それでも感じの良いカフェもある

b0034574_19283832.jpg

さっきはフランスのカフェの嫌なとこを書いたけど、もちろんそんな店ばかりではない。
今回どび~はパリでなく地方都市に来ている。
そのためか、アメリカや香港・ソウル・上海みたいにスターバックスやコーヒービーンズみたいなファストフード系のカフェが一切ない。
その分、所謂、カフェってやつが多い。
本物のカフェクレームを出してくれる。
さっき書いたモデルのウェートレスがたくさんいるところでなく、むしろ小さくてオーナーひとりでやっているところで美味しいところが多い。
そういうところは、すっと持ってきてくれて、放っておいてくれる。
そして珈琲は美味しい。
う~ん。
至極の時間が過ごせるわけだ。

どび~は今回、改めて2、3のお気に入りを見つけた。

ま、お店次第ってことだね。

by dobbymylove | 2010-05-21 16:27 | フランス

サービスの悪いカフェ

b0034574_19245595.jpg

どび~はまだフランスにいる。
と言っても、もう明日出発するけど。

どうにもこうにもサービスの悪いレストランがあるものだ。
フランスは結構そういう不満にぶちあたることがある。
まずオーダーを取るのに10分。
それもこちらから声をかけてから5分。
ウェイトレスは皆さんモデルのよう。
スタイル抜群、顔も美しい。歩き方だってモデル歩きで優雅だ。
そして自分の担当でないテーブルの客が手を挙げても見向きもしない。
皆さん、モデルか女優になりたくて声をかけられるのを待っているようだ。

そして、料理は別のサーバーが持ってきた。
結構すぐ!
しかし、パンを一緒に持ってこない。
サラダを頼んでいるのに…。
頼んでやっと持ってきたパンは硬くてカサカサだ。

酷いものです。

味は悪くはないが美味しくもない。

それでいて値段はサラダひとつで2000円!

お店の名前はMocca
もう2度と行かない。

by dobbymylove | 2010-05-21 13:17 | フランス

パリの地下鉄

パリに来た時、空港から市内に入るのにどうやって行くか。
タクシーがベスト。
次は?
地下鉄も可能。
バス?
場所によりけり。

どび~は今回、この地下鉄にやられました。パリの地下鉄は市内を網羅していて
便利に思えるけれど、路線によって駅と駅が一駅あるぐらい歩く羽目になる。そ
の上、エスカレーターが全てにあるわけじゃない。むしろない方が多い。そうな
ると同じ駅だと思っていたのに、5分、10分歩くことになる。
そんな時、重いスーツケースを持っていたらたまらない。
だから、パリ旅行の時は空港から市内へはタクシーに乗るのがベスト!

ただ、市内観光では地下鉄が頼みの綱だけどね。
市内でタクシーを停めるのは至難の技だから。
タクシーはいるけど、空車がいません。
だから、乗換えで駅の中を歩くことになっても諦めるしかないかな…。
ふううううう~。

by dobbymylove | 2008-05-24 10:16 | フランス

オルセー美術館

b0034574_1085777.jpg

今回、久しぶりにオルセー美術館に行ってきた。
ここって何故か二番手な感じがする。
だからかな、どび~も久しぶりです。
でも、建物が元々駅だったりして、どび~はルーブルよりも好きです。
美術館に来て思うのは、その時の心情によって、好きな美術品が変わったりすることがある。

ずっと昔、どび~は油絵を描いてました。その頃はミレーみたいに透明感のある絵を描くにはどうしたら出来るかばかりを考えて絵を見てた。
その後、ボストン美術館に行った時は、長い旅行で日本恋しさからかアジアのものに惹かれて、インドの細密画をずっと見てたものです。あと、ドガの踊り子を見て、一目惚れ。

その後は、ピカソの子供の頃のデッサンの凄さに天才と凡人の差を思い知り、前にも書いたけど、オランジェリー美術館でモネを見て感動し、上海美術館で中国家具に恋し、故宮博物館では白磁・青磁の美しさにうっとりしたりしました。

さてさて今回はと言うと、実を言えば特になし。
洋画で言うと、やっぱりピカソ、モネ、ドガがどび~のお気に入りかな…てな感じ。

あ、写真は美術館にいたシロクマくんです。

by dobbymylove | 2008-05-24 10:13 | フランス

パリのレストラン

今パリに来ています。

今回も滞在はとても短いけれど、充実してます。
メインはふたつあったけど、取り敢えずこなせました。

今回最も気に入ったレストランがここ。
La formi ailee
b0034574_1042133.jpg

場所はノートルダム寺院前に左岸にある小さな公園脇です。
ベジタリアンであるどび~はレストランを前もって調べておきます。
そうしないとサラダの連続ですからね。まあ、それでも美味しければ良いのですが、大概シーフードとかが入るので、極力ベジーなメニューのあるところを調べておきます。
ここもそんなところです。
もちろん魚も肉もあるみたいですが、ベジーもいくつかありました。
b0034574_105692.jpg

どび~のチョイスは豆腐ラザニア。
ちょっと塩気が強いのがたまにキズだけど、お店の雰囲気が素敵で、東京にもほしいぐらい。
b0034574_1054075.jpg

黄色のソファーを中心に、壁には本棚と絵画がインテリアとしておしゃれです。
中二階にも席があって、そこは窓から陽射しがさんさんと入って、気持ちがよさそうです。

料理はだいたい10ユーロ前後。
デザートも入れると3000円ぐらいになります。
パリのレストランはカジュアルでもこのぐらいと思ったら方が良いかも。

La fourmi ailee
住所 8, rue du Fouarre 75005 Paris
アクセス Maubert mutualite駅から徒歩3分
TEL 01-43-29-40-99
営業時間 12:00-0:00
休業日 12月31日、1月1日
対応言語 英語OK

by dobbymylove | 2008-05-24 09:58 | フランス

巡業終了

本日、午後1時頃に成田到着!
朝は寝坊するわ、何だかなあ~。
まあ、もともとお土産を考えていない旅でしたが、本当になあんもなし…。
何だかなあ~。

さて、我が家に到着して、早速体重チェック!
何だか痩せたかしらん~と思いつつも、帰国後にファミレスでストレス解消とばかりにバクバクと食べたどび~です…。
やはり…。変化なし…。

な~んだ…であります。

本当にねえ、この1キロが減りません…。

どういうことでしょうか~。

運動かなあ?
でも、確かに巡業中は歩き回っていたので、運動量が非常に多かったのは事実。
それを考えると、食欲の増す秋冬、運動は必要ですなあ~。

さてさて、毎日歩いてみますか…。
でも、荷物があるとねえ~。

by dobbymylove | 2006-10-18 23:22 | フランス

フランスから韓国へと巡業中…。

おいおいであります。
昨日、成田に着いたと思ったら、2時間後には韓国行きの飛行機に飛び乗ってました…。
というわけで、現在、韓国入り。
どうにもこうにも、「巡業」というのがピッタリの旅ですわ~。
どび~にとっての旅のメインとなるショッピングも、今回のフランスの旅ではユーロが高くて収穫ゼロです。(あ、でも成田空港でちょっと買っちゃいましたけどね~。)

フランスのグルメの続きとして面白いところに行っていました。
それは、モロッコ料理!
それもベリーダンス付きです。
まあ、メインはクスクスなんですが、味はとてもおいしかった。
しかし、どび~にとってのネックはクスクスが小麦粉だったこと!!!!!
Oh, No!!!
気づいた時には時遅く、顔中がかゆいやら、胃の中がなんとなく重いやら(あ、これは食べすぎ?)。
ということで、思いのほか、小麦粉を食べ過ぎると大変なことが待っていることが証明されてしまいました。とほほ。
でも、モロッコ料理は美味しかった。
たぶん、そこのお店が美味しかったのかも…。

さてさて、韓国!
焼肉の国です。豚・牛のNGどび~はどうやってこの国を乗り切ることができるのか…。
さあ、ご期待!

by dobbymylove | 2006-10-14 06:14 | フランス

フランスでのお食事

今回、デジカメを持ってきていないこともあり、楽しい食生活を記録になかなか残せないのですが、文字だけでも残しておきましょう。

と言っても、アジア圏よりも欧米圏の方がどび~にとってはなかなか至難の業なのです。
何しろ、豚・牛は食べないわ、小麦粉もほっとんど口にしないのですから、パンも、パスタも、ピザもNGと来まして…。とほほです。

そんなどび~は毎日、朝はこんな感じ。

* カフェオレ2杯
* プルーンを8粒ぐらい入れたヨーグルト(Belowな話ですが、これぐらいプルーンを入れてもどび~のお腹はうんともすんともしません。はい。)

普段はこれだけですが、今日はチーズ一枚とリンゴのすりおろしたのがあったのでそれを食べてみました。かなり苦しい~。

そして、昼。
まあ、バラエティに富めるはずですが、基本はサラダ。
ここに来て3日目。
1日目はニース風サラダ
2日目はアボカド入りのベジタリアンサラダでした。

しかし、農業国フランスのサラダをなめてはいけません。
だいたい2000円弱するんですが(まあ、それも高いよね、良く考えると)、大皿1人枚。
正直言って、サラダだけで充分です。
しかし、そこはどび~です。ついついフレンチフライを頼んでしまい、みんなでシェアしてます。
このフレンチフライっていうジャンク具合がほしくなるんですね。(笑)

そして夜。
1日目は中華でした。愛想の悪いウェイトレスの対応により、しばらく待たされた後に来たのは、もやしの炒め物、卵焼き、酢豚の海老版、そして白いご飯。
本当は生春巻きも注文していたのに、なぜか届かず。
はははは。
そこがフレンチたる所以でしょうか…。
2日目は、早めにチョコレートフォンダンなる甘いお菓子を食べてしまったので、スキップしました。正直言って、それ以上は必要なかったぐらい…。

さて、今日はどうなりますやら?
昼はまたもやサラダかな?

by dobbymylove | 2006-10-10 15:45 | フランス

オランジェリー美術館

b0034574_16493328.jpg
今回のパリ滞在の最大かつ唯一の目的はオランジェリー美術館を訪れること。
ここはどび~の最も好きな美術館なのだ。

15年近く前に一度行って、そのときの感動がどうしても忘れられなかった。
でも、その後、再度訪れたら改築中。
それからパリを訪れることもなかったので、とうの昔に改築が終わっていると思っていたら、なんとつい最近(それもこの5月)に再オープンしたことが判明。
それも、何とパリ再訪を決めた後にわかったという次第…。う~ん。これまた運命…。

何でまたそんなにも長く工事が続いていたかというと、16世紀の城壁の遺跡が工事現場で発見されたからとのことだそうです。
さてさて、オランジェリー美術館に到着したのが午後1時半。それでもって入場できたのが3時前…。
そうなんです。
再オープンしたオランジェリー美術館を楽しみにしていた(?)観光客が大挙押しかけていました。
実は、本当は予約が取れたらしい…。
1時、2時、3時、4時、5時と数名ずつ入られるという仕組み…。
そうすればこんなにも並ばずにすんだのに…。ちょいと調査不足でした。(sigh!)

さてさて、どうしてどび~にとってオランジェリー美術館が最もお気に入りかを書きます。
前は「睡蓮」の部屋が半地下にありました。
ちょうどその日は雨が降ってて、半地下の「睡蓮」の部屋にいてフランス人たちの囁き声がまるで雨音のように聞こえて、自分が「睡蓮」の池の中にいるように感じられた。
そんな感動を覚えたのが忘れられなかったんだ。

今回、また「睡蓮」の部屋に行きました。工事によって、部屋が地上に出てきて、1つだった部屋がふたつに増えていました(確か、そうだと思う)。
やっぱり感動!ただ、半地下から地上に出たことによって、囁き声の反響が減ってしまっていた…。ちょっと残念…。
やっぱり、最高の感動は一度きりなのかも…。

まあ、やっぱりオランジェリーがどび~の最も好きな美術館であることには変わらなそうですけどね…。

by dobbymylove | 2006-05-28 23:18 | フランス

パリでのお食事

どび~の旅行といえば食事です。
何しろ、今回のフランス旅では前半戦がまるっきり食生活に恵まれていませんでしたので、パリでちょいと楽しんで見ました。

まずは、サロン・ド・テでランチを食べました。
Laduree
住所: 21 rue Bonaparte 75006
TEL: 01 44 07 64 87
営業時間: 8時半~7時半 (日:10時~7時半)
無休
b0034574_2252623.jpg

サンジェルマンにあるここは人気店の「ラデュレ」の最新ショップらしいです。
オリエンタルちっくなパノラマ壁画がかかる中、小さなテーブルが並んでます。
ちょっとウェイターのサービス度合いに差があるかもしれません。
無愛想極まりなくて、目線を合わせないようにするウェイターもいました。そこがフレンチ?でも、サービス業だろう~って叫びたくなるんですよねえ~。
b0034574_2275280.jpg

どび~が食べたのは蟹とメロンのサラダです。
ちょっと塩が強かったんですが、それはどび~がまぜまぜしなかったのが原因みたい。
メロンとの調和は絶妙なので、まぜまぜしちゃった方が良いと思います。
b0034574_228616.jpg

さて、デザートは濃厚なチョコレートパフェ!
絶品ですわ、コレ。毎日食べたいけど、食べたら大変です…。

夜はビストロ。
La Ferrandaise
住所: 8 rue de Vaugirard 75006 Paris
TEL: 01 43 26 36 36
営業時間: 12時~14時半、19時~22時半(金土は24時まで)
休日: 土の昼、月、日

場所はオデオン座の裏になります。
小さなお店には30名ぐらいが入れるでしょうか?
夜は基本はコースで、何種類かから前菜、メイン、デザートが選べます。
それでお値段は€30です。
あと、ワインとか、水とか、コーヒーとかで、大体ひとりあたり€50ぐらいでしょうか?まあ、ワインの量と質次第でお値段は変わってきますね。
b0034574_21583068.jpg

まずは、お豆とフォアグラのスープです。かなり濃厚でした。これだけで満足って感じです。
b0034574_21584414.jpg

お肉を食べないどび~はメインにお魚をチョイス。白身魚です。ソースはフォンドヴォー?みたいな感じで、結構これまた濃厚。でも、白身魚がそれを抑えてくれてます。
b0034574_2159092.jpg

最後のデザートはタルトタタンです。小麦を控えているどび~はこれのリンゴの部分だけを頂きました。
残念ながら、これをすべて食べきることは不可能でごじゃいました。でも、美味しかった~。満足。

そして、最後に食べたランチはマレにあるカフェ。
その名もOpen Cafeというオープンカフェ。
住所をメモルのを忘れたのですが、rue des Archivesにあります。
ここのウェイターはゲイっぽいですが、ちょっと可愛かったです。
b0034574_2220134.jpg

どび~がチョイスしたのは日替わりメニュー。
ダックのポテトグラタンでした。これにグリーンサラダがつきます。
€9ぐらいだったかな?まあ、手ごろですね。

それにしても、パリの食事は東京よりも高いかもしれません。特に、ユーロとの換金率によるとは思うんだけど、今パリ旅行をする場合は、美味しいものにしても、ショッピングにしても割高になるかも…。クレジットカードの請求が恐ろしい~。

あとで、オランジェリーの感想を書きます。

by dobbymylove | 2006-05-28 22:23 | フランス