京都: 雲龍寺

b0034574_17102174.jpg

既に何度か訪れている御寺 泉涌寺ですが、いつも夕方だったり、天気が悪かったので、何となく疲れきっていてしっかり参拝できなかったので、朝から訪れてみることにしました。
それでわかったのは、やっぱり同じ場所であっても天気や季節によって感じ方は本当に違うものですね。
今回は、それをものすごく感じました。
とっても爽やかな気分に包まれたのは言うまでもありません。

それで今回は、現存最古の写経道場とされる雲龍寺訪れてみることに。
こちらは泉涌寺を入って右側に行くとあります。
b0034574_17135272.jpg

b0034574_1714087.jpg

何とも落ち着くお庭や、菊のご紋のある椅子などが置かれているお部屋を見ながら歩いて行くと、本堂があります。
b0034574_1715942.jpg

南北朝時代の後光厳天皇と三代にわたる菩提寺である龍雲寺の本堂は、龍華殿と呼ばれるそうです。

本堂までの廊下などに置かれている灯りが下の写真。
b0034574_17154471.jpg

小さなものですが、ひとつひとつに菊のご紋が付いています。

b0034574_1718991.jpg

b0034574_17181444.jpg

そして、悟りの窓です。
書院にある小さな窓ですが、写真で今一つわからないのが残念…。
見る位置でも風景が違います。
下の写真にはしゃくなげのピンクが鮮やかに写っていました。

追加の写真です。
何とも門がオシャレだったので、ふたつほど。
b0034574_17215240.jpg

b0034574_17221011.jpg


その門についていた透かしすら何とも技を感じます。
b0034574_1723660.jpg

b0034574_17205816.jpg

by dobbymylove | 2012-05-20 17:25 | 京都