをこよなく愛する少女、ベサニー(アナソフィア・ロブ)。13歳のとき、彼女はサーフィン中にサメに襲われ左腕を失ってしまう。一度はサーフィンと決別したものの、サーフィンへの思いを捨てられない彼女は、家族と支えで厳しい訓練に耐えながら、競技者としてサーファーの道を目指すことに。果たして、彼女はサーファーの頂点に立つことができるのか?Cinemacafe


実話なんですよね。
CGの力があるからこそ、自然に見える演技だったんだとも思うけど。

主人公のベサニーの性格と良い、家族の様子と良い、なんともアメリカーナな映画でした。

このバイタリティと前向きな心が大切なんだって思い出させてくれます。

こういう人がいるってことを美しく見られるっていうのも、映画の良いところなんじゃないかな?

2012年6月9日より全国にて公開

by dobbymylove | 2012-07-16 15:40 | Movie