映画『ウィンターズ・ボーン』

b0034574_22343346.jpg

映画『ウィンターズ・ボーン』を観る。

ミズーリ州の貧しい田舎町で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー・ドリー。ドラッグの売人をしていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅を差し押さえられる窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追い危険な裏社会へと単身乗り込んでいくのだが…。Cinemacafe

アカデミー賞主演女優賞などにノミネートされ、サンダンス国際映画祭でもグランプリを受賞している。
素晴らしい映画なのか?
そうかもしれないが…。
とてもとても暗い。
暗すぎる。
観ていてある意味暗くなる…。
極貧の娘が出て行った父親を探していく。
たぶん死んでしまったであろう父親を…。
はああああ。
どび~はなぜこの映画を観てしまったのだろう?
これ以上、暗くなりたくない…。
違いますか?
人によっては、他人の不幸を観て自分はまだ幸せだと思う人もいるかも知れないけれど…。
どび~にはそんな気持ちにはなれないよ~。

2011年10月29日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開

by dobbymylove | 2011-10-29 22:40 | Movie