カテゴリ:Theater( 81 )

舞台『渋谷・コクーン歌舞伎 第十三弾 天日坊』 @ シアターコクーン

b0034574_1764720.jpg

『渋谷・コクーン歌舞伎 第十三弾 天日坊』を観ていました。
こちらは7月7日に千秋楽を迎えていますね。

以前、『天日坊』は中村勘三郎さんの主演で観たと思ったのですが、それは『法界坊』でした!
なんてこった…。

それもそのはず、
第十三弾となる今回は幕末に上演された河竹黙阿弥の作品「五十三次天日坊」が、宮藤官九郎の脚本でコクーン歌舞伎に登場! なんと舞台にのるのは初演の慶應3年(1867年)以来、実に145年ぶりという演目です。
宮藤官九郎の脚本、串田和美の演出・美術、2012年2月に六代目を襲名した中村勘九郎がタイトルロールを勤める『天日坊』は見所満載!


おいおい、145年ぶりだと…。見てるわけないじゃん!

でも、内容は頼朝のご落胤とかなんとかで、なんとも時代劇ではよく見るテーマです。
意外と、というか、かなりの時代劇好きのどび~にとっては何とも馴染み深いものだったというわけですな。

勘三郎さんの癌告知の直後だったので、今思うと何となく別の意味で感慨深い舞台でした。

勘九郎さん、七之助さんと若手の世代の成長が素晴らしい、中村家。
それでも、やっぱり勘三郎さんの舞台は見たいと思わせられちゃう。
これこそカリスマってやつなのかもしれません。

by dobbymylove | 2012-07-16 17:18 | Theater

コンサート『SUPERSHOW4』 @ 東京ドーム

b0034574_13504081.jpg

先週の土曜日のことですが、東京ドームに行ってきました。

K-POPスターのSUPER JUNIORの単独コンサート『SUPERSHOW4』を観るためです。

最初に書くと、どび~はK-POPファンではないですし、SUPER JUNIORのファンでもないんです。
ある種のおつきあいで行ってまいりました。

ということで、ニュースでも2日間で11万人動員と言われているのに対して、「本当に11万人?」「上の方とかガラガラなんじゃないの?」と言った揶揄するコメントが書かれていたりしましたが…。
b0034574_1522379.jpg

行ってみるとわかります。
11万人はいないかもしれませんが、その人数に違わないぐらいの動員です。
満員でした。
それも即日SOLD OUTだったらしいです。

すごい人気なのが実感できます。

年齢層は所謂、韓流ドラマのファンのおばちゃんたちは4割いるかいないかでしょうか、若いです。
10代、20代が大半でした。

でも、男子はわずか。なので女子の嵐なんです。
すっごい女子の数です。
殆どの人がグッズを買って、SUPER JUNIORの紙袋を手に、タオルを首に巻いていました。

圧倒されます!

そして、コンサートが始まる前から、配られていた青いペンライトが東京ドーム中を埋め尽くして、それはそれはきれいな光景でした。

これが彼らのパワーなんですね。

どび~が一番好きだったのは、Kyuhyunが歌った「奏」。
スキマスイッチの名曲を日本語で歌った時は、いやあ感動しました。
思わずうる…でした。

ぜひともアルバムに入れてほしい!

by dobbymylove | 2012-05-20 14:11 | Theater

舞台『ロミオとジュリエット』 @ 赤坂ACTシアター

b0034574_13241478.jpg

舞台『ロミオとジュリエット』を観た。

シェイクスピアの傑作戯曲『ロミオ&ジュリエット』。愛にすべてを捧げた若い二人の恋物語は、時代と国境を越え、これまでに数えきれないほど上演され続けてきました。そんな恋愛悲劇の最高傑作“真実の愛の物語”が、2012年春、幕を開けます。

ロミオ役を務めるのは、今最も注目の若手俳優であり、本作で初舞台・初主演を飾る佐藤健。ヒロインのジュリエット役には、若手実力派として輝かしい実績を積む石原さとみを迎えます。演出を手掛けるのは、シェイクスピアの本場であるイギリスの演劇界で近年、大きな注目を浴びている若手舞台演出家、ジョナサン・マンビィ。日本とイギリスの〈NEXT GENERATION〉をリードする3人が、東京・大阪で約6万人もの観客の心を揺さぶる『ロミオ&ジュリエット』に、新たな息吹を吹き込みます──!


ストーリーは誰もが知っている『ロミオとジュリエット』です。
但し、時代設定は現代風。

主役を演じるのは佐藤健くんと石原さとみさん。

佐藤健くんは若いロミオにぴったりでした。
ただ、石原さとみさん…。
どうなんでしょうか、あの演技…。
キンキンした声で、いつもと同じような話し方…。
ちょっとイラっとさせられます。

でも、なんとなく男の人は可愛いと思えるのだろうなあ…という魔性みたいなものは感じました。

なんとなく、彼女の話し方のせいで、ちょっとお遊戯のような感じがしてしまったのはどび~だけでしょうか?

劇中歌を多和田えみという歌手が歌っています。
この人の声が素晴らしい!
この人はもっと出てきて良い気がします。

by dobbymylove | 2012-05-20 13:38 | Theater

舞台『平成中村座 四月大歌舞伎 小笠原騒動』

b0034574_10172979.jpg

舞台『平成中村座 四月大歌舞伎 小笠原騒動』を観ておりました。

観たのはなんと4月7日。
隅田川の周りは桜満開です。
b0034574_10245747.jpg

b0034574_10255083.jpg

如何にブログを書いてなかったってことだなあ…。

どび~は着物を着て行ってみました。
浅草からもちょっと遠いし…、とひと駅でタクシーに乗ってみたんです。
そうしたら、このタクシーの運転手ったら、平成中村座の場所はおろか墨田公園の場所すらちゃんと把握してなくて、ぐるっぐる廻られちゃいました。
その上、お花見シーズンで道は混みまくり…。
ほぼ20分近く遅刻…。
なんてことだ、着物で10分ぐらい小走りする羽目にもなり、ちょっと散々な観劇だったんです。

でも、舞台自体は最高でした。

特に、新・勘九郎の悪役っぷりは良いですねえ。
今後も楽しみです。

ただ、それにしても橋之助さん。
2月にも思ったんですが、太りすぎじゃない?

あと、橋之助の息子さんは何度観ても……かなあ…。
声がねえ…。
一緒に行った敏ちゃんは、まだ高校生だから…って優しく見てあげてたけど…。
どび~は疑問だなあ…。
と辛口に言っておきます。

by dobbymylove | 2012-04-28 10:32 | Theater

舞台『中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎』

b0034574_21443134.jpg

どうもブログを書くのを忘れがちになっている。
気分が落ちてるからなあ~。良いことないし…。
正直言うと何もかも投げ出したくなってるし…。

そんな中、舞台『中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎』を観てきました。
夜の部です。

一、御存 鈴ヶ森(すずがもり)
二、六代目中村勘九郎襲名披露 口上(こうじょう)
三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
四、ぢいさんばあさん

メインはなんと言っても今回は口上でした。

勘九郎さんを囲む面々の幹部たちの凄いこと。
どび~の贔屓の吉衛門さんも見守っていました。
それから、三津五郎さんでしょ、仁左衛門さんでしょ、勿論、彌十郎さん、橋之助さんもいました。
それぞれが、面白おかしくエピソードを語って、盛り上げてくれます。
それが本当に愛情あふれてます。

勘九郎さんは幸せですね。

本当に素晴らしかったです。

お芝居は「ぢいさんばあさん」という何とも地味なもので…。
ま、やっぱりメインは口上だったってことですね。

by dobbymylove | 2012-02-22 21:53 | Theater

舞台『90ミニッツ』 @ PARCO劇場

b0034574_22511453.jpg

本日、舞台『90ミニッツ』を観てきました。

三谷幸喜さんの新作です。
その名の通り90分の舞台です。

<キャスト&スタッフ>
作・演出:三谷幸喜
出演:西村雅彦、近藤芳正

三谷幸喜が今年で50歳になることを記念し、年始より催されていた三谷幸喜大感謝祭のラストを飾る舞台「90ミニッツ」。
1996年に初演された「笑の大学」以来15年ぶりとなる西村雅彦・近藤芳正の二人芝居で、
「倫理」をテーマに、立場からぶつかり、葛藤する男ふたりが言葉でぶつかる会話劇とのこと。


交通事故で重傷を負った息子の輸血を伴う手術を拒否する父親と、承諾書がないと手術ができないためその父親を説得しようとする病院の整形外科副部長の二人芝居。

どこかで聞いたことがある事例を基にお互いの主張が繰り広げられる。

何と言うのだろう、あまりにも普通のどび~にはあれやこれやと主張する父親には辟易とされるものの、この世の中というものがある種の矛盾に満ちたものであることを改めて気づかされる。
つまり、あまりにも極端な生き方はこの世の中では生きづらいということだ。
正しいと思うことにも常に疑問を持ち続けることが必要だ。
その正しいと思うことは、他方から見たら正しいこととは言えないことがあるのだから。

この舞台では西村雅彦演じる片方は、最後の最後に自分の意志を貫く。
それは自分の信念を曲げることになっても。しかし、彼は他方を憎むことはないと告げる。
むしろすがすがしいと。

そこに倫理が存在する。
倫理とは、「道徳 - 社会慣習として成立している行為規範」ということだ。
その社会とは、この二者の間ではもちろん片方にのみ存在するもののみなのだけれど。

もしも他方の倫理が存在する社会だとしたら、この物語の終わり方もまた違うものになっていたということだ。

そのぐらい、この世の中=社会は、矛盾だらけなのではないか?
と思わせるほど、三谷幸喜の書いた脚本は、相変わらずああ言えばこう言うというものだった。
う~ん。
三谷幸喜と一緒に暮らすと、毎日毎日、ああ言えばこう言われるのだろうか?
そう思うと、小林聡美という女優がいかに大変な毎日を送っていたかが、何となく想像されてしまった…。
でも、夫婦でなくて友達だとしたら、それもたまに会う友達なら楽しいかも。
ちょっと疲れる気もするけど…。
まあ、それは余計なお世話なのだけれど…。

by dobbymylove | 2011-12-16 23:16 | Theater

舞台『髑髏城の七人』@青山劇場

舞台『髑髏城の七人』を観てきた。
この舞台は
7年前の日生劇場
以来の再演だと思う。
b0034574_12393461.gif

今回は小栗旬 森山未來 早乙女太一 小池栄子 勝地涼 仲里依紗 という若手人気スターの競演です。
2004年のときは、<アカドクロ><アオドクロ>の2バージョンで上演された。

<アカドクロ>
玉ころがしの捨之介/天魔王:古田新太
ぺてんの沙霧:芳本美代子
極楽太夫:高田聖子
抜かずの兵庫:橋本じゅん
無界屋蘭兵衛:粟根まこと
裏切り三五:河野まさと
服部半蔵:川原正嗣
贋鉄斎:梶原善

<アオドクロ>
玉ころがしの捨之介/天魔王:市川染五郎
沙霧:鈴木杏
無界屋蘭兵衛:池内博之
極楽太夫:高田聖子
カンテツ:三宅弘城
裏切り渡京:粟根まこと
うなずき才蔵:川原和久
贋鉄斎/服部半蔵:逆木圭一郎

どうなのだろう?
今回思ったのは、ちょっと重みがなかったかな…。特に前半。
玉ころがしの捨之介=小栗旬、天魔王=森山未來とするよりは、天魔王は古田新太さんにやってほしかったなあ~。それで、今年も小栗旬版と森山未來版の2バージョンに分けてやってもらったのを見てみたかったなあ~。
まあ、そうするとあまりにも体型が違うから最後がバレバレなのか…。
ふたりと前半特に声の張りが弱い話し方だから、重みがないんだよねえ~。
あ!堤真一さんが天魔王やればよかったのに~。
どうかなあ…。

でも、後半の見応えはばっちりでした。
そんな中で、今回の素晴らしいのは早乙女太一くんです。
この人は、本当にハマっている。
太刀まわりは、他の人とは違う。美しい。軽やか。
森山未來さんもダンスをしていたから、もっとどうかな?と思ったけど、やっぱりダンスと太刀まわりは違うみたいですね。

素晴らしい!

by dobbymylove | 2011-09-23 12:39 | Theater

舞台『レッドクリフ 戦』 @ 青山劇場

b0034574_22385531.jpg

青山劇場で行われている舞台『レッドクリフ 戦』を観てきました。

なんと、どび~の甥っ子・プリンスが初舞台を踏んでいるんです!!!
パンフレットに名前や写真も載っているんです。
まあ、役柄としてはまだまだキャラクターが立っているわけではないんですけどね。
それでも、叔母であり、ファン1号であるどび~にはわかりましたよ。
本当はオペラグラスを持って行くんだったってちょっと後悔。
頑張れ、プリンス!

さてさて、舞台の方は…。
三国志の中の曹操の戦いの歴史を3時間にまとめるには無理がありすぎです。
映画のように、どこかに焦点を置くべきだったんじゃないかなあと思いましたけどね。

ま、プリンスの舞台人生が長く続くことを祈って!
良かった、良かった。

by dobbymylove | 2011-08-18 22:46 | Theater

舞台『盟三五大切(かみかけて さんご たいせつ)』@ Bunkamuraコクーン

b0034574_1925553.jpg

コクーン歌舞伎『盟三五大切(かみかけて さんご たいせつ)』を観劇。

盟三五大切(かみかけて さんご たいせつ)は、四代目鶴屋南北による歌舞伎狂言。文政8年9月(1825年10月)に江戸の中村座で初演。歌舞伎の演目としては世話物に分類される。
歌舞伎作品の中でも、当時(大まかな時代として江戸時代)の出来事を扱う世話物であるこの作品は、『東海道四谷怪談』の後日譚、並木五瓶の『五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)』の書き換え、『仮名手本忠臣蔵』の外伝としての性格を持つ物語が展開される。
『忠臣蔵』で有名な不破数右衛門が薩摩源五兵衛に身をやつし金策をする中、逆に三五郎(実は徳右衛門倅千太郎)に百両を騙し取られ、凄惨な殺人鬼と化してしまう。そのような源五兵衛が元の数右衛門に戻って、晴れて討ち入りする結末に、南北の武士社会への皮肉が表現されているとされる。
本作が作られた事情は、「四谷怪談」が大当たりのさなかに主演の三代目尾上菊五郎が太宰府参詣のため中村座を退座してしまい、困った関係者が作者南北に急きょ作成させたことにある。小規模な作品だが綿密な構成、凄惨な殺し場に満ち、しかも喜劇の要素も絡ませるなど南北の作劇術の才能が溢れた作品で、「四谷怪談」とともに評価が高い。


タイトル…。読めない。
鶴屋南北ったら…。
っていうか、13年前にも上演してたらしいけど、見てたのかしら…?
結構毎年見てるんだけど…。
見逃しているのもあるからなあ~。

今回は勘三郎さんが完全復帰前ということもあって、出演者は中村橋之助、尾上菊之助、中村勘太郎、
坂東彌十郎、片岡亀蔵、笹野高史、坂東新悟、中村国生。
完全復帰前ということですが、ちょっとサプライズはありましたけどね…。
ふふふ。

演出が串田和美さんということもあるのか、より歌舞伎と現代小劇場演劇の融合ということでしょうか…。
音楽がなんとも実験映画のようで…。
びっくりしました。
でも、その音楽がなんとも物語の持つ不条理さを際立てていると言えば際立てていて…。
マヌエル・オリヴェイラを思い出してしまった…。
悲しく、切ない人の世と繋がり。
う~ん。深い…。
でも、ま、歌舞伎ってこういう話が多いかな?

それにしても勘太郎さんの声やしぐさが、なんとも勘三郎さんに瓜二つ…。
親子って怖いです。

親子と言えば橋之助の息子の中村国生さん。
高校生なんですね…。
それなのに、あの声…。
何とも子供のような…。
もっと痩せて女役の方が似合うのでは?
というか、なんとも…。

by dobbymylove | 2011-06-11 19:38 | Theater

NYLON100℃ 36th SESSION 公演『黒い十人の女~version100℃~』

b0034574_15395777.jpg

NYLON100℃ 36th SESSION 公演『黒い十人の女~version100℃~』を先週観てきました。


映画は61年に公開された市川崑監督が生み出した日本映画のカルト的傑作。妻のほかに9人の愛人を持つテレビ・プロデューサーが、彼女たちに殺害を共謀される、というストーリーを、ブラック・ユーモアを交えながら描く。映画では岸恵子、山本富士子、中村玉緒、宮城まり子、岸田今日子など、そうそうたる女優陣が顔をそろえ、モノクロームで映し出されるスタイリッシュな映像は、未だ根強いファンの心をとらえて離さない。
今回KERAは「自己疎外の状態にある現代人の、『人間が人間でありたい』というノスタルジーの物語である。」という脚本の和田夏十の言葉を胸に頂き、原作映画に描かれた「テレビ創世期」に漂う独特の時代感はそのままに、全方位の円形舞台でこそ生み出せる劇空間を存分に使い、演劇ならではの「黒い十人の女」を再生させることでしょう。映画版では描かれなかったエピソードも加えられ、実験的でスタイリッシュな、ナイロン100℃にしか創れないエンターティンメント作品をお届けします。
女優陣の層の厚さと演技力に定評があるナイロン100゜C版、「黒い十人の女」に乞ご期待!

≪ストーリー≫
TVプロデューサーの風松吉は、9人もの愛人を持っていた。妻の双葉はそんな夫を諦めてレストラン経営で淋しい気持ちを紛らわしていた。愛人たちはお互いの存在をそれとなく知っており、風が浮気者であるという事も重々承知しているものの、何故か風から離れられないでいた。女たちは「風がポックリ死ねばよい」「風を誰か殺してくれないかしら」と口々に言うのだった。そんな話を耳にした風が思い悩んだ末の相談相手は、妻の双葉だった。そこで妻が立てた計画とは…。


どび~はオリジナルの映画が大好きでした。
もちろんリバイバル上映のときに観たのですが、その上、DVDまで買っちゃいました。
そのぐらい、この物語はセンセーショナルでスタイリッシュだったのです。
なので、ケラさんがこの物語を舞台化したのは何となく納得。
それで、今回の舞台は映像を使いつつ、ケラさん独特の舞台に仕上げてくれました。

面白かったです。
ただ途中眠くなったのは、きっと時差ぼけのせい…?
たぶんね~。
ははは。
緒川たまきさんのコメディエンヌっぷりが上手かったなあ~。
舞台ならではなのかもしれませんね。
それにしてもスタイル良すぎ!(笑)

青山円形劇場にて

by dobbymylove | 2011-05-29 15:51 | Theater